MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > シビックタイプR > 【画像38枚】新型シビック タイプR発売!目指すは“究極”!FFスポーツの頂点へ
シビックタイプR

更新

【画像38枚】新型シビック タイプR発売!目指すは“究極”!FFスポーツの頂点へ

ホンダが新型シビック タイプRを発売

ホンダは、『シビック タイプR』の新型モデルを2022年9月2日に発売すると発表しました。

新型シビック タイプRは、2021年10月にカモフラージュを施したテストカーでその姿を一部初公開。2022年7月21日に正式に初公開され、いずれも多くのファンから期待を寄せるコメントなどが寄せられています。

鈴鹿サーキット60周年を記念したコラボレーション

究極のピュアスポーツ性能目指す

ホンダは、スポーツモデルの本質的価値である“速さ”と官能に響く“ドライビングプレジャー”が両立する究極のピュアスポーツ性能を新型シビック タイプRで目指したとし、搭載するVTEC TURBOエンジンをさらに磨きあげたとしています。

出力とトルクの向上を実現したほか、運転に夢中になることができるような痛快なドライビングフィールを追求。

また、車の機械的な運動情報などをリアルタイムでドライバーに伝えるシビック タイプR専用のデータロガー『Honda LogR(ホンダ ログアール)』を新たに採用し、新たなドライビングプレジャーを提供すると発表しました。

電動化がシビック タイプRにとってベストなら有り得るだろう

シンプルながらタイプRらしさを感じるデザインに

ホンダは新型シビック タイプRについて、圧倒的な速さと美しさを目指したとし、ローアンドワイドが強調されたエクステリアでは、冷却性能の向上のためグリル開口部を大型化したほか、空力性能を追求したサイドシルガーニッシュやリアスポイラーを採用。リアフェンダーをボディと一体化したことで、流れるような美しいデザインを仕上げられました。

赤と黒を用いたハイコントラストなインテリアは、車に乗り込むときの高揚感と運転時に集中できる空間を表現。タイプRの伝統である、気持ちが高ぶるような赤いシートとフロアカーペットも採用されています。

また、直感認知性を向上させたノイズレスな視界を追求したブラック基調のインストルメントパネルには、反射を抑えた偏光ガンメタリック塗装を採用するなど、サーキットでの限界走行時においても運転に集中できる空間に仕上げられました。

ディーラーの従業員が納車前の新型Zを大破させてしまう

速さと楽しさを追求しながら高い安定性と信頼感を実現

新型シビック タイプRに搭載するパワートレインは、先代モデルの2.0リッターVTEC TURBOエンジンの骨格をベースに、ターボチャージャーの刷新などにより、最高出力243kW、最大トルク420N・mに向上しています。これにあわせ、ラジエーターの有効開口面積や排熱性についても見直されました。

リバースリム構造を採用した19インチホイールに装着されるタイヤには、旋回性能向上のためミシュランと共同開発したシビック タイプR専用のチューニングタイヤを採用。サイズは前後265/30ZR19へと幅を拡げ、優れたドライグリップ性能を実現しているといいます。

操作系では、痛快なドライビングフィールの追求のため、シフトレバー構造を新設計しダイレクト感と節度感を改良。減速操作に合わせてエンジン回転数を自動調整するレブマッチシステムは、エンジン回転数差が最も大きい2速から1速へのシフトダウンにおいても適用するように進化しました。

さらに、アクティブ・エキゾーストバルブ機構やアクティブサウンドコントロールシステムの採用により、タイプRならではの迫力あるエンジンサウンドとエンジン出力向上の両立を実現しています。

装着されるリアスポイラーはスリムなアルミダイキャスト性のステーを採用し空気抵抗を低減。ブレーキは先代から2ピースディスクブレーキシステムを継承しながらも、コントロール性と安定性、耐フェード性が高められました。

また、ホンダの先進安全運転支援システム『Honda SENSING』を標準装備するほか、車載ナビにアプリとして搭載されるシビック タイプR専用のデータロガー『Honda LogR』では、エンジンの水温・油温など車両自体の情報やステアリング舵角、ブレーキ圧といった運転操作、前後左右のGなど車両の状態に関する情報を表示。自身のドライビングスキル向上に役立てられるほか、スマートフォンとの連携でSNSなどでシェアするといった楽しみ方も可能です。

「危険運転を助長する」トヨタの広告が禁止に

9月2日発売、価格は約500万円

新型シビック タイプRの生産は埼玉県にある埼玉製作所完成車工場で行われ、月間の販売台数は400台を計画。

2021年9月2日より販売を開始し、価格は税込み499万7300円です。グレード展開はなく、ボディカラーは有償色1色を含む5色から選択可能となっています。

■シビック タイプR
【全長×全幅×全高】4,595mm×1,890mm×1,405mm
ホイールベース】2,735mm
【車両重量】1,430kg
【エンジン形式】1,995cc直列4気筒ターボ
【最高出力】243kW[330PS]/6,500rpm
【最大トルク】420N・m[42.8kgf・m]/2,600rpm-4,000rpm
WLTCモード燃料消費率】12.5km/L
トランスミッション】6速マニュアル
【駆動方式】FF
【タイヤサイズ】(前後)265/30ZR19
サスペンション方式】(前)マクファーソン式(後)マルチリンク式
【乗車定員】4名

新型シビック タイプRの全画像を見る

先代のようなLimited Edition登場にも期待

ホンダが新たな可変スポイラーを開発中?

海外では続々と販売終了に…GT-Rどうなる!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード