MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ベントレー > フライングスパー > ベントレー新型フライングスパー国内発表|3代目は四輪操舵を採用
フライングスパー

更新

ベントレー新型フライングスパー国内発表|3代目は四輪操舵を採用

2020年第2四半期からデリバリー予定

新型フライングスパーをお披露目するベントレーモーターズジャパン代表ティム・マッキンレイ氏。

ベントレーモーターズジャパンは、2019年12月4日に第3世代となるフライングスパーの国内発表を行いました。 価格は2,667.4万円、デリバリーは2020年第2四半期を予定とのこと。ベントレーは今年創業100周年。メモリアルイヤーの締め括りは新型フライングスパーの発表でした。

ベントレーとは?

  • イギリスの高級車・スポーツカーメーカー
  • 創業1919年、創業者は「ウォルター・オーウェン・ベントレー」
  • 1931年にロールス・ロイスが買収、吸収合併。1998年まで続く。この年にフォルクスワーゲンの傘下に入る。

フライングスパーとは?

  • 4ドア高級スポーツセダン
  • ベースは2ドアクーペの「コンチネンタルGT」
  • 初代は2013年にデビュー。

ベントレー新型フライングスパーのハイライト

  • W12型6.0Lツインターボエンジンを搭載。
  • 最高出力:635ps、最大トルク:900N・m
  • 0-100km/h加速:3.8秒
  • 最高速度:333km/h
  • W12型(V6を2つ組み合わせ)でエンジンの全長を短くでき、有利な前後重量配分に。ほぼフロントミッドシップ
  • トランスミッションは8速DCT(先代はトルコン式)
  • フライングスパー初の4WS(四輪操舵)を採用
  • プラットフォームはポルシェが中心となって開発した「MSB」を採用。
  • 基本的なメカニズムは3代目コンチネンタルGTと多くを共通。
オプションでグリルをブラックにすることができる。
「B」をモチーフにしたテールランプデザイン。楕円形のマフラー・フィニッシャーはW12型エンジンの証。
新型3代目フライングスパーからベントレー・ウイングのマスコットは電動格納式になった。

発表会でのスライド(抜粋)

ベンテイガ日本限定特別仕様車も展示

会場にはベントレー創業100周年を記念して登場した日本限定の特別仕様車「ベンテイガ A Limited Edition by Mulliner Exclusively For Japan」も2台展示されました。このモデルはベントレーのパーソナルコミッシング部門「Mulliner(マリナー)」で日本向けに限定10台を生産します。

(おまけ)発表会場画像|ドンペリを提供

ドンペリ・バーカウンター
新しいフライングBのデザインが彫られた氷細工
取材者らに提供されたスイーツ
1957年にデビューした「コンチネンタル・フライングスパー」も展示

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

最新「フライングスパー」中古車情報
本日の在庫数 31台
平均価格 1,213万円
本体価格 658~1,980万円
フライングスパーの中古車一覧へ
すべての画像を見る (61枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!