MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ダイハツ > ロッキー > 【ダイハツ ロッキー】実はすごかったコンパクト本格クロカン4WD
ロッキー

更新

【ダイハツ ロッキー】実はすごかったコンパクト本格クロカン4WD

武骨で硬派な本格派クロカン、ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー 1995年型
ダイハツ ロッキー 1995年型

ロッキーはダイハツが1990年から1997年まで販売していた、当時としては珍しいコンパクトサイズのクロカン4WDです。当時の販売価格は約130万円台から200万円前後。ダイハツ ロッキーはラダーフレームを採用し、高い悪路走破性を誇る本格クロスカントリーSUVで、初代は5速MTのみの設定でAT車がないなど、クロカンらしさを追求した一台でした。

当時ダイハツは世界最小のディーゼルエンジンを開発したことで話題になっていましたが、ロッキーのエンジンはすべてガソリンエンジンが採用されています。搭載されたエンジンはダイハツが販売していたセダン、アプローズと共通のものです。

兄弟車に2.8Lエンジンを搭載したダイハツ ラガーがあり、欧州ではラガーがロッキーとして販売されていました。そのため、日本でのロッキーは欧州だとフェローザの名前で販売されていました。

オープンボディも楽しめる!遊び心のあるデザイン

ダイハツ ロッキー 初代
ダイハツ ロッキー 初代

ダイハツ ロッキーは取り外し可能なレジンハードトップを採用しており、簡単にオープン仕様にすることができます。オプションでソフトトップも選択可能で、当時のダイハツはロッキーを「3変化できる車」と謳っていました。

車体カラーはポップなカラーリングに合わせて下半分は共通でグレーメタリックを採用。遊び心のある都会的な印象を与えるカラーリングになっています。グレーメタリック、ブラックメタリックに関しては単色も選択できました。

1997年に国内販売を終了

ダイハツ ビーゴ
ロッキーの実質的な後継機であるダイハツ ビーゴ

売上が低迷したロッキーは、1992年には4速ATを追加設定、フルタイム4WDを廃止して全グレードをパートタイム4WDに変更しました。しかし、ロッキーよりも2年早い1988年に発売していたスズキ エスクードによって国内市場での競争力を失ったことや当時提携していたトヨタからRAV4が登場した兼ね合いで、1997年に国内販売を終了。同年4月にロッキーはラガーと統合され、実質的な後継車種「ダイハツ テリオス(日本名:ビーゴ)」が発売されています。

ダイハツ ロッキー(初代)のスペック詳細

・エンジン:1.6L水冷直列4気筒OHC
・最高出力:77kW(105PS)/6,000rpm
最大トルク:14.3kg・m(140.2N・m)/3500rpm
・ボディサイズ:全長 3705mm 全幅 1,580mm 全高 1,725mm ホイールベース 2,175mm
・車両重量:1,230kg
トランスミッション:5速MT
・駆動方式:4WD
・乗車定員:4人
・新車時車両価格:1,445,000円

ダイハツ ロッキーの中古車価格

ダイハツ ロッキーの中古車は現在ほとんど流通していません。出回っているのは年式が1993年~1995年の中期・後期型、価格帯が40万円から60万円前後のモデルです。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者
MOBY編集部