MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アウディ > Q5 > アウディ「Q5 スポーツバック」新型SUVクーペ開発車両がニュルを走る【最新スクープ】
Q5

更新

アウディ「Q5 スポーツバック」新型SUVクーペ開発車両がニュルを走る【最新スクープ】

ドイツの高級車メーカー、アウディのアッパーミドルクラス・SUV「Q5」に新たにクーペSUV「Q5 スポーツバック」がラインナップに加わるようです。プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

市販型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始!

新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット フロント
ドイツのニュルブルクリンクでスパイショットされた、新型アウディ「Q5 スポーツバック」。

スパイショットされたプロトタイプは、カモフラージュが厚く、デザイン詳細がわかりませんが、フロントでは、「Q5」と同じシングルフレームグリルが採用されています。

新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット フロントサイド
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット ボディサイド

ルーフ、リアウィンドウ、リアクォーターパネルは新設計されており、「Q5」と比較すると、アグレッシブに湾曲したリアデザインとなっています。

新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット リアサイド

テールゲートのデザインも「Q5」と共有するようです。

新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット インテリア

インテリアは、「Q5」と同じ10.1インチの独立型「MMIタッチディスプレイ」を採用したインフォテインメントシステムを装備するようです。捉えられたプロトタイプのキャビン内の画像では、アナログメーターとディスプレイが確認できますが、市販型では全面ディスプレイとなる、バーチャルコックピットの採用は確実となっているとのことです。また、「Android Auto」「Apple Carplay」も標準装備されるとのことです。

パワートレイン

「Q5 スポーツバック」のパワートレインは、最高出力261PS、最大トルク370PSを発生する直列4気筒2.0Lディーゼルターボと、同ガソリンターボ・マイルドハイブリッド、V型6気筒3.0Lガソリンを搭載したハイパフォーマンスモデル「SQ5 スポーツバック」が設定される可能性があるとのことです。

発表時期

アウディ「Q5 スポーツバック」のワールドプレミアは、2020年内の予想となっています。

デビューすれば、ライバルは「メルセデス・ベンツ GLCクーペ」、「BMW X4」などとなります。

なお、「Q5 スポーツバック」は、中国を覗いたすべて市場に向けて、アウディのメキシコ向上で他のモデルと一緒に生産される可能性があるとのことです。

アウディ Q5とは?

日本市場で発売中の2代目アウディ Q5
フロントサイド
日本市場で発売中の2代目アウディ Q5。改良新型の導入はまだ。

Q5は、Q7に次いでアウディで2番目にデビューしたクロスオーバーSUV。2008年に欧州市場で発売、日本市場へは2009年から導入されています。アウディ A4と同じく、フォルクスワーゲングループのMLBプラットフォームを流用した縦置きFFベースの四輪駆動車となっています。

2代目は2016年のパリモーターショーでワールドプレミア、2017年から日本市場へ導入され現時点でも販売されています。2020年6月に欧州市場でマイナーチェンジを受けています。

ライバル車は、メルセデス・ベンツ GLC、BMW X5などとなります。

アウディ Q5現行モデルの新車車両価格は、649万円から727万円となっています。

※アウディからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

これまでのスクープ【 2020年8月30日更新】

クーペSUV「Q5 スポーツバック」専用のデザインが随所に

新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット フロント
厳重なカモフラージュが施された、アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ。
改良新型Q5と比較すると、ヘッドライトのデザインは同じだが、八角形のオクタゴン・シングルフレームグリルパターンとバンパーがスポーツバック専用デザインになっている様子である。バンパーにはエアアウトレットを備えてQ5よりスポーティーになっている。
新型アウディ Q5
2020年6月に欧州市場でデビューした新型アウディ Q5。日本導入はまだ。
(画像:アウディ ドイツ 広報)
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット サイド
Bピラーより後ろはアーチ型のルーフになっているクーペSUV。Q5に比較すると、後席の頭周りはタイトになり、荷室容量も減少し実用性は劣るが、スタイリッシュなデザインのための犠牲となり、それがQ5スポーツバックの魅力となる模様。
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット リア
リアエンドでは、直線的なデザインのLEDリアコンビネーションランプに変更され、リアバンパーにはフロント同様エアアウトレットが追加、エキゾーストパイプに黒いトリムを追加してQ5と差別化、スポーティーさが強調されている。
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット インテリア
インテリアでは、Q5同様に独立したインフォテインメントシステム・MMIタッチディスプレイを採用とのこと。スパイショットされたプロトタイプのメータークラスターはアナログメーターとディスプレイの組み合わせとなっているが、市販型では全面ディスプレイのバーチャルコックピットが採用、Apple CarPlay、Android Autoが標準装備されることが確実とのこと。

パワートレイン

パワートレインは、最高出力261ps、最大トルク370N・mを発生する直列4気筒2.0Lディーゼルターボとガソリンターボが採用される可能性があるとのことです。(改良新型アウディ Q5は最高出力290ps、最大トルク400N・mを発生する直列4気筒2.0Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッド

また、ハイパフォーマンス派生モデル「SQ5 スポーツバック」も設定される可能性があるとのことで、そのパワートレインはV型6気筒ガソリンターボが搭載されるようです。

発表時期

アウディ Q5スポーツバックのデビューは2020年内の予想とのことです。

これまでのスクープ【 2020年7月12日更新】

ライバルはメルセデス・ベンツ GLC、BMW X4

新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット
フロント
厳重なカモフラージュだが、前から見てもリアがなだらかに傾斜しているクーペSUVであることがはっきりとわかる。
ヘッドライトは現在開発中の改良新型Q5と同じ、ストレーキ(金属のフィン)があしらわれたデザインをプロトタイプにも採用している。また、フロントグリルはワイドなメッシュグリルが特徴的。
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
アウディ車には5ドアクーペ、5ドアハッチバックに「スポーツバック」という名称がつけられる。Q5では初のスポーツバックモデルとなる。
アウディは今後、すべてのSUVにスポーツバックを採用することを公式発表している。
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット
リア
アウディはQ5 スポーツバックを、メルセデス・ベンツ GLCクーペBMW X4に対抗するモデルとして投入する模様。
新型アウディ Q5 スポーツバック プロトタイプ スパイショット
インテリア
インテリアでは、10.1インチのダッシュマウント型ディスプレイを採用している。インフォテインメントシステムは最新バージョンの「MMI」の模様。

パワートレイン

エンジンは他のアウディ車にも採用されている、直列4気筒2.0Lのガソリンターボディーゼルターボ、最高出力300psを発生するV6・3.0Lガソリン+電気モーターの「50 TFSI e」、同じく362psの「55 TFSI e」などがラインナップされるだろうとのことです。

発表時期

新型アウディ Q5 スポーツバックは2020年内のワールドプレミアとの予想となっています。改良新型Q5と同時に新型スポーツバックも発表されるとの見方もあります。

すべての画像を見る (16枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!