MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 本当に同じ車?日本と海外で仕様が大きく異なる車種5選
メーカー・車種別

更新

本当に同じ車?日本と海外で仕様が大きく異なる車種5選

日米の仕様違いとは

自動車メーカーは、同じ車種でも販売する国・地域の特性にあわせて仕様を変更することがあります。

かつては、その雰囲気が色濃く、現在のような世界戦略を前提とした自動車メーカーは少ないものでした。

仕様の違いには、外装や搭載エンジンなどが多く、駆動方式が限定されるといったこともあります。中には、同じ名前なのにボディが全く違うといったことも。

こういった車種の中でも代表的なものを5台紹介します。

【日産・シルビア/180SX】ワンビア仕様が純正!?240X

日産 シルビア S13型 1992年モデル
日産 シルビア S13型 (1992年式)

日産・シルビア/180SXは、国内仕様名となっていて、海外名は「240SX」として販売されます。その中でもS13型は1990年前後に販売されたモデルで、スポーツカータイプの車種です。

シルビア/180SXのS13型で、国内外の仕様が異なっていることが有名です。

日産シルビアの海外仕様「240SX」
シルビアの海外仕様「240SX (1995年式)」

国内仕様は、CA18やSR20といった、1800cc、2000ccの直列4気筒エンジンを搭載しています。それに対し、海外仕様は2400ccの直列4気筒を搭載しエンジンが異なっています。

また、外装が違う点もあり、国内ではシルビア顔、180SX顔の2種類があるのに対し、北米仕様は180SX顔のみのラインナップになっています。

その2点の異なる点を詳しく説明します。

異なる点①:エンジンが違う

国内では、180SXやシルビアで販売されたS13型ですが、海外では240SXとして販売されます。180SXの由来は、エンジンが1800ccだったためで、240SXは2400ccのエンジンが搭載されます。

「排気量が大きいから速いのでは?」と思いますが、全くそのようなことはありません。

S13型を語るうえでSR20という2000ccエンジン無に語ることができませんので、SR20とKA24のスペックを比較していきます。

国内外の仕様比較

  1. 日本仕様(SR20・ターボ
    • 最高出力:205ps/6000rpm
    • 最大トルク:28.0kg・m/4000rpm
  2. 日本仕様(SR20・ターボ無)
    • 最高出力:140ps/6400rpm
    • 最大トルク:18.2kg・m/4800rpm
  3. 海外仕様(KA24・ターボ無)
    • 最高出力:140ps/5600rpm
    • 最大トルク:20.2kg・m/4400rpm

海外にはターボモデルすらない!

まず、気づく点は、ターボモデルが無いこと、そもそもKA24はキャラバンなどの乗用車向けエンジンですので、仕方がないともいえます。

乗用車向けなので、高回転域の性能が意識してされておらず、最高出力の回転数はSRエンジンと比較して、800rpm低くなっています。つまり回らないエンジンに仕上がっています。

その代わり2400ccの排気量のおかげでトルクがあるので、4000rpm辺りでマッタリ走るエンジン特性になっています。スポーツカーのエンジンと呼ぶには程遠いエンジンです。

異なる点②:顔が違う

国内では、ファストバックが180SX、ノッチバックがシルビア、コンバーチブルがシルビアとして販売されました。

240SXも、ボディータイプは3種類で、ファストバック、ノッチバック、コンバーチブルです。

240SXは、顔は180SXと同じリトラクタブルライトの顔になっています。そのため、ファストバックスタイルは180SXそのもの(エンジン以外)、ノッチバックとコンバーチブルは、通称「ワンビア」と呼ばれるスタイルで販売されました。

日本国内限定で新車販売もされた、「シルエイティ」の組み合わせが逆になったものともいえます。

ワンビアは、S13系の顔面移植の組み合わせの中で1番ボディ全長が長くなり、ボディが長く見えること(実際は数センチの差がある)がカスタムポイントとしていわれています。

最新「シルビア」中古車情報
本日の在庫数 314台
平均価格 211万円
本体価格 69~898万円
シルビアの中古車一覧へ

【日産・ブルーバード】ベースはオジサンセダン!?ワイスピにも出たマキシマ

日産マキシマの日本仕様「ブルーバード(1986年式)」
日産 ブルーバード(1986年式)

国内では、ブルーバード、セフィーロとして販売されます。マキシマは、年代によってベースとなる車両が異なっています。

とはいえ、外装に大きな変化が与えられるというよりは、搭載されるエンジンが異なります。ワイルドスピードで登場したマキシマはセフィーロA32型がベースになっています。

【日産シルビアS13】馬力や内装とカスタムから中古車価格など総まとめ!

日産 マキシマ U11型 V6 2000(1987年式)
ブルーバードの海外仕様「マキシマ (1987年式)」

マキシマは基本をセダンボディとし、ワゴンモデルも古くはラインナップがありました。

そんなマキシマは、生産期間も非常に長く、アメリカでは当たり前に販売される大衆車という位置づけで、1981年から販売されるロングセラーモデルとなっています。

エンジンは、一体どの程度違うのでしょうか。

異なる点:エンジンが違う

主に国内の6代目(910型)、7代目(U11型)のブルーバードをベースとしたマキシマのエンジンが全く異なります。

国内仕様のラインナップは、複数のラインナップがあるものの直列4気筒2000ccエンジンが主体になっており、1800cc仕様もあるといったところになっています。

それに対して海外仕様は、910型をベースにしたものは、直列6気筒2400ccのガソリンエンジン仕様と、2800ccのディーゼル仕様、U11型をベースにしたものは、V型6気筒2000ccと3000cc仕様になっています。

  1. 国内仕様(910型)のCA18Eエンジン
    • 最高出力:115ps/6000rpm
    • 最大トルク:16.5kg・m/3600rpm
  2. 海外仕様(910型)のL24Eエンジン
    • 最高出力:150ps/5000rpm
    • 最大トルク:21.0kg・m/4800rpm

U11型も国内のラインナップは、CA18が中心で大きな変化はありません。一部V型6気筒2000cc仕様になっています。

海外仕様は、U11型になるとVG30というV型6気筒エンジンを採用し、3000cc仕様がラインナップに加わるのがポイントになっています。

  • VG30iのスペック
    • 最高出力:140ps/4800rpm
    • 最大トルク:23.0kg・m/2800rpm

スペックを見る限り、海外エンジンは排気量が大きく、トルクフルなエンジンになっているのが特徴です。

最新「ブルーバード」中古車情報
本日の在庫数 43台
平均価格 165万円
本体価格 10~698万円
ブルーバードの中古車一覧へ

【トヨタ・マークⅡ】トヨタ版顔面移植!クレシーダ

トヨタ マーク2(1986年式)

国内でマークⅡ・クレスタ・チェイサーといえば、ツアラーVのドリフト車両のイメージが強い人が多いのではないでしょうか。現在は絶版となって長いですが、国内のセダンを語るうえで欠かせない1台で、トヨタを代表する車種です。

マーク2の海外仕様「クレシーダ(1989年式)」

その3兄弟は、海外ではクレシーダという名前で販売され、X90型のツアラーVが販売される前の世代まで、販売されていたモデルになります。

海外仕様では、マークⅡが基本にあるものの、車の印象にもなる顔がチェイサーであったり、クレスタであったり、ごちゃ混ぜになっているのが特徴です。

異なる点:顔が違う

1978年発売の初代クレシーダ

この3兄弟は、マークⅡが最初にあり、クレスタが後にデビューし、最後にチェイサーがデビューしています。

そのためクレシーダは、初代でマークⅡと違う部分は見受けられないものの、年代がたつにつれ、顔がチェイサーになり、クレスタになり…と、フロントフェイスに安定感がありません。

日産のシルエイティや、ワンビアの顔面移植が有名ですが、クレシーダも純正顔面移植車両。呼び方を真似て、チェークⅡ(チェイサー顔のマークⅡ)などと呼ぶこともあるようです。

トヨタ チェイサー

ちなみに、国内仕様のX71型マークⅡワゴンは、フロントバンパーをクレスタ用のフォグランプ付のものが純正になっており、マークⅡセダン/ハードトップとは違うバンパーが純正装着されます。

最新「マークII」中古車情報
本日の在庫数 258台
平均価格 157万円
本体価格 5~459万円
マークIIの中古車一覧へ

【三菱・エクリプス】海外だけ4WDがあるのはズルくない?

このエクリプスもワイルドスピードに登場するモデルです。主人公ブライアンがオープニングでエンジンブローさせるあの緑色のエクリプスを覚えている人も多いでしょう。

メインの販売は、海外に向けたスポーツカーになっています。最終型になるにつれ、オシャレな女性が乗るコンバーチブルというイメージが強くなります。今回紹介する3代目エクリプスは、その転換期にもなった車種です。

ブライアンが乗っていたモデルは3代目となるエクリプスですが、その3代目において国内モデルはFF車だけなのに対し、海外仕様は4WDもあるという違いが見受けられます。

異なる点:駆動方式のバリエーションが違う

三菱 2代目 エクリプス (1995年式)日本仕様

もともとアメリカ市場に向けて作られていたエクリプスは、日本にFF駆動+ターボエンジンを載せたモデルのみを日本で販売することにしたモデルです。

2000cc直列4気筒のターボエンジンで三菱車といえば、4G63のランサーエボリューションが有名ですが、そのエンジンです。

そんなスポーツエンジンを積んでおきながら、国内仕様はFFのみで、海外には4WDとFFをラインナップ。

ちなみに2代目のエクリプスには、国内でもGSR4というモデルがあり、4WD+4G63ターボのクーペを販売していました。今となっては相当レアになっています。

最新「エクリプス」中古車情報
本日の在庫数 5台
平均価格 130万円
本体価格 83~198万円
エクリプスの中古車一覧へ

海外でのOEMも

クライスラー イーグル・タロン ESi(1997年式)
クライスラー イーグル・タロン ESi(1997年式)

三菱はエクリプスを複数の自動車メーカーにOEM供給していました。

代表的なモデルでは、クライスラー系のイーグル・タロンという車があります。

その大きな違い、はバンパーのデザインが異なる点や、リアナンバープレートの取り付け位置が異なるといえますが、ワイルドスピードのようにエアロバンパーなどを取り付けてしまうと、基本的に判別不能です。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

【ホンダ・オデッセイ】一緒の部分を探した方が少ない!?

ホンダ オデッセイ (2020年式)国内モデル
ホンダ オデッセイ (2020年式)国内モデル

国内でオデッセイといえば、低床ミニバンの草分け的な存在で、ワゴンとワンボックスの間、7人乗りといった要素を持ち込んだ車でもあります。

そんなオデッセイは、使い勝手もよく、国内では人気ファミリーカーのひとつといえるでしょう。

しかし、海外版オデッセイは全く別の車になっています。

ホンダ オデッセイ アブソリュート ハイブリッド 試乗レポ|モデル末期突入でも人気の理由

異なる点:全部違う!

ホンダ オデッセイ (2020年式)海外モデル
ホンダ オデッセイ (2020年式)海外モデル

先ほどまで、ボディが違うという話でも、顔面が違うや、外装が少し異なる程度の違いでしたが、オデッセイは骨格から違います。

例えば2020年仕様では、以下の通りです。

  • 国内仕様のボディ・エンジン・ミッション
    • 全長:4855mm
    • 幅:1800(1820)mm(アブソリュート)
    • 高さ:1695mm
    • エンジン:2.0から2.4L 直列4気筒(ハイブリッドあり)
    • ミッション:CVT(MTモード7速はアブソリュート)
  • 海外仕様のボディ・エンジン・ミッション
    • 全長:5159mm(203.1inc)
    • 幅:1994mm(78.5inc)
    • 高さ:1767mm(69.6inc)
    • エンジン:3.5L V型6気筒
    • ミッション:AT10速

この中で似ているといえるのは、車名と全高くらいだといえるでしょう。海外版オデッセイはこれだけサイズも違えば、デザインもかわっています。

最新「オデッセイ」中古車情報
本日の在庫数 6台
平均価格 210万円
本体価格 58~348万円
オデッセイの中古車一覧へ

なぜこんなにも大きく違う?

こういった違いが生まれた要因として、変速ショックが出ない無段階変速のCVTは、日本のように発進停止を繰り返す場面で非常に効果的ですが、フリーウェイによる一定速度での走行が多い、アメリカやヨーロッパでは多段式ATが好まれる傾向にあるようです。

トヨタが海外で販売しているミニバン「シエナ」(2020年式)
トヨタが海外で販売しているミニバン「シエナ」(2020年式)

ボディの大きさも、ライバルとなるシエナ(トヨタ)や、グランドボイジャー(クライスラー)などのミニバンに合わせ、国内とは別に大型化したものと考えられます。

日本には、ミニバンタイプのホンダ・エリシオンというモデルがありましたが、中国オデッセイはエリシオンという名前で販売されるなど、混沌を極めます。

海外旅行でオデッセイという名前だけで車を借りると、「これ違う!」なんてことがあるかもしれません。

最新「シエナ」中古車情報
本日の在庫数 42台
平均価格 412万円
本体価格 78~650万円
シエナの中古車一覧へ

いまでも細かい違いがある車は存在する

今回、分かりやすく違いの多い車を紹介しましたが、細かい違いであれば今でも散見されます。

現在所有している車種や、自分の好きな車種を調べてみるのも面白いかもしれません。

すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード