MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【今が狙い目】安いステーションワゴン中古車価格帯別おすすめ人気車種TOP9!
メーカー・車種別

更新

【今が狙い目】安いステーションワゴン中古車価格帯別おすすめ人気車種TOP9!

90年代は日本でも人気だったステーションワゴン

爆発的ヒットを記録した2代目スバル レガシィツーリングワゴン

スバル レガシィツーリングワゴン 1993年型

ステーションワゴンは長大な荷室を備えることで、セダンの快適性能とワゴンの積載能力をあわせもつ車です。90年代には多くのステーションワゴンが登場し、スキーや釣りなどのアウトドアレジャーや車中泊に大活躍しました。

しかし現在は、より優れた汎用性を備えるSUV人気に押され、ステーションワゴン人気は低迷気味。裏返せば、中古車相場が値下がり中の今、ステーションワゴンは買い時であるといえます。

ステーションワゴン人気&おすすめランキング16車種比較【2017年最新販売台数】

ステーションワゴンを中古で選ぶ

中古車
Kunal Mukherjee CC 表示 – 継承 2.0 / CC BY-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

各メーカーによる熾烈な開発競争のもと、ステーションワゴンは大容量化・高級化が進みました。その一方で、ミニバンと見分けがつかないほど背高なステーションワゴンや、スポーツカー顔負けの化物ステーションワゴンも開発されるなど、その経緯はステーションワゴン人気の高さを物語ります。

SUVに人気の座を明け渡しているとはいえ、ステーションワゴンの優れた使い勝手は現在においても特筆すべきものがあります。現在の値下がりは、当時人気だったステーションワゴンを安価な価格で買えるチャンスでもあります。

本記事では、走行距離10万キロ以下・修復歴なしを条件に、「〜50万」「〜100万」「〜200万」の価格帯で購入できる中古おすすめステーションワゴンをピックアップ。
人気順にオリジナルランキング化した、価格帯別TOP3を紹介します。

ミニバンとステーションワゴンの違いは?1BOXと1.5BOXのメリット・デメリットも紹介

〜50万円で買えるステーションワゴンの中古車

50万円以下で買えるモデルには、実用性重視の国産ステーションワゴンが目白押し。ステーションワゴンは優れた使い勝手のよさから、酷使される傾向にあるため、使いこまれた90年代の古いワゴンはすでに現役を離れ、2000年代初期に生産された個体が多いのが特徴です。

大人気を誇ったホンダ アコードワゴン、トヨタ カローラフィールダー、日産 ウイングロードなどのベーシックなステーションワゴンが豊富にそろっています。

第1位:日産 ウイングロード

3代目 日産 ウイングロード 2005年

3代目 ウイングロード

日産の主力ステーションワゴンであったウイングロードは、商用車のADバンと同一ボディを使用するため、十分な積載能力をもっています。長い荷物はもちろん、高めの室内高により、大人2人の車中泊も余裕でこなす優れたステーションワゴンです。

最後のウイングロードとなる3代目の初期モデルにあたる2005年〜2010年式が20〜50万円の価格で数多く存在しており、お買い得となっています。
走行距離はやや延び気味の個体が多いものの、ウイングロードは性能と価格のバランスが優れたもっともコストパフォーマンスの高いステーションワゴンです。

【日産ウイングロードはお買い得】実燃費やライダーの評価から新型情報も

最新「ウイングロード」中古車情報
本日の在庫数 224台
平均価格 37万円
本体価格 5~126万円
ウイングロードの中古車一覧へ

第2位:ホンダ フィットシャトル

初代 ホンダ フィットシャトル 2011年

フィットシャトル

優れた燃費性能と広い室内が特徴のホンダ フィットを、ステーションワゴンに仕立てたモデルがホンダ フィットシャトルです。

コンパクトカーのフィットをベースにリアオーバーハングを延長し、後席を倒してフルフラットになる荷室は、身長180cmの大人が横になれる室内長。5ナンバーサイズで横幅にそれほど余裕はありませんが、大人1人の車中泊なら楽々こなす室内空間を誇ります。

中古車価格は、フィットシャトル初期型の2011年〜2012年式が、30〜50万円の価格帯で玉数も多くお買得です。ホンダ2代目フィットはハイブリッドモデルも大いに売れたたため、初期型ハイブリッドモデルも50万円以下の個体が増えており、そちらもおすすめです。

最新「フィットシャトル」中古車情報
本日の在庫数 105台
平均価格 54万円
本体価格 18~100万円
フィットシャトルの中古車一覧へ

第3位:トヨタ カローラフィールダー

2代目 トヨタ カローラフィールダー 2008年

トヨタ カローラフィールダー 2代目
Mytho88 CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

トヨタ カローラフィールダーは、カローラツーリングワゴンの後継として、新たにフィールダーの名称が与えられたステーションワゴン

カローラらしく質実剛健な造りは、乗ってよし、積んでよし、走ってよし。しっかりとバランスの取られた5ナンバーサイズ・ステーションワゴンです。中古車のおすすめカローラフィールダーは、10代目カローラをベースとした2代目フィールダーの初期型。2006年〜2009年式フィールダーが20万〜50万円の相場価格になっています。

年式・走行距離・価格を含めた総合的なコストパフォーマンスの高さが特徴ですが、室内長がライバルに比べてやや短いため、第3位の評価になっています。

トヨタ新型カローラフィールダー フルモデルチェンジ最新情報|発売日は2019年9月か?価格と燃費やサイズは?

最新「カローラフィールダー」中古車情報
本日の在庫数 2526台
平均価格 103万円
本体価格 10~249万円
カローラフィールダーの中古車一覧へ

すべての画像を見る (12枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!