MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ベントレー > フライングスパー > ベントレー フライング・スパー 開発車両をスクープ!初のPHEVモデルを設定か!?
フライングスパー

更新

ベントレー フライング・スパー 開発車両をスクープ!初のPHEVモデルを設定か!?

イギリスの高級車メーカー、ベントレーの4ドア・サルーン「フライング・スパー」に初となるプラグインハイブリッドモデルが追加されるようです。プロトタイプのスパイショットともにスクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

最高出力680psの最強PHEV高級サルーンへ

ベントレー フライング・スパー PHEV プロトタイプ スパイショット
フロント
カモフラージュがない状態でスパイショットされた、新型ベントレー フライング・スパー PHEVのプロトタイプ。
ベントレー フライング・スパー PHEV プロトタイプ スパイショット
フロントサイド
ベントレー フライング・スパー PHEV プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
ボディ左側上部に充電ポートを備えている。通常モデルは車両右側Cピラーに給油口を備えている。
ベントレー フライング・スパー PHEV プロトタイプ スパイショット
リアサイド
ベントレー フライング・スパー PHEV プロトタイプ スパイショット
リア
フライング・スパーのW12型6.0Lツインターボを搭載するモデルはデュアルエキゾーストパイプ。スパイショットされたプロトタイプは、クワッドエキゾーストシステムという相違点があり、高性能バージョンの「スピード」となる可能性もあるが、現行モデルの「コンチネンタル GT V8」のエキゾーストパイプは4つ、「ベンテイガスピード」、「ミュルザンヌスピード」、「コンチネンタルGT スピード」はすべて2本出しのエキゾーストパイプを装備していることから定かではない上、以前にスパイショットされたPHEVプロトタイプは2本出しエキゾーストパイプであったことからどうなるかは不明とのこと。

パワートレイン

パワートレインは、ベントレーと同じフォルクスワーゲン傘下にあるポルシェの4ドア・サルーン「パナメーラ」と共有される予定とのことです。エンジンはV型6気筒 2.9Lガソリン・ツインターボのPHEV、最高出力は462ps,最大トルク700N・mを発生します。

なお、高性能バージョンの「スピード」だった場合は、ポルシェ パナメーラ S E ハイブリッド のパワートレイン、V型8気筒4.0Lツインターボ+電気モーターとなり、最高出力680ps、最大トルク850N・mとなり、世界最強のPHEV・4ドアサルーンとなる見込みとのことです。

発表時期

今回のスクープには、発表時期に関する情報がありませんでした。

ベントレー フライング・スパーとは?

ベントレー フライング・スパー 現行モデル
ベントレー フライング・スパー 現行モデル
(画像:ベントレー イギリス 広報)

ベントレー フライング・スパーの初代モデルは、1957年にデビュー、2ドア・クーペの「Sタイプ・コンチネンタル」の派生モデルでした。初代モデルから現在に至るまで、ベントレーブランドで最も速い4ドア・サルーンとなっています。

現行モデルは3代目で、2013年2月のジュネーブモーターショーでワールドプレミア、同年6月から日本市場にも導入されています。

ベントレー フライング・スパーの新車車両価格は、2,667万円からとなっています。

※2020年に発売が予想される新型車をカレンダー形式でこちらにまとめています。続けてご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!