MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > アコード > ホンダアコードで160万km走行した男性!街ぐるみのサプライズが素敵だけどやりすぎ…
アコード

更新

ホンダアコードで160万km走行した男性!街ぐるみのサプライズが素敵だけどやりすぎ…

100万マイル(約160万km)とは一体どれほどの距離か?

・・・地球40周分!?

今回の数字、100万マイル(約160万km)とはどれほどの距離なのでしょうか。どうにもピンときませんよね。
地球で例えると160万kmは約地球4週分の距離らしいです。
とてつもなく長いということが分かります。

走行距離100万マイルを達成したホンダの「アコード」

ホンダ アコード アスコット

アコードは本田技研工業が製造・販売する中型乗用車です。
日本が世界に誇るエンジン技術を持つホンダのアコード。
この日本の自動車が走行距離100万マイル(約160万km)を走り抜いたことは、さらにホンダのブランドを世界にアピールすることに繋がりますね。

ホンダのアコードで走行距離100万マイルを達成した男

ジョー・ルーシセロさん

ジョーさんは保険会社の査定担当として、違反切符はたったの1枚という真面目な運転ぶりの中、14年間もアメリカ国内を愛車アコードで飛び回りました。
なんと1年間の走行距離は約10万km以上。

日本では一般的に車の寿命は10 万kmから20万kmというイメージではないでしょうか。
その距離を毎年走っていた何なんて。驚異的な距離ですね。

一体どうすればそこまで自動車は長持ちするのでしょうか?

走行距離100万マイル(約160万km)の秘訣

やはり大切に乗ることが最も重要でした。
メーカー規定のメンテナンススケジュールを守り、オイルや液体潤滑油のチェックは毎週やっていたそうです。

エンジンオイルも 5,000マイル(約8,000km)毎に交換。
さらに季節によっては種類を変えます。
ジョーさんはオイルやエアー、フィルターなどを純正ホンダ製にこだわってセットしていたようです。

また、運転の仕方も優しく乗り、急発進や急停車はできるだけないように心がけていたそうです。
毎日の少しずつの積み重ねが愛車を長持ちさせる秘訣ですね。

ノルウェイの街でサプライズ・セレモニー

100万マイル走ったジョーさんが街に帰ってくると…?

100万マイル走り切ったジョーさんが街に帰ってくると、盛大にセレモニー開かれていました。
ジョーさんとアコードをかたどったものや…

ジョーさんの旗までが用意されジョーさんの偉業を街ぐるみで祝福しており、ジョーさんもとても喜んでいるようです。

走行距離の多い欧米圏では、日本よりも車が長く走ることを重要視しています。そのような環境で100万マイル走破したとなると街中が彼をヒーローのように崇めるのも納得ですね。

走行距離100万マイルを達成した記念にプレゼントも

なんと!新型アコードをプレゼント

彼の偉業を祝う街から、なんと新型ホンダ アコードの新車がプレゼントされました。
車愛の強い欧米圏ならではのサプライズとプレゼントですね。
今まで乗ってきたアコードをどうするのかはこれから決めるようです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事