MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > 次期新型BMW「iX5」はピュアEV・自動運転レベル3でデビュー近づく!
BMW

更新

次期新型BMW「iX5」はピュアEV・自動運転レベル3でデビュー近づく!

ドイツの高級車メーカー、BMWのアッパーミドルクラスSUV・EVの「iX5」がデビューするようです。市販型プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

ついに市販型で姿を現した!レベル3自動運転を搭載

次期新型 BMW iX5
プロトタイプ スパイショット
カモフラージュが軽くなった状態の新型 BMW iX5 市販型プロトタイプ。今後、フロントグリルには、レーダー、カメラ、センサーはどレベル3自動運転を可能にするための各種パーツが取り付けられていくという。
次期新型 BMW iX5
プロトタイプ スパイショット
フロント拡大
ヘッドライトとダイヤモンド柄のアクセントが施された大型キドニーグリル、バンパー両サイドの縦型のコーナーエアインテークといった市販型コンポーネントが確認できる。
次期新型 BMW iX5
プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
21インチのエアロスタイルホイールを履いている。道路を走行していたプロトタイプはタイヤはピレリP ZEROを履いていたが、車載トレーラーに積載されたプロトタイプは、ブリジストン製のタイヤが装着されていたとのこと。
次期新型 BMW iX5
プロトタイプ スパイショット
フロントサイド
インテリアでは従来センターコンソールにあるギアシフトノブがなくなり、かわりに小型スイッチによるシフト操作となるとのこと。
ステアリングホイールはその上部と下部がフラットになった多角形の「ポリゴナル・2スポーク・ステアリングホイール」が装着される模様。また、BMWのEVコンセプトカーに装備されていた、大型で湾曲したタッチパネル式ディスプレイが装備されるだろうとのこと。
次期新型 BMW iX5
プロトタイプ スパイショット
リアサイド
リアエンドでは、ボディと一体感のあるリアコンビネーションランプを装着、テールゲートはワイドな開口部となっているのが確認できる。

パワートレイン

パワートレインは、第5世代「eDrive」を採用、最高出力530PSを発生する電気モーターと、航続距離640kmとなる高密度・軽量バッテリーパックが搭載されるとのことです。駆動方式は、e-AWDシステムによる四輪駆動で、0-100km/h加速は4秒未満のハイパフォーマンスEV・SUVとなると予想されています。

発表時期

新型BMW iX5のワールドプレミアは、2021年前半となるとのことです。なお、車名は未定で現時点「iX5」が有力候補となっているとのことです。

※BMWからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!