MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > 【変形する車】BMW GINAが生き物みたいで怖いと話題に
BMW

更新

【変形する車】BMW GINAが生き物みたいで怖いと話題に

異色のコンセプトカー BMW「GINA」

BMW GINA(ジーナ)

コンセプトカーといえば、従来の車とは全く異なる見た目や機能等を盛り込んだ、実験的な意味合いの強い個性的な車を思い浮かべます。

この記事で紹介する「GINA(ジーナ)」はコンセプトカーの中でも特に変わった見た目をしており、その機能も全く前例のないものとなっています。

マツダ「VISION COUPE(ビジョンクーペ)」コンセプトカーの発売の可能性は?

外観は賛否両論を呼んだ!

2009年に発表されたGINAは斬新かつ不気味?人によって「かわいい」「未来的」「気持ち悪い」「怖い」「きもかわいい」など、意見がわかれる異色のコンセプトカーです。

そのとき世界に衝撃が走った!発売して欲しいコンセプトカーランキングトップ14

BMW GINAの動画

前代未聞、GINAのボディは布製!?

一見金属製の模様に見えるドア部分だが・・・

普通、車の素材といえば金属やプラスチック、カーボン、もっと遡れば木材などですが、GINAのボディにはなんと「布」が使われています。

近づいてみると実は布のシワだった

もちろんただの布ではなく、弾力性や耐久性、防水性にも優れたデュポン社の「ライクラ(LYCRA)」という素材が使われているのです。

トヨタ2000GTとGRスープラがフュージョン!「H2+コンセプト」デザイン予想CGを入手

ライクラとは?

GINAに用いられているファブリック素材
GINAに用いられているファブリック素材

ライクラ(R)ファイバーは合成繊維で、伸縮性優れたクモの糸に似た細い繊維です。ポリウレタン弾性繊維、エラスタンまたはスパンデックスという一般名称も存在します。

元の繊維の長さの4~7倍ほどの長さに伸び、緩めると瞬く間に元の長さに戻ることがライクラ(R)ファイバーの特徴です。

実際にGINAを制作している様子
実際にGINAを制作している様子

ライクラ(R)ファイバー単独で用いるよりも、他の繊維と混ぜてつくることで、ファブリックに伸縮機能をプラスし、合成繊維、天然繊維を問わず混ぜて使用することが可能です。

【トランスフォーマー登場車】映画登場モデル&おもちゃを一挙紹介!2022年6月には新作も

試行錯誤の末にたどり着いたのが布だった

BMWの開発スタッフは、金属やプラスチック以外でボディ・シェルに高い剛性を持たせることができる素材を模索する中、「布」という素材にたどり着きました。

ボディが布製なら、交通事故を起こしても加害者・被害者ともに怪我が軽く済んだり、汚れたら外して洗濯でき、その日の気分によって、着せ替え感覚でボディカラーを変えることもできるようになるかもしれません。

何にせよ、車のボディに布という選択は、斬新で夢のある組み合わせだと言えます。

自動小銃「AK-47」で有名なカラシニコフ社が新型EVコンセプト「CV-1」を初公開

まるで生物!?変形するGINAのボディ!

GINAのボディは変形するといっても、トランスフォーマー的なロボット然とした変形ではなく、連続的で滑らかな生物的変形をします。

ドアを開けたり、ヘッドライトを閉じたりする際、可動に合わせて布製のボディも伸縮することで、まるで生きているように滑らかで柔らかな変形を可能としているのです。

【リアルトランスフォーマー】3分で飛行機に変形する車「AirCar」

今でも通用する高いデザイン性

まるで未来からやってきた、生物とも車ともつかぬフォルムを持つGINA。車型生命体と言い表すと、妙にしっくりきます。

2021年となった現在でも、これほどインパクトのあるコンセプトカーは中々ないでしょう。現在でも通用する高いデザイン性にも脱帽です。

こちらの記事もオススメ!

フラッグシップとは?意味と各自動車メーカーの最新フラッグシップモデルを紹介!

そのとき世界に衝撃が走った!発売して欲しいコンセプトカーランキングトップ14

最早トランスフォーマー!世界のすごい変形するキャンピングカー5選

面白い車?変な車?メーカーが作った個性的なヤバい車ランキング25

【ダサい車ランキングワースト10】自動車の歴史に名を刻んだ迷デザイン

【自動車の歴史】BMWの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部