MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ベントレー > ミュルザンヌ > ベントレー ミュルザンヌ|2020年春生産終了「6.75エディション」限定発売!
ニュース

更新

ベントレー ミュルザンヌ|2020年春生産終了「6.75エディション」限定発売!

後継車は「フライングスパー」 ハイブリッドシステム導入予定

ベントレー・ミュルザンヌ 6.75 エディション

ベントレーは2020年1月14日、「ミュルザンヌ」の生産を2020年春に終了することを発表しました。ベントレーは2019年に創業100周年を迎えた高級車を生産するイギリスの自動車メーカーで、ラグジュアリーリムジンのミュルザンヌが旗艦モデル。中部に位置する街・クルーの工場で設計やエンジニアリング、製造を一貫して行っています。

ミュルザンヌの生産終了にあたり、最終限定モデルとして「6.75エディション バイ マリナー」が発売されるとのこと。60年の伝統を持つ同社のV8 6 3/4(6と4分の3)Lエンジンにちなんで名付けられた本モデルは、30台のみの限定生産となります。ミュルザンヌの魅力を凝縮した特別な車両となることを伝えています。

今後ミュルザンヌに代わる新たな旗艦モデルは、新型の「フライングスパー」となるとのこと。ベントレーでは持続可能なラグジュアリーカーへの移行が進められており、2023年までにフライングスパーを含む全モデルにハイブリッドシステム導入が予定されています。

【公式】ベントレーモーターズ フライングスパー WEBカタログ

画像ギャラリー

ミュルザンヌ 6.75エディション 斜め前
ミュルザンヌ 6.75エディション 斜め後ろ
ミュルザンヌ 6.75エディション 全面
ミュルザンヌ 6.75エディション シフトノブ
ミュルザンヌ 6.75エディション 内装
ミュルザンヌ 6.75エディション シート
排気量を示す6.75のエンボス加工が施された特別仕様の本皮シート。
ミュルザンヌ 6.75エディション インパネ
ミュルザンヌ 6.75エディション トレッドプレート
ミュルザンヌ 6.75エディション エンジン
ミュルザンヌ 6.75エディション ウェルカムライト

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム