MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > ホンダが発表! アキュラ初の電気自動車「プレシジョンEVコンセプト」
アキュラ プレシジョン EVコンセプトのティザー画像
ホンダ

更新

ホンダが発表! アキュラ初の電気自動車「プレシジョンEVコンセプト」

アキュラ初のEVコンセプトカーが世界初公開

アキュラ プレシジョン EVコンセプトのティザー画像
アキュラ プレシジョン EVコンセプトのティザー画像

2022年8月18日、ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは米国カリフォルニア州で行われている祭典「モントレー・カー・ウィーク2022」にて、電気自動車のコンセプトカー「Acura Precision EV Concept(アキュラ プレシジョンEVコンセプト)」を世界初公開しました。

このコンセプトカーはアキュラ初のEVであり、電動化時代における今後のアキュラの方向性を示す重要な役割が与えられています。

「プレシジョン EV コンセプト」はどんな電気自動車?

「プレシジョン EV コンセプト」には、既存のアキュラデザインを踏襲しつつも新しい試みがふんだんに用いられています。

開口部が不要のフロント部にはLED光る幾何学模様の「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」と、シャープな形状のデイタイムランニングライトが備わり、ホイールにも「パーティクル・グリッチ」と呼ばれる独自パターンが組み込まれます。

ボディ全体は、パワーボート(競技用ボート)をイメージして力強く流麗なフォルムに仕上げられ、カリフォルニアの空の色と、強い日差しに配慮した「ダブル・エイペックス・ブルー」と名付けられた鮮やかなマットブルーの特別塗装でまとめ上げられています。

アキュラ ZDXがEVのSUVクーペとして復活!

アキュラ ZDX 2012年モデル

コンセプトカーの公開と同時に、2024年中の発売を予定しているアキュラブランド初の量産EVモデルの車名も発表されました。

「プレシジョン EV コンセプト」のデザインが大きく反映されたアキュラ初のEVは「Acura ZDX(ズィーディーエックス)」の名前を復活させて登場させることに決定しています。

「ZDX」は2009年4月のニューヨーク国際自動車ショーで公開されたアキュラのクロスオーバーSUVクーペのようなスタイリングに、4ドアセダンの居住性とSUVの高いユーティリティを併せ持った画期的なクロスオーバーSUVとして登場しました。

アキュラ日本未発売車 MDX・RDX・RLXなど【特選逆輸入車】

アキュラはZDXを皮切りにEV化を推進!

新型EVのアキュラ ZDXは、ホンダの「eアーキテクチャー・プラットフォーム」に、GMと共同開発した「アルティウム」次世代バッテリーが搭載される予定です。また新型ZDXには、アキュラブランドの高性能グレードである「Type S」モデルが設定されることも決定しています。

「ZDX」の車名の「DX」はアキュラブランドではSUVを指し、「Z」はゼロエミッションに加え、アキュラのゼロからのスタートを意味します。

「プレシジョン EV コンセプト」を具現化させた新型EV「ZDX」は、電動化時代のアキュラブランドの先陣を切って2024年中に登場する予定です。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの最新情報はこちら

遂に世界初公開!新型シビックタイプRのデザイン発表

「ホンダがエンジンをやめるなんて…」2040年までにガソリン車は販売終了

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

現行アルファード受注終了!次期型は来年5月登場が濃厚に

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード