MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > i8 > BMW i8の新型SUVモデルが2020年に登場か!価格やスペックなど徹底予想
i8

更新

BMW i8の新型SUVモデルが2020年に登場か!価格やスペックなど徹底予想

【最新情報】BMW i8のSUVモデルが2020年に登場か?

BMW i8新型SUVモデル 予想レンダリングCG

BMW i8 SUVモデル 予想レンダリングCG
出典:http://www.bmwblog.com/

ドイツを代表する自動車メーカー・BMWが、プラグインハイブリッドスポーツカー「i8」のSUVバージョンを2020年に発売する可能性があるという情報をキャッチしました。

情報はあくまで噂に過ぎませんが、BMWは2017年12月に開催された内覧会において、BMW iシリーズのSUVモデルとなる「iX1」から「iX9」までの命名権を確保したことを発表しているので、i8のSUVモデル「iX8」が発売される可能性も十分にあると言えるでしょう。

BMW iシリーズについての記事はこちら

【一覧】BMWの電気自動車(EV)全車種を価格&航続距離で徹底比較|コスパ最強は?

BMW i8新型SUVモデルの外装(エクステリア)デザインを予想

BMW i8新型SUVモデル 予想レンダリングCG

BMW i8 予想レンダリングCG
出典:http://www.bmwblog.com/

BMW 現行型i8

上画像は、海外で製作されたi8のSUVモデルの予想レンダリングCGです。
フロントマスクは現行型i8と似たデザインですが、他部分がSUVスタイルとなっており、2ドアから4ドアになっていることも確認できます。

今後、実際にi8のSUVモデルが登場した場合のデザインがどうなっているかは分かりませんが、少なくとも現在のBMW車に共通するデザインラインから外れることはないでしょう。

BMW i8新型SUVモデルの内装(インテリア)デザインを予想

現行型i8の内装

BMW i8 内装 2013年製

i8の新型SUVモデルの内装に関しては、予想レンダリングCGが製作されていません。
ただ、2ドアクーペからSUVになるということなので、室内空間は広くなることが予想されます。
また、室内空間の拡大に伴って、乗車定員も前席2人+後席2人の4人乗りから、前席2人+後席3人の5人乗りになるかもしれません。

BMW i8新型SUVモデルのスペックは?

ボディサイズ

i8の新型SUVモデルのボディサイズは、現行型i8よりも大きくなることが予想されます。
クーペからSUVになるということなので、間違いなく車高は高くなるでしょう。

パワートレイン

i8の新型SUVモデルのパワートレインには、従来通りのプラグインハイブリッドエンジンか、完全に電気のみで駆動するEVユニットの搭載が予想されます。

既にBMWは、コンパクトSUV「X3」のEVモデルを2020年に発売すると発表しているので、i8のSUVモデルがEVになる可能性も十分にあり得るでしょう。

参考:現行型i8のボディサイズ・パワートレインスペック

全長全幅全高
4,6901,9401,300
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8001,5104
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
排気量1.5L
最高出力170[231]/5,800
最大トルク320[32.6]/3,700
モーター最高出力96[131]/3,800
最大トルク250[25.5]/0~3,700
トランスミッション6速AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

プラグインハイブリッド(PHV)、EVについての記事はこちら

プラグインハイブリッド(PHV)とは?意味とメリット&デメリットまとめ

電気自動車とは?EVの価格・走行距離比較ランキング|日産やトヨタなどの人気車紹介

BMW i8新型SUVモデルの価格は?

⾃動⾞ローン

i8の新型SUVモデルの車両価格は情報が全くなく、予想もできない状況です。新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。

参考までに、現行型i8の新車車両価格は2,034万円に設定されています。

BMW i8とはどんな車?

i8の2018年モデル

BMW 新型i8クーペ

i8とは、BMWが2013年に発売したプラグインハイブリッドの2ドアクーペです。
i8はBMWの次世代プレミアム・モビリティとして開発され、スポーツカーとしての高い走行性能と、コンパクトカー並みの低燃費を両立しています。
また、BMW車で初のバタフライドアも採用されています。

優れた走りと燃費をもたらす軽量かつ高剛性のボディは、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製のシェルとアルミ製のシャシーを組み合わせることで実現しました。

高効率のプラグインハイブリッドシステムは、最高出力362psを発揮することができ、4WDシステムによって瞬時に250km/hにまで加速します。
EV走行時の航続距離は約35km、最高速度は120km/hに達します。

BMW i8についての記事はこちら

【近未来のスーパーカーBMW i8】エンジンスペックや実燃費から試乗の評価など

BMW i8&新型i8 ロードスター日本発売開始!スペックや価格とi8sについても

BMW i8新型SUVモデルの登場に期待!

現行型i8

BMW i8 2014年

BMW i8の新型SUVモデルに関する最新情報をお伝えしました。

世界的に環境規制が強まる中で、ガソリン車からEVへの移行を積極的に進めているBMWは、今後2025年までに、完全なEV12種を含む25種類の電気駆動モデルを提供すると発表しています。
i8のSUVモデルがその25種類の中に含まれる可能性は十分にあるといえます。

MOBYでは、今後もi8の新型SUVに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。

BMWの新型車に関連する記事はこちら

BMWの新型車・モデルチェンジ全情報【2018-2019年最新版】

BMW新型Z4ロードスター日本発売日は来春!ソフトトップ採用で価格や性能は?クーペも登場?

【BMW新型i3最新情報】i3がマイナーチェンジで発売開始!航続距離と価格やi3sについても

新型BMW X5 日本発売開始!フルモデルチェンジしたディーゼル、価格は920万円~

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!