MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > シトロエン > 【シトロエン】新車で買える現行車種一覧【2019年版】
シトロエン

更新

【シトロエン】新車で買える現行車種一覧【2019年版】

シトロエンの現行車の傾向

シトロエン C3 2017年

シトロエン C3 新型

第一次世界大戦終了直後の1919年に誕生したシトロエンは、フランスでも歴史ある自動車メーカーです。現在はプジョーやオペルなどで構成される複合企業「グループPSA」に所属しています。

シトロエンが日本で販売している現行車は大きく分けて2車種のみ。どちらもプジョーと共通のプラットフォームを用いたシャシーと、近年のシトロエンにみられる前衛的なフロントフェイスが特徴です。

シトロエンのボディタイプ別現行車種一覧

コンパクトC3
C3 コロラドエディション
C3 JCC+(限定生産)
ミニバングランドC4 スペースツアラー

C3

シトロエン C3 2017年

シトロエン C3

シトロエン C3 内装 2017年

シトロエン C3 新型 内装

C3はシトロエンを代表するBセグメントカー。2016年に3代目へとフルモデルチェンジしたC3は、それまでの正統派コンパクトカースタイルを一新し、奇抜なデザインのSUVテイストへと改められました。現役のWRCホモロゲーションモデルとして世界ラリー選手権に参戦しています。

標準グレードの「FEEL」の価格は222万円。「SHINE」は開放感溢れるパノラミックルーフを採用した246万円の上級グレード。パワートレインは、1.2L直列3気筒ターボに6ATの組み合わせで、燃費は「FEEL」「SHINE」ともにJC08モード燃費で18.7km/Lです。

シトロエン新型C3フルモデルチェンジ!スペック&価格から内装やサイズの変更点は?

C3 コロラドエディション

シトロエン C3 コロラドエディション 2018年

シトロエン C3 コロラドエディション

シトロエン C3 コロラドエディション 内装 2018年

シトロエン C3 コロラドエディション 内装

C3の魅力をさらに引き立たせているのが、特別仕様車の「C3 コロラドエディション」です。インテリアは米国コロラド川近辺に位置する赤みを帯びた砂漠の色合いをイメージしており、高い質感をもつ人工皮革を採用しています。パワートレインは標準C3に準じたものを搭載。価格は252万円です。

C3 JCC+

シトロエン C3 JCC+ 2019年

シトロエン C3 JCC+

シトロエン C3 JCC+ 内装 2019年

シトロエン C3 JCC+

個性的な色づかいが特徴のファッションデザイナー「ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック」がデザインした特別仕様車が「C3 JCC+」です。鮮やかな赤・青・黄色のアイコンカラーを各部に散りばめた独特なデザインは、C3を個性をさらに演出します。パワートレインは他のC3と共通で、価格は258万円。シリアルナンバープレートつきの100台限定です。

グランドC4 スペースツアラー

シトロエン グランドC4 スペースツアラー 2018年

シトロエン グランドC4 スペースツアラー 2018年
新車価格:355〜380万円

シトロエン グランドC4 スペースツアラー 内装 2018年

シトロエン グランドC4 スペースツアラー 内装 2018年

7人乗りのヒンジドアミニバン「C4 ピカソ」から車名変更をうけたのが「グランドC4 スペースツアラー」。全高は日本の一般的なミニバンよりもやや低い1,670mm。伸びやかなボディデザインと、特徴的なシトロエンフェイスがうまくマッチしたミニバンです。

価格は、1.6L直列4気筒ターボの「SHINE」が355万円から。2.0L直列4気筒ディーゼルターボの「SHINE Blue HDi」が380万円からの価格設定です。どちらにもプラス12万円で、パノラミックガラスルーフの開放的な室内空間をオプションで追加することができます。

シトロエン新型「C4ピカソ」登場!ディーゼル追加の発売日や燃費やおすすめモデルは?

シトロエンに関する記事はこちら

宇宙船と呼ばれた「シトロエン DS」独創的なデザインとメカニズムに迫る

シトロエン「ベルランゴ」ライバルはカングーの新型ミニバン!日本導入なるか?

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ