MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フィアット > バルケッタ > フィアット・バルケッタまとめ|2シーターのロードスター!中古車価格や維持費は?
バルケッタ

更新

フィアット・バルケッタまとめ|2シーターのロードスター!中古車価格や維持費は?

フィアット・バルケッタとは?

イタリアを代表するライトウェイトスポーツ

バルケッタ(Barchetta)は、イタリアの自動車メーカー・フィアットがかつて製造・販売していた2シーターロードスターで、イタリアを代表するライトウェイトスポーツの1車種です。
ヨーロッパ圏内のみならず、日本国内にも正規輸入がされており、フィアット・オート・ジャパンの販売店で取り扱われていました。

本記事では、そんなフィアット・バルケッタの歴代モデルと中古車価格についてまとめています。

初代フィアット・バルケッタ 1995-2002

出典:wikipedia.org Author: Tennen-Gas CC 表示-継承 3.0

フィアットの小型スポーツカー

初代バルケッタは、フィアットでは1989年の「X1/9」以来となる久々の小型スポーツカーとして、1995年に発売されました。
イタリア語で「小舟」を意味するバルケッタ(Barchetta)という車名は、屋根をオープンにした状態が小舟に似ていることから名付けられています。

本車のプラットフォームは、同社のプントのものをベースとしていますが、オープン化に伴って大幅な車体の補強が施されました。ホイールベースに関しては、よりスポーティーなハンドリングを得るために、ベースとなったプントよりも短縮されています。

生産はフィアットではなく、ランチア・デルタHFインテグラーレなどの生産を担当していた、カロッツェリア・マッジョーラに委託されました。

また、本車は左ハンドル仕様のみの設計であったことから、左側通行であるイギリスでは、売り上げが伸び悩んでいました。ただし、同じく左側通行である日本においては、国内には無いタイプの車であり、300万円以下で買えるスポーツカーであったバルケッタは、十分な販売実績を上げることができました。

初代バルケッタのクラシカルなデザイン

バルケッタのデザインに関しては、内外装ともにフィアット社内でデザインされた、レトロなスタイリングが特徴となっています。また、フィアットによれば、細部のデザインはフェラーリジャガーの旧車から着想を得た部分もあるそうです。

初代バルケッタのエンジン

バルケッタのエンジンは、専用開発された1.8L直列4気筒自然吸気エンジンを横置きで搭載しており、駆動方式は前輪駆動でした。
最高出力は130ps/6,300rpm、最大トルクは16.7kgm/4,600rpmを発揮する、このクラスの自然吸気エンジンとしては平均レベルの性能でしたが、バルケッタは重量が軽かったので加速性能が良く、モータースポーツの場においても、より排気量の大きい他社のスポーツカーと対等に渡り合う姿を見ることができました。

初代バルケッタの諸元

エンジン:直列4気筒 DOHC
総排気量:1,746cc
駆動方式:FF
最高出力:130PS/6,300rpm
最大トルク:16.7kgm/4,300rpm
トランスミッション:5速MT

全長:3,920mm
全幅:1,640mm
全高:1,265mm
ホイールベース:2,275mm
車両重量:1,090kg

2代目フィアット・ニューバルケッタ 2004-2005

出典:wikipedia.org Author: Tokumeigakarinoaoshima CC0

2004年に発売されたニューバルケッタは、基本的には初代のマイナーチェンジ版です。
シャシーやエンジンに大きな変更はありませんが、フロントバンパーやリアバンパーのデザインが変更され、グリルも当時流行のシングルフレームグリルを採用しています。
ホイールも15インチから16インチになり、初代ではオプション装備だったアルミホイールが、標準装備に設定されています。

また、初代とは異なり、生産はフィアット社内で行われています。

ニューバルケッタの諸元

エンジン:直列4気筒 DOHC
総排気量:1,746cc
駆動方式:FF
最高出力:130PS/6,300rpm
最大トルク:16.1kgm/4,300rpm
トランスミッション:5速MT

全長:3,895mm
全幅:1,655mm
全高:1,275mm
ホイールベース:2,275mm
車両重量:1,110kg

フィアット・バルケッタの中古車価格は?

The #Fiat #Barchetta braving the cold. No matter what the season, these cars are just brilliant fun. pic.twitter.com/GxnRcvgnT7— italicar (@italicar_uk) 2016年12月20日

バルケッタは、中古車市場でもまだ人気のある車なので、中古車価格もそれなりです。ニューバルケッタは数が少ないので、入手しやすいのは初代バルケッタとなっています。

中古車を選ぶときは状態をよく見て、問題が無いか確認してから購入を決めるようにしましょう。

バルケッタとニューバルケッタの中古車情報

最新「バルケッタ」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 78万円
本体価格 77~80万円
最新「ニューバルケッタ」中古車情報
本日の在庫数 1台
平均価格 118万円
本体価格 118~118万円

フィアット・バルケッタの維持費は?

The #FiatBarchetta is now complete. The weather’s being typically rubbish, so the full photos will have to wait. (Sneak preview though!) pic.twitter.com/wJme0Bmxmy— italicar (@italicar_uk) 2017年2月22日

バルケッタは重量も軽く、排気量が特別大きい訳でもないので、税金に関しては普通の日本車と同じ程度だと思って大丈夫です。しかし、如何せん古い車ですので、メンテナンスの諸費用は普通よりも多く掛かります。

また、燃費も10~15km/Lと、同クラスのエンジンを搭載した現在の車と比較すると、お世辞にも燃費がいいとは言えません。なので、メンテナンス費用と燃料代に関しては、趣味の車と割り切るしかないでしょう。

優雅な小舟 フィアット・バルケッタ

¿Sabías qué? El Fiat Barchetta significa bote pequeño. pic.twitter.com/KCC9GrLiPt— FIAT Santa Fe (@FIATSantaFe) 2017年3月4日

フィアット・バルケッタの歴代モデルと中古車価格、維持費のまとめはいかがでしたか?

イタリアが誇るライトウェイトスポーツの傑作、フィアット・バルケッタは今も人気の車です。
秋も深まるこの時期に、小舟で優雅にドライブを楽しんでみませんか?

フィアットに関連するおすすめ記事はこちら!

ライトウェイトスポーツカーに関連するおすすめの記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード