MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ベントレー > コンチネンタル > 史上最強のベントレー コンチネンタル スーパースポーツとは?価格やコンバーチブルも
コンチネンタル

更新

史上最強のベントレー コンチネンタル スーパースポーツとは?価格やコンバーチブルも

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツとは?

2017年3月に世界初公開されたコンチネンタル スーパースポーツ

2017年1月6日、ベントレーは同社のプロダクションモデル史上最強のスーパーカーとなる「コンチネンタル スーパースポーツ」を発表しました。
2017年3月7日から開催のジュネーブ国際モーターショーにて、その姿は正式にお披露目されました。

コンチネンタル スーパースポーツは2017年4月から随時デリバリーが行われているとのことですが、限定モデルのため公式サイトにはすでに掲載はされていません。

本記事ではコンチネンタル スーパースポーツの性能、価格などに迫り、「ベントレー史上最強」と呼ばれる真の姿をご紹介します。

【自動車の歴史】ベントレーの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ベントレーの現行モデルって全部で何車種?全て一覧で価格と燃費までご紹介!

ベントレーを所有する芸能人・有名人まとめ!【芸能人の愛車】

史上最強のベントレー コンチネンタル スーパースポーツとは

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツ 2017年式

コンチネンタル スーパースポーツは、かねてより新型コンチネンタルGTと予測されていたモデルでした。
しかし、コンチネンタル スーパースポーツに「GT」の名はついておらず、現行のコンチネンタルGT/コンチネンタル GT コンバーチブルとは明確に差別化されていることがわかります。

当時ヴェールを脱いだコンチネンタル スーパースポーツは、コンチネンタルGTのモデルの1つどころか、710ps、0-100km/hが3.5秒、最高速度336km/hというベントレー史上最強の車でした。

立ち位置としてはプレミアムモデルのコンチネンタル スーパースポーツは、2017年1月からオーダーを受付し、4月からデリバリーを開始しています。
明らかにはされていないものの、台数を限定しての受注生産と鳴るため、かなりのコレクターズ・アイテムとなりそうです。

【ベントレー新型コンチネンタルGTクーペ最新情報】2019年9月発売予定!価格やスペックは?

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツの外装(エクステリア)デザイン

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツ 2017年式

フロント、サイド、リアに専用のエアロパーツが装着されています。
目を引くのはリアスポイラーですが、ボンネットもコンチネンタルGTとは異なるデザインが採用され、全体的によりレーシーな雰囲気です。

2ドア4シーターの規格は、2シータースポーツカーとは一線を画したラグジュアリースポーツカーであることを示しています。

ブレーキはカーボンセラミックディスク、ホイールは21インチを装着します。

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツの内装(インテリア)デザイン

ベントレー コンチネンタル・スーパースポーツ 内装
ベントレー コンチネンタル・スーパースポーツ 内装
ベントレー コンチネンタル・スーパースポーツ 内装

内装は黒をベースに白と赤がワンポイントで使用されています。
ダイヤモンドステッチ、ダイアモンド柄パネルが採用され、ベントレーのラグジュアリー感が一層増しています。

他にもアルカンターラやカーボンファイバー素材が随所に用いられ、スーパーカーであることをより強調しています。

さらに、ベントレーのビスポーク部門・マリナーに特別仕様車をオーダーすることも可能だそうです。

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツのパワートレイン

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツ

今回発表された新型コンチネンタル スーパースポーツは同社史上、最高・最強になっています。

W12エンジンはコンチネンタル・スーパースポーツ用に再設計され、ターボシステムやエンジンハードウェアも一新されています。

最高出力710PS、最大トルク103.7kgm・fを発生するW型12気筒エンジンによって、コンチネンタル・スーパースポーツは0-100km/h加速3.4秒、最高速度336km/hという性能を発揮します。

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツの新車価格やグレード構成

価格 お金 費用 税金 維持費

このコンチネンタル・スーパースポーツは2017年4月から納車が開始される予定で、すでにオーダーを受け付けているようです。

価格はクーペが約3,050万円、コンバーチブルが3,350万円とされています。
販売台数の限りに関しては発表されていませんが、おそらく少数生産の特別なモデルになると思われます。

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツも同時発売!

コンチネンタル スーパースポーツ コンバーチブル
コンチネンタル スーパースポーツ コンバーチブル

合わせてベントレー コンチネンタル スーパースポーツ コンバーチブルも同時に発表されました。

オープンモデルであるベントレー コンチネンタル スーパースポーツ コンバーチブルも同様に圧倒的なパフォーマンスを発揮します。
クーペモデルよりは若干ダウンしますが、それでも0-100km/h加速が3.9秒、最高速度は330km/hと、4シーター・オープンカーとして世界最速のモデルです。

ちなみに、ベントレーはオープンモデルのルーフに必ずソフトトップを採用しています。
その理由には、屋根付きガレージを持っている金銭的余裕のある者のみが所有を許される、という特別感を与えるためや、雨がルーフに当たった際の音がソフトになるからというイギリス独特の風土に由来するものなど諸説あるようです。

オープンカーについてもっと知りたい方はこちら

オープンカーの呼び方と意味の違いを解説!カブリオレ,コンバーチブル,ロードスター,スパイダーとは?

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツはプレミアムな存在感

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツ

ラグジュアリーとスポーツの療法を追求しているベントレーにとっても、ベントレー コンチネンタル スーパースポーツはまさにプレミアムなモデル。

2014年に限定発売されたGT3-Rが好評だったこともあり、今後もハイパフォーマンスの限定モデルの発表にも注目したいですね。

日本の道路でベントレー コンチネンタル スーパースポーツを見かけることができたら、かなりラッキーかもしれません!

ベントレーの最新情報についての記事はこちら

ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル 新型へフルモデルチェンジし日本には2019年春導入!

【ベントレー新型コンチネンタルGTクーペ最新情報】2019年9月発売予定!価格やスペックは?

新型ベントレー・フライングスパーW12 S発表!4ドアサルーン最強の時速325km/h

ベントレー新型車名はバーナート(Barnato)!名門スポーツカー・クーペ誕生へ!

ベントレー新型SUVベンテイガ(Bentayga)性能・内装・価格が最強!PHVやミュリナーも

この記事の執筆者
MOBY編集部