MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フィアット > 500 > FIAT 500(チンクエチェント)120周年記念限定モデル「タキシード」が発売
500

更新

FIAT 500(チンクエチェント)120周年記念限定モデル「タキシード」が発売

フィアット120周年記念を祝うスペシャルモデル

フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル
タキシードを着たクルマ、「フィアット500 120th タキシード」

イタリアの自動車メーカー、FIAT(フィアット)の創業120周年を記念した限定車「Fiat 500 120th tuxedo」(フィアット・チンクエチェント・ワンハンドレッド・トゥエンティース・タキシード)が2019年9月19日より発売されました。ハッチバックは限定185台、カブリオレの「500C」は100台限定での発売となります。

フィアット 500 120th タキシード フロント
フィアット 500 120th タキシード

フィアット500(チンクエチェント)タキシードは、文字通りのタキシードを装い120周年を祝うフォーマルな雰囲気を持った専用のカラーリングが施されています。ボディカラーは3層仕上げのパールペイント、アイスホワイトをベースに、ルーフとピラー、ドアミラーをブラックにした2トーンカラーの1色のみのラインナップ。タキシードの2トーンカラーは特別に、各ピラーの付け根から色が変わる配色となっています。

フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル
フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル
タキシードを着たクルマ、「フィアット500 120th タキシード」
フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル
フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル

黒色のインストルメントパネル、タキシード専用の縦ストライプのファブリックシートと黒基調の内装でフォーマルに仕上げられています。

フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル

16インチのアルミホイールはブロンズのクロスメッシュデザイン、光が当たり方で表情が変わります。

フィアット500(チンクエチェント)タキシード 120周年記念限定モデル

フィアット500(チンクエチェント)タキシードは直列4気筒1.2Lガソリン、5速ATモード付きシーケンシャルトランスミッションを搭載、装備が充実したグレード「1.2 Lounge(ラウンジ)」がベースとなっており、バイキセノンヘッドライト、フルオートエアコン、リアパーキングセンサーが標準装備されます。ハッチバックの500(チンクエチェント)には、Beats®オーディオシステム、ガラスルーフも装備されます。

新車車両価格は、ハッチバックの500で269万円、カブリオレの500Cで289万円(ともに消費税10%含む)となっています。スペックや装備の詳細は下記の公式HPからご確認ください。

FIAT 500 120th Tuxedo (FCAジャパン公式)

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長

フィアット500(チンクエチェント)タキシードの発表は同社の120周年を祝うイベント「FIAT GOLDEN HEAT」のオープニングセレモニーのときに発表されました。フィアットブランドを輸入販売するFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は、フィアット500がデビューした2007年、翌年から日本導入されてから現在までに48,000台を超える販売台数となり今でも好調なセールスを記録、2014年に記録した最多販売台数4,650台に今年の販売台数が並ぶ勢いと語りました。

また、壇上に500タキシードと並ぶ、1936年にデビューしたフィアット 500 トポリーノを紹介。フィアット500の変わらぬコンセプト、小さなボディが今も継承された歴史を強調しました。

このイベントレポートは下記をご覧ください。

フィアット120周年記念イベント「FIAT GOLDEN HEAT」でタキシードを着た車を発表

フィアット 500 トッポリーノについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

【フィアット 500トポリーノ】ローマの休日にも登場!イタリアを席巻した小型車

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード