MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > シートがフルフラットになる車5選|車中泊ができるミニバンや軽自動車も
メーカー・車種別

更新

シートがフルフラットになる車5選|車中泊ができるミニバンや軽自動車も

車中泊には必須のフルフラット

https://www.amazon.co.jp/

車中泊には必須の要素、それはシートがフルフラットにできることです。

車のシートをフルフラットにできると、マットレスを平らに敷くことができ、室内空間も最大限広く使用することができるので、車中泊をするのに都合がいいという訳です。

この記事では、そんな車中泊にもピッタリな、シートをフルフラットにすることができる、オススメの車を5つ選んで紹介しています。

トヨタ ハイエースバン

トヨタ ハイエースバン 2013年

ハイエースバンは、トヨタ自動車が1967年から製造・販売しているミニバンです。
現行モデルは5代目で、2004年から販売されています。

本車は高い衝突安全性を持つボディに、広い室内空間を備え、その荷室長はクラストップレベルの3,000mmを確保しました。
もちろんシートはフルフラットにすることができ、車中泊やキャンプ、サーフィンやスキーといった、アウトドアレジャーに最適な車となっています。

また、盗難被害の多いことで有名なハイエースは、自動車盗難被害のランキングでは長年の間、1位の座に居座っていました。
しかし、現行のハイエースは、2012年にイモビライザー(自動車盗難防止装置)を全車標準装備にしたことで、その被害件数を大幅に減らすことに成功したのです。

■ハイエースバン車体寸法(スーパーGL・標準ボディ)
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:1,985mm

荷室長:3,000mm
荷室幅:1,520mm
荷室高:1,320mm

■ハイエースバン燃費(スーパーGL・標準ボディ)
ガソリン:10.2km/L
ディーゼル:11.2km/L
JC08モードの数値です。

■ハイエースバン新車価格
・199~382万円(税込)

最新「ハイエースバン」中古車情報
本日の在庫数 3576台
平均価格 237万円
本体価格 35~928万円
ハイエースバンの中古車一覧へ

新型ハイエースバン発売!圧倒的人気車のマイナーチェンジと次のフルモデルチェンジ詳細を解説

ハイエース記念モデル

トヨタ ハイエース 50周年記念車「Relaxbase (リラクベース)」を発売!内外装など徹底紹介

日産 NV350キャラバン

日産 NV350キャラバン 2016

NV350キャラバンは、日産自動車が製造・販売しているミニバンです。
2012年から販売されている現行モデルは5代目ですが、初代モデルは「キャラバン」の名前で1973年に発売されました。

キャラバンNV350は、長年のライバル・トヨタ「ハイエース」を打倒するため、全ての面においてハイエースを圧倒する性能を持つといいます。
当然シートもフルフラットにすることができ、室内の広さもハイエースと互角です。

パワートレインは直列4気筒の2.0Lと2.5Lガソリンエンジンの2種類と、同じく直列4気筒の2.5Lディーゼルターボエンジンの1種類が用意されており、動力性能もハイエースとほぼ互角です。
ボディタイプはバン以外に、ワゴンとマイクロバスも用意されており、最大で14人が乗ることができるという点でも、ハイエースと同じになっています。

■キャラバンNV350車体寸法(ロングボディ・標準ルーフ)
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:1,990mm

荷室長:3,050mm
荷室幅:1,520mm
荷室高:1,325mm

■キャラバンNV350燃費
ガソリン:10.4km/L
ディーゼル:12.4km/L
JC08モードの数値です。

■キャラバンNV350新車価格
・250~345万円(税込)

最新「NV350キャラバンバン」中古車情報
本日の在庫数 1152台
平均価格 189万円
本体価格 55~988万円
NV350キャラバンバンの中古車一覧へ

ホンダ フリードスパイク

ホンダ フリード スパイク ハイブリッド 2014年型

フリードスパイクは、本田技研工業が製造・販売しているトールワゴンです。
同社のミニバン「フリード」をベースに、よりラゲッジスペースの使い易さを追求したモデルとして、2010年に発売されました。

燃費性能も高く、ガソリン車で16.6km/L、ハイブリッド車では21.6km/Lの低燃費を実現しています。(JC08モードでの測定値です。)
室内空間の広さでは、ハイエースやキャラバンに及びませんが、夫婦やカップルで少人数の車中泊をする位なら、十分余裕のある広さです。

レジャーに役立つ室内収納や便利なオプション装備も揃っており、たくさん荷物を積載して、たっぷり旅行を楽しむことができます。
そんなフリードスパイクですが、残念ながらフリードのモデルチェンジに伴って、2016年の9月に販売を終了することが決定しています。
新車で購入したいという人は、お急ぎください。

■フリードスパイク車体寸法
全長:4,210mm
全幅:1,695mm
全高:1,720mm

荷室長:2,025mm
荷室幅:1,440mm
荷室高:1,265mm

■フリードスパイク燃費
ガソリン:16.6km/L
ハイブリッド:21.6km/L
JC08モードの数値です。

■フリードスパイク新車価格
・174~238万円(税込)

最新「フリードスパイク」中古車情報
本日の在庫数 467台
平均価格 71万円
本体価格 10~167万円
フリードスパイクの中古車一覧へ

車中泊におすすめの車フリードスパイク|専用アクセサリー、カスタムパッケージも!

スズキ エブリイ

スズキ エブリイバン 2015年型

エブリイは、スズキが1982年から製造・販売しているキャブオーバー型の軽自動車です。
現行モデルは6代目で、2015年に発売されました。

エブリイは軽自動車でありながら、シートをフルフラットにすることができ、少人数なら車中泊旅行にも使用することができます。
また、軽キャブでトップクラスの広さを持つ荷室には、自転車を二台も積載可能です。

安全装備には、衝突被害軽減ブレーキのレーダーブレーキサポートや、誤発進抑制機能を搭載しており、高い安全性能を誇ります。
燃費性能も軽キャブでトップクラスの20.2km/Lを達成しました。

■エブリイ車体寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,800-1,910mm

荷室長:1,910mm
荷室幅:1,385mm
荷室高:1,240mm

■エブリイ燃費:13.8~20.2km/L
JC08モードの数値です。

■エブリイ新車価格
・92~142万円(税込)

最新「エブリイ」中古車情報
本日の在庫数 3843台
平均価格 79万円
本体価格 0~370万円
エブリイの中古車一覧へ

スズキの軽!新型エブリイワゴン!フルモデルチェンジの内容詳細!

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク G SA 2014年
ダイハツ ウェイク フルフラット

ウェイクは、ダイハツが2014年に発売した軽ハイトワゴンです。
「ドデカクつかおう。」のキャッチコピーの通り、広い室内空間が最大の魅力で、特に室内高に関しては、軽自動車で最高の1,455mmという高さを誇ります。

収納も多く、フルフラットにできるシートには撥水加工もされているので、海でも山でも、どこでも車中泊レジャーを楽しむことが可能です。

安全性能にも死角は無く、衝突回避支援システムの「スマートアシスト」によって、突然の事故を未然に防ぐことができます。

ダイハツ独自の低燃費技術「e:Sテクノロジー」によって、燃費性能も非常に高く、JC08モードで25.4km/Lと、環境にも優しい車になっています。

■ウェイク車体寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,835mm

■ウェイク燃費:23.2~25.4km/L
※JC08モードの数値です。

■ウェイク新車価格
・135~184万円(税込)

最新「ウェイク」中古車情報
本日の在庫数 2174台
平均価格 134万円
本体価格 46~269万円
ウェイクの中古車一覧へ

ダイハツ ウェイク攻略|実燃費や口コミ、最新値引き価格とライバル車比較など

ウェイクで車中泊するならこれを読め!おすすめグッズ、マットやカーテンまとめ

車中泊にピッタリの車を探そう!

ホンダ フリード+ 2016年型 荷室

シートがフルフラットにできる車5選はいかがでしたでしょうか?

今回紹介した車以外にも、シートをフルフラットにすることができる車は、世の中にたくさん存在しているので、一番自分にしっくりくる車を探してみましょう。
MOBYには、車中泊に使える車を紹介している記事もあるので、是非参考にして見てください!

車中泊・アウトドア関連のおすすめ記事はこちら!

車中泊におすすめの車種別情報|マットやカーテン、便利グッズ総まとめ

アウトドアに最適なおすすめ車人気ランキングTOP10|選び方のコツは?

アウトドアやレジャーにおすすめのRV車とは?RVの意味と人気の代表車種をご紹介!

【最新版】今買うならコレ|2016年夏の人気キャンピングカーまとめ

ミニバン・軽自動車に関する記事はこちら

最新ミニバン・ファミリーカー人気おすすめランキング比較|7人乗り8人乗り車中心

軽自動車人気ランキングTOP30車種比較【2016年最新販売台数】

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ