MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > シビックタイプR > 鈴鹿の次はニュル!!ホンダ新型シビック タイプRのFF最速奪還なるか?
シビックタイプR

更新

鈴鹿の次はニュル!!ホンダ新型シビック タイプRのFF最速奪還なるか?

新型シビック タイプRをニュルで目撃

ニュルブルクリンクで撮影された新型シビック タイプR

2022年4月に鈴鹿サーキットにてFF最速ラップタイムとなる2分23秒120を達成したホンダ 新型シビック タイプR。

そこから1ヶ月足らず、どうやら次はドイツにあるニュルブルクリンクに挑んでいるようです。現地で車両を撮影したカメラマンによると、ホンダのガレージにはカメラを携えた日本人が複数おり、そのパフォーマンスを確認していたとのことです。

現在ニュル最速のFF市販車はメガーヌR.S.

ニュル最速FF市販車の座は入れ替わりが激しく、各メーカーが熾烈な争いを繰り広げている状況。

FF市販車レコードは、2014年に「ルノー メガーヌ R.S.トロフィーR」が7分54秒36、2016年には「フォルクスワーゲン ゴルフGTI クラブスポーツS」が7分47秒10を打ち立てています。

2017年には先代のシビック タイプRが7分43秒8を記録して1時は王座についていますが、2019年にメガーヌ R.S.トロフィーRが7分40秒1で再び首位を奪還しました。

もし今回、新型シビック タイプRが最速タイムを記録すれば、約3年ぶりにニュル最速FF市販車に返り咲くことになります。

シビックベースのSUV「ZR-V」市販型が中国でリーク

プロトタイプから分かっていること

新型シビック タイプRはハッチバックをベースとするハイパフォーマンスモデル。

現時点でプロトタイプから判明している情報としては、専用グリル・バンパーを採用してハッチバックとは異なるフロントフェイスになること、フロントフェンダーベントやサイドスカート、赤い高性能ブレーキキャリパー、大型リアウィングを装着することなど。また、リアには中央に3本出しマフラーが配置されています。

内装に関しては、機能面はハッチバックとほぼ同じになると予想。画像では赤いシートベルトが確認できるほか、6速マニュアル用の金属製シフトノブも備わるでしょう。ステアリングホイールやシートは専用のものになると予想されます。

新型シビックタイプRがニュルブルクリンクを走行している様子(画像11枚)

7月に「特別なカモフラ」でデモ走行を予定

新型シビック タイプRは今年7月1日~3日まで開催されるインディカー・シリーズの第9戦、ホンダ・インディ200アット・ミッドオハイオにて新型シビックタイプRがデモ走行することが発表されています。

3日のレーススタート時には先導車としての役割も務める予定で、その際には同レースのためにデザインされた特別なカモフラージュが施されるようです。

「新型シビック タイプRは2022年夏の登場を予定している」という公式発表があるため、7月から8月にかけての動きに注目。発売は秋頃になると予想しています。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの最新情報はこちら

フィットに追加予定のスポーティグレード「RS」の開発車両をスクープ

NSXやプレリュードがBEVになって復活!?公式発表が激アツすぎる

「ホンダがエンジンをやめるなんて…」2040年までにガソリン車は販売終了

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード