MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > シビックタイプR > 大本命!ホンダが新型シビックタイプRの外観を一部発表!ニュルテストの準備中
シビックタイプR

更新

大本命!ホンダが新型シビックタイプRの外観を一部発表!ニュルテストの準備中

新型シビックタイプRが一部公開

新型シビックタイプRのプロトタイプ

ホンダの米国部門は2021年10月4日、新型シビックタイプRの開発がニュルブルクリンクでのテストに向けて順調に進んでいることを発表しました。

それと同時に、新型シビックタイプRの外観を撮影した画像を2枚公開。画像の車両には特別なデザインのカモフラージュが施されています。

カモフラージュには特別な意味が込められている!

新型シビックタイプRのプロトタイプに施されたカモフラージュのデザイン
出典:ホンダ

このカモフラージュデザインの詳細はホンダ公式ツイッターアカウントに掲載されており、よく見ると「R」の文字と歴代シビックのイラストで構成されていることが分かります。

ベースのハッチバックとの違い

上段:新型シビックタイプR
下段:シビックハッチバック(アクセサリ装着)

新型シビックタイプRのベースとなるのは今年秋に発売されるシビックハッチバック。タイプRについては厳重なカモフラージュが施されているものの、デザインに結構な変更が加えられていることが分かります。

フロントではグリルやバンパー形状が異なり、サイドではスポーティなサイドスカートが付与されています。ヘッドライト形状はハッチバックと同じ。ホイールには専用デザインが採用され、赤いブレーキキャリパーが確認できます。

上段:新型シビックタイプR
下段:シビックハッチバック(アクセサリ装着)

リアではハッチバックよりも更に大型のウイングを装備し、マフラーは先代タイプRと同じセンターの3本出しマフラーを採用、フロント同様にバンパーがスポーティなものに変更されています。

これらの特徴はこれまで目撃された開発車両で見られたものと同じですが、リアバンパーは今回初めて明らかになりました。

開発車両はすでに目撃済み!

シビックタイプRの開発車両はすでに何度もスクープされており、MOBYでもお伝えしています。

ただ、今回発表されたプロトタイプで初めて見られた特徴も多く、いよいよ開発が最終段階に差し掛かっていることが分かります。

カモフラージュのデザインもプロモーション用のデザインに変更され、登場が近いことが期待されます。

登場は2022年を予定

今回発表された内容では新型シビックタイプRの発表は2022年という内容のみ。これまでの情報を踏まえると、2022年前半に登場する可能性が高いでしょう。

今後発売されるモデルに課される環境性能や騒音などに対する規制から、次期シビックタイプRは最後の純ガソリンエンジンモデルになるといわれています。

モデルの歴史の中で大きな転換期になりそうな新型シビックタイプR。次々期モデルも含めて注目です。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの新型車情報はこちら

その他の最新情報

マツダ最後のスーパースポーツ「RX-9」が現在開発中か

幻のスライドドアSUV「Tjクルーザー」

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード