MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > 2019年輸入車販売台数No.1はBMW。2020年も新型車投入攻勢へ
自動車業界速報

更新

2019年輸入車販売台数No.1はBMW。2020年も新型車投入攻勢へ

#BMW新春記者会見

計70,627台を販売

ビー・エム・ダブリュー株式会社 代表取締役社長 クリスチャン・ヴィードマン
ビー・エム・ダブリュー株式会社 代表取締役社長 クリスチャン・ヴィードマン

2020年1月28日、ビー・エム・ダブリュー株式会社は新春記者会見を開催しました。この会見では、同社の2019年の総括と2020年の展開、日本初公開となる新型M8 グラン クーペのアンヴェールと2019年10月に発表された新型2シリーズ グラン クーペのマーケティング戦略について発表されました。本記事では、ビー・エム・ダブリュー株式会社の2019年の統括と2020年の展開についてお伝えします。新型M8 グラン クーペと2シリーズ グラン クーペについては下記の記事をご覧ください。

BMW 2019年国内販売実績のスライド

2019年はBMWブランドで46,814台、MINIブランドで23,813台(ともに四輪車)、合計70,627台の販売実績となり、5年連続インポーターNo.1となりました。MOTORRAD(二輪車)は5,007台で前年同様の実績とのこと。

数々の受賞

新型BMW3シリーズ、ダブル受賞のスライド

2019年から日本国内発売開始された新型3シリーズが 「第40回 2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の「2019-2020 インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」と「2020年次RJCカー オブ ザ イヤー」の「2020年次RJCカーオブザイヤー・インポート(輸入車)」をダブルで受賞しています。新型3シリーズは先代も受賞しているため、2世代連続しての受賞となりました。

BMWが2019年の受賞した数々のスライド

また、Z4が「日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」を受賞、2輪車では「1000RR」と「R 1250 GS アドベンチャー」が「日本バイクオブザイヤー2019」の輸入車部門で最優秀金賞と金賞を受賞しています。

リサーチ&ディベロップメント拠点

BMWグループにおけるリサーチ&デベロップメント拠点のスライド

ヴィードマン社長は、世界で14拠点あるBMWグループのテクノロジー・オフィスの一つが東京にあることを強調しました。

BMW国内サプライヤー・スタートアップ企業との協業についてのスライド

また、BMWグループが日本の企業と協業していることも強調。

BMW、日本初ハンズオフ機能付き渋滞時運転支援システムについてのスライド

BMWグループと日本のサプライヤーは重要で密接な関係性があることを述べました。

日本市場を重視した開発

BMWグループでは初となる、ハンズ・オフ(手放し)機能付き渋滞時運転支援システムを開発したのは、渋滞の多い日本市場を重要視してのことと語られました。

日本におけるBMWグループの文化活動についてのスライド

ヴィードマン社長のスピーチの終盤は日本での文化活動でした。BMWグループが日本の文化と深く触れ合うことで、さらなるコミュニケーションの強化を図っていこうとする姿勢を強く感じることができました。

2020年も新型車投入攻勢へ

BMWの2019年は新車投入攻勢をかけ、BMWで21台、MINIで7台、BMW Motorradで8台の新型車を日本市場に導入しました。これはBMWにとって過去例をみない異例の大量新型車投入とのことでした。ヴィードマン社長は2020年も新型車投入攻勢となると語っています。差し当たって2月には、MINIの特別なジョン・クーパー・ワークスの発表があることの予告がされました。

この後、ヴィードマン社長は新型M8 グラン クーペ のアンヴェールをして締めくくります。続きは下記の記事をご覧ください。

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

関連キーワード