MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > 【BMWの歴史と名車】名実共に「駆け抜ける歓び」を体現するブランド
BMW

更新

【BMWの歴史と名車】名実共に「駆け抜ける歓び」を体現するブランド

BMW 2020年には新型車を大量投入!第一弾はM*グランクーペ

BMW 新型 M8 グランクーペ フロント サイド
BMW 新型 M8 グランクーペ

BMWは2020年の年初記者会見において、昨年のグループでの年間輸入車販売台数が7万台を超え、首位になったことを明らかにしました。車離れが叫ばれるなかタイプを選ばず堅調な実績としたBMW。2020年には新モデルを続々と投入予定で、その手始めとして8シリーズの高性能モデル「M8 グランクーペ」の販売も開始され、話題を呼んでいます。

BMWの社名とロゴにはどんな意味がある?

BMW 本社
BMW 本社ビル

BMWとは、「Bayerische Motoren Werke(バイエリッシェ モトーレン ヴェルケ) AG」の頭文字。日本語ではバイエルン発動機製造株式会社を意味します。バイエルンにカール・ラップが創立したエンジン製造会社を始まりとし、第1次大戦時の戦闘機エンジン製造を経て、1916年資本を増資。グスタフ・オットー率いる航空機製造会社と合併することで、戦後、航空機事業からモーターサイクル事業へと経営をシフトさせたのです。

BMW ロゴ 1917年
1917年当時のロゴ

丸に十字、カラーは青と白からなるBMWのロゴ。このロゴは「回るプロペラと青空」を意味していますが、一説には配色はバイエルン州旗をモチーフにしたとも言われています。

BMWの歴史。度重なる試練を乗り越え強くなった

創業100年を超えたBMW。BMWには度重なる試練を乗り越えることで、強くなった歴史があります。

【1916年】創業と2輪車誕生

R32 製造風景
R32 製造風景

1916年、カール・ラップ創設のエンジン製造会社が軍需に参入し、資本を拡充。終戦後、グスタフ・オットー率いる航空機製造会社と合併し、事業をモーターサイクル分野へとシフト。1923年、第1号2輪車「R32」が誕生します。

【1929年】4輪車誕生とレース参戦。再び戦禍

BMW Dixi 3/15PS
Dixi 3/15PS

1929年、BMW初となる4輪車「Dixi 3/15PS」が誕生。1930年代に入ると「300シリーズ」を発表し、レースにも参戦。なかでも328は、デビューするなり優勝を果たし、断トツの強さを誇りますが、再び戦争が勃発します。

【1951年】戦後の苦境と超小型車生産

BMW 501 フロント
501

敗戦により工場没収や操業停止処分を受けたBMWでしたが、1948年に2輪車「R24」がデビュー。1951年には戦後初の4輪「501」がデビューし、1955年にはイソ社からライセンスを受けた「イセッタ」がヒットするも、経営難は続きました。

【1962年】ノイエ・クラッセによる成功

BMW 1800 サイド
ニュークラス 1800

1962年、小型車「1500」が誕生。1500はニュークラスを意味する「ノイエ・クラッセ」をキャッチフレーズとし、大ヒット。一足先に誕生し好評だった「700」とともに、BMWの救世主となります。

【1971年】スポーツ・クーペ誕生と日本法人創設

BMW 初代 3シリーズ フロント サイド
初代 3シリーズ

ノイエ・クラッセにより復活したBMWは、1971年にスポーツクーペ「3.0 CS」がデビュー。1975年には3シリーズ、その後、6、7とシリーズを拡大。体制を盤石のものとします。また、1981年にはインポータ―初となる日本法人を創設し、現在に至っています。

BMWの名車。追求するのは「究極の走り」

328

BMW 328 ロードスター フロント サイド
328 ロードスター

BMW創世期のスポーツカー・328は、1936年に誕生。デビュー以来数々のレースを連戦・連勝したことでも知られ、ニュルブルクリンクでのレース優勝やミッレミリアのクラス優勝など、BMWの名を世間に知らしめ、のちに世紀の自動車25にも選出されました。

イセッタ

BMW イセッタ フロント サイド
BMW Tokyo BAY に展示されていたイセッタ

元はイソ社のライセンス生産であったイセッタは、戦禍などで荒廃した人々の心と暮らしを救ったと言っても過言ではない小さな名車。1955年の生産開始後ヒットを受け、4人乗りを製造するなど、完全なBMW仕様となりました。

1500

BMW 1500 フロント サイド
1500

戦後低迷したBMWの経営を見事に立て直した大ヒットモデル1500。ノイエ・クラッセのキャッチフレーズで1962年にデビュー。世間にスポーティな車を製造するメーカー・BMWを認知させたエポックモデルです。

3.0 CS

BMW 3.0 CSL フロント サイド
3.0 CSL 2019年 BMWモータースポーツフェスティバルにて

1971年デビューの3.0 CSは、シルキーシックスと称された伝統の直列6気筒エンジンを搭載する名車。なめらかな走行フィールはまるでシルクの様だと言われました。バリエーションにはバットモービルと呼ばれたスパルタンモデル3.0 CSLもありました。

2002

BMW 2002 ターボ フロント サイド
2002 ターボ

1600のシャシーをベースに2.0Lエンジンとした2002は、1968年のデビュー。なかでも、1973年に誕生した2002 ターボは量産初となるターボエンジン搭載車。車両重量1,000kgあまりの軽量ボディで、最高速は211km/Lに達しました。

M1

BMW M1 フロント サイド
M1 2019年 BMWモータースポーツフェスティバルにて

1978年のパリサロンにて披露されたM1は、BMWでは珍しいミッドシップ(MR)方式を採用するスポーツカー。デザイナーはジウジアーロで、最終セッティングはBMW M社が担当。生産台数450台あまりの希少車です。

Zシリーズ

BMW Z1 フロント サイド
Z1

「Zukunft(=未来)」を意味するZシリーズは、BMWの2シーター・オープン。1987年にデビューし8,000台のみ生産されたZ1を始まりとし、現在Z4がこの流れを汲みラインナップしています。

1シリーズ

BMW 初代 1シリーズ フロント サイド
初代 1シリーズ(120i)

Cセグメントのエントリーモデル1シリーズは、2019年あらたに第3世代へと変貌を遂げました。世代交代での特筆すべき点は駆動方式にFFが採用されたこと。大幅に改善された室内空間とコンパクトとは侮れない走行フィールは、さすがBMWと言えるでしょう。

最新「1シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 1018台
平均価格 167万円
本体価格 10~570万円
1シリーズの中古車一覧へ

3シリーズ

BMW 初代 3シリーズ フロント サイド
初代 3シリーズ(316)

2002の後継として1975年に誕生した3シリーズはDセグメントの雄。BMWの主力モデルとして長年君臨し、現在は第7世代が活躍中です。なかでも、第2世代E30に設定された「M3」は有名。グループAホモロゲ取得を目的とした硬派スポーツセダンでした。

最新「3シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 58台
平均価格 162万円
本体価格 16~370万円
3シリーズの中古車一覧へ

8シリーズ

BMW 初代 8シリーズ フロント サイド
初代 8シリーズ(850 CSi)

8シリーズはBMWのフラッグシップ・クーペとして、1990年のデビュー。初代は、M1以来となるリトラクタブル・ヘッドライトを採用した美しい車でした。2018年、その8シリーズに第2世代が復活。究極のドライビング・マシンに仕上げられました。

最新「8シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 30台
平均価格 1,128万円
本体価格 308~1,580万円
8シリーズの中古車一覧へ

Xシリーズ

BMW 新型 X7 フロント サイド
新型 X7

BMW初のSUVとして2000年に誕生したX5を皮切りに、1から7までバリエーションを広げ、まさに死角なしの充実ぶりを誇るXシリーズ。2019年6月にはフラッグシップSUVとなるX7が威風堂々、日本での販売を開始しています。

すべての画像を見る (19枚)

関連する記事

この記事の執筆者
石黒 真理

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード