MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > シボレー > シボレー・アストロまとめ|燃費等維持費と新車・中古車価格、故障やパーツカスタム等
シボレー

更新

シボレー・アストロまとめ|燃費等維持費と新車・中古車価格、故障やパーツカスタム等

シボレー・アストロとはどのような車?

シボレー アストロ 1998年型
Roadsidepictures CC 表示 – 非営利 2.0 / CC BY-NC 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

シボレー・アストロは1985年から2005年まで生産販売されたミニバンです。ミニバンと言えどもアメリカでの分類で日本車と比較すれば“ミニ”とは言えないサイズです。

アストロのデビュー後、アメ車を取扱う雑誌で当初タレントの所ジョージが監修していた「Daytona」で取り上げられ人気を集め、当時の円高の背景もあり多くの並行輸入車が日本で販売されました。

やがて日本の商社が正規輸入をはじめ、ヤナセなどのディーラーで正規輸入車として販売されました。

シボレーとは、どのような自動車メーカーなのかについてのまとめ記事はこちら

アストロの全長は意外と短く取り回しは楽

日本にもっとも多く正規輸入された2代目のボディサイズは、全長4,805mm、全幅1,960mm、全高1,930mmです。

全幅はさすがアメリカの“ミニバン”らしく2mを切っていますが、大きめのドアミラーを入れると2mは余裕で超します。

しかし、全長は5mを切りますので取り回しは意外と楽なようです。

当時はカスタムパーツが豊富だったシボレー・アストロ

アストロは、豊富なエアロパーツやマフラーなどカスタムパーツが販売されていました。当時はローダウンするなどのカスタム車も多く存在しました。

これはとくに初代モデルに多くみられました。

初代 シボレー・アストロ(1985〜1994年)

シボレー アストロ 1988年型
RL GNZLZ CC 表示 – 継承 2.0 / CC BY-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

エンジン・トランスミッション・駆動方式

シボレー アストロ 1990-1994年型
Hannes CC 表示 – 非営利 – 継承 2.0 / CC BY-NC-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

エンジン:直列4気筒 2.5L 98馬力、V型6気筒 4.3L 165馬力、V型6気筒 4.3L 200馬力
トランスミッション:4速AT
駆動方式:FR、AWD

2代目 シボレー・アストロ(1995〜2005年)

シボレー アストロ 1998年型
RL GNZLZ CC 表示 – 継承 2.0 / CC BY-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

エンジン・トランスミッション・駆動方式

シボレー アストロ 2005年型
RL GNZLZ CC 表示 – 継承 2.0 / CC BY-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

エンジンは最高出力190馬力のV6 4.3L、4速ATの1タイプのみです。駆動方式は先代同様、FRとAWDの選択があります。ボディはアメリカ人の体に合わせてなのかアメ車特有の大きさを誇ります。

シボレー・アストロの燃費などの維持費は?

シボレー アストロ 2007年型
CARL SPENCER CC 表示 – 非営利 2.0 / CC BY-NC 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

日本においてはミニバンとは名ばかりのボディの大きさと重量、大排気量エンジンのために燃費はよくありません。

街中で3〜5km/L、高速で7〜8km/Lが目安ですが、AWD車はさらに燃費が悪くなるようです。

年式が古いため維持費も高く、グリーン化税制(エコカー減税)で自動車税などは重課税で高くなりますし、そもそも排気量が大きいため高い税金が課せられています。

自動車税やエコカー減税について詳しくはこちら

1ナンバー化が維持費を安くする裏ワザ

自動車税や車検代が安くできる1ナンバーで登録できるよう改造するのが、アストロの維持費を安くできる裏ワザだったようです。

車検は年1回ですが、税金面は乗用3ナンバーに比べて有利になるなどのメリットがあります。

やはり故障が多いアメ車

めったに故障しない日本車に比べるとどうしても故障発生率が高いのがアメ車です。また、故障して部品交換となると、その部品代が結構高価だったりします。

新車で購入しても故障が多いアメ車なので、今10年落ち以上の中古車を買うならそれなりの覚悟が必要です。

シボレー・アストロの新車価格と中古車価格

2代目アストロ発売中の当時の正規輸入ディーラー価格で、320万〜420万円でした。

外車カスタムショップなどを除く一般的な中古車ディーラーで流通している価格帯は幅があります。30万〜200万弱のレンジが中古車価格相場です。

ただ、出回っているものは比較的新しい2代目がほとんどを占めています。初代アストロは年式が古く一般的な中古車ディーラーでは取扱が困難です。

最新「シボレーアストロ」中古車情報
本日の在庫数 112台
平均価格 97万円
本体価格 28~398万円
シボレーアストロの中古車一覧へ

シボレー・アストロは商用車用だった?!

実は、シボレー・アストロの元々は商用車バンだったのです。道の広いアメリカでは、業務で使うには取り回しのし易いサイズでした。

アメリカには他にもまだまだ魅力的な車がたくさんあります。他のアメ車にも興味のある人はぜひ。

シボレーの車種毎のまとめ記事へのリンク集

シボレーの人気車種のまとめ記事

人気のアメ車に関するおすすめ記事はこちら

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ