MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フェラーリ > ローマ > 「新型フェラーリ ローマ」620馬力ツインターボ搭載など全貌を初公開!
ローマ

更新

「新型フェラーリ ローマ」620馬力ツインターボ搭載など全貌を初公開!

内外装、パワートレーンが改良された 2+クーペ

フェラーリ・ジャパンは2019年12月19日、新型2+クーペ「ローマ」の詳細仕様を発表、現代版『ドルチェヴィータ』をコンセプトに、首都ローマ周辺で撮影された写真が公開されました。ローマはフェラーリのエントリーオープンモデルの2+クーペで、2019年11月15日にはイタリア大統領による視察も行われています。

外装は、1960年代モデルを現代風にアレンジし、シンプルでエレガントなデザインに。内装は、フェラーリの別モデルに導入されているデュアルコックピットを進化させキャビン全体に拡大、運転席と助手席それぞれが別空間と感じるような仕上がりになったとのこと。

パワートレーンは、最高出力620馬力(456kW)/5750-7500rpm、最大トルク760Nm/3000-5750rpmのV型8気筒3.9リッターターボエンジンに、新型8速デュアルクラッチ・ギアボックスを搭載。ボディシェルとシャシーについてはコンポーネントの70パーセントが新たに設計され、運動性能と乗り心地が向上したと伝えています。

【公式】フェラーリ ローマ WEBサイト

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!