MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > X6 > 公式のおふざけ!?加工一切ナシ、世界に1台の黒すぎBMW X6「Vantablack」
X6

更新

公式のおふざけ!?加工一切ナシ、世界に1台の黒すぎBMW X6「Vantablack」

黒すぎるBMW X6「Vantablack」

BMW X6 Vantablack(2019年)

こちらの画像に写っているBMW X6、実は加工等は一切施されておらず、「本当に真っ黒」な塗装がなされています。

この車両はBMWが2019年9月のフランクフルトモーターショーにて発表したX6 Vantablack(ベンタブラック)という世界に1台の展示用モデルです。

X6 Vantablackの画像を全部見る(画像27枚)

特殊塗装「ベンタブラック」とは

車名にもあるベンタブラックとは、サリー・ナノシステムズ社というイギリスの企業によって航空宇宙用途に開発された塗装のことです。

「Vanta」は「Vertically Aligned Nano Tube Array」の略で、塗装表面が極小のカーボン・ナノ・チューブで構成されていることからそう名付けられています。

カーボン・ナノ・チューブのサイズは長さ14〜50マイクロメートル、直径20ナノメートルで、髪の毛の約5,000分の1の細さ。そんなカーボンナノチューブを1cm四方に約10億本も並べることで、表面に当たる光をほぼ完全に吸収し、周りからは真っ黒に見えるようになるのです。

ベンタブラックの全反射率は1%。この塗料で塗装されたものは立体感が失われ、まるで紙を黒く塗りつぶしたように見えます。

「ベンタブラックよりも黒い」ポルシェ 911がなんと日本にあった!

実際に塗装されていく様子

こちらがベンタブラック仕様のベースとなった3代目BMW X6。元のボディカラーはブルーで、塗装するにあたってヘッドライトやグリル、ウィンドウなどにマスキングが施されています。

こちらが塗装中の様子。まだ塗りが甘いため、一般的なブラックよりもやや黒い程度。まだまだ塗装は重ねられていきます。

こちらが塗装が完了した姿。完全に真っ黒になってしまいました。ひとつ前の画像と同じ場所、同じ照明の当たり方とは思えないほどの黒さです。

マスキングを剥がすと、真っ黒なボディにヘッドライトやグリルなどの要素が浮かび上がります。ライトはともかく、グリルは光を発する部品ではないので、「ボディが黒いのにグリルは見えている」という状況はかなり違和感があります。

まるで黒く塗りつぶした背景にグリルだけ合成したかのような見た目は、現実のものとは思えません。

ボディカラーを自由に変更!?2022年にBMWがまたやってくれた!

X6の魅力は真っ黒でも損なわれない

ベンタブラックの発明者であり、サリー・ナノシステムズ社の創設者であるベン・ジェンセン氏によると、ベンタブラックの発売以降、数多の自動車メーカーからコラボレーションの提案があったといいます。

しかしジェンセン氏はこれらの提案を全て断っていて、BMWからの提案も最初はかなり躊躇したとのことです。

「個性的なデザインを持たない従来の車種にベンタブラック塗装を施すと、その車種の魅力が何らかの形で損なわれてしまうだろう」と語るジェンセン氏ですが、最新のBMW X6のデザインを見た時、塗装を施しても損なわれないほどの個性を感じたといいます。

黒すぎる車両はナンバープレートを取り付けるのも一苦労?

X6 Vantablackの実車を見たジェンセン氏は、期待をはるかに超え、本当に素晴らしい出来だと絶賛。

加えて、オリジナルのベンタブラックではボディの立体感が失わるため、反射率1%のVBx2が形状を表現するのに丁度いい素材だったと説明しています。

BMWが開発した布製のコンセプトカーはまるで生き物のような不気味さ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード