MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ダイハツ > アトレーワゴン > ダイハツ次期型デッキバンターボは乗用仕様「アトレーデッキバン」に設定?12月後半に発売か
アトレーワゴン

更新

ダイハツ次期型デッキバンターボは乗用仕様「アトレーデッキバン」に設定?12月後半に発売か

次期型は「アトレーデッキバン」が新登場?

現行だとデッキバンは商用車のハイゼットカーゴのみに設定されている。
ちなみにフロントフェイスはアトレーワゴンとほぼ共通。

デッキバンは商用車のハイゼットカーゴの特装車で、軽規格ながらピックアップトラックのような形状が特徴。

先日、次期型のハイゼットデッキバンにターボが設定される可能性をお伝えしましたが、新たに入手した情報によると、ターボが設定されるのは商用車のハイゼット側ではなく、乗用車のアトレー側だとのこと。

現行アトレーワゴンにはデッキバン仕様はなく商用車のみでしたが、次期型では「アトレーデッキバン」が設定されるといいます。

{"status":422,"message":"The path parameter is invalid."}

レジャー用途やカスタム車としても注目!

ダイハツ アトレーワゴン カスタムターボRSSAⅢ フロント
ダイハツ アトレーワゴン カスタムターボRSSAⅢ

これまでハイゼットデッキバンは、その唯一無二の特性から、商用車としてはもちろんアウトドアユースの乗用車として利用するユーザーもいる車種です。

しかし中には、商用車ゆえの簡素な装備をみて購入を躊躇うユーザーも。もちろん「その簡素さが良い」という方がいることも事実です。

次のフルモデルチェンジで、仮に乗用車の「アトレーデッキバン」が登場したとなれば、デッキバンでも装備の選択肢が広がり、上質な内装や魅力的なボディーカラーが設定されることも考えられます。

そこに力強いターボが加われば、今まで以上にアウトドアユーザーにウケる車種になることが期待されます。

ジムニー的な存在になる可能性も…

スズキ 現行ジムニー

強い個性をもつ軽自動車といえば、硬派な軽クロカン「スズキ ジムニー」が浮かびます。

四輪駆動&ラダーフレーム採用で高い悪路走破性を誇るジムニーは、軽自動車カテゴリの枠を超えたオフローダーとして世界中で愛されている車種です。

デッキバンはジムニーほど本格的な装備は備わっていないにしろ、安価かつ独特なピックアップスタイルを採用していることから、コアなファンを獲得できる可能性は十分に秘めているモデルだといえるでしょう。

発表は12月20日、価格は200万円前後に?

MOBY編集部に寄せられた情報によると、次期型アトレーおよびハイゼットカーゴの発表は12月20日で、車両価格はおそらく最上位となる4WDターボモデルが206万円ほどになるということでした。

新たな情報が得られ次第、お伝えします。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

{"status":422,"message":"The path parameter is invalid."}

【みんなの意見】投票受付中!

Q. スズキ・ジムニーとダイハツ・ハイゼットデッキバン、乗るならどっち?

軽クロカン「ジムニー」と、軽ピックアップの「ハイゼットデッキバン」。どちらも唯一無二の個性を持っているモデルです。ア...

  • スズキ・ジムニー
  • ダイハツ・ハイゼットデッキバン
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

ダイハツの新型車情報はこちら

その他の最新情報

日本仕様の可能性も?右ハンドルのジムニーロングをスクープ!

「実質200万円以下」日産の新型EV軽をスクープ!

ホンダの軽トラが超ハイテクに進化!「ホンダ AWV」がカッコいい

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード