MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > シビックタイプR > 新型シビックタイプRがニュルにコースイン!3本出しマフラーの快音に期待大
シビックタイプR

更新

新型シビックタイプRがニュルにコースイン!3本出しマフラーの快音に期待大

新型シビックタイプRがニュルを走行

新型シビックタイプRのプロトタイプ

ホンダ 新型シビックタイプRが、ニュルブルクリンクにてテスト走行をしているところを動画で撮影されました。

新型シビックタイプRはニュルブルクリンクでの走行テストを2021年10月4日に開始。実際にその様子が撮影されたのは今回が初となります。

以前にもドイツの公道を走行している動画が話題になっていますが、その際は赤い開発車両ではなく、マフラーが1本でした。今回は3本出しマフラーで市販型に近いサウンドになっていると思われます。

3本出しマフラーの排気音がちょっと聞こえた

前述の通り、公道テストの車両と違ってマフラーは3本出し。

低回転域から立ち上がる音は、低音の利いた乾いたサウンドで、なかなかの快音です。

14日に撮影された給油中の画像から、可変バルブを備えたマフラーが採用されている可能性もあります。

この音を発生させるパワートレインは、330馬力を発揮するターボチャージャー付き2リッターエンジンとなる見込みです。

2022年初頭の登場に期待

ホンダが公開した新型シビックタイプRのプロトタイプ

このモデルが最後になるとも言われている新型シビックタイプR。複数のスクープ情報に加え、プロトタイプのデザインを基に作成された予想CGも作成されるなど、国内外問わず盛り上がりを見せています。

タイプRの前に登場するという海外専売のパフォーマンスモデル「Si」についても間もなく登場するとアナウンスがありました。新型シビックタイプRの登場は2022年初頭になると予想されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの新型車情報はこちら

その他の最新情報

マツダ最後のスーパースポーツ「RX-9」が現在開発中か

幻のスライドドアSUV「Tjクルーザー」

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード