MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アウディ > Q2 > 改良新型アウディ Q2 欧州デビュー!フロントマスクなどデザイン変更、先進装備多数追加など
Q2

更新

改良新型アウディ Q2 欧州デビュー!フロントマスクなどデザイン変更、先進装備多数追加など

アウディ(ドイツ)は2020年9月2日、コンパクトSUV「Q2」をモデルチェンジしたことを発表。

アウディ Q2は、2016年にデビュー。アウディのSUVラインナップではエントリークラスとなるコンパクトSUVで、デビュー以来好調なセールスとなっており同社は「大きな成功を収めた」と伝えている。

エクステリアデザイン

改良新型 アウディ Q2
フロント
フロントバンパーは、大きな五角形が組み込まれたディフューザーインサートを一体化。ヘッドライト下の表面処理がより印象的なものに変わった。
八角形のシングルフレームの位置はわずかに下がり、フロントセクションの幅の広さが強調された。

改良新型Q2はLEDヘッドライトを標準装備。オプションでヘッドライトモジュールに取り付けられた7個のLEDで、インテリジェント制御されたハイビームを生成する、マトリクスLEDヘッドライトを設定。

デイタイムランニングライトは、ひし形の光学パーツの背後に設置された10個の発光ダイオードと7個のLEDがダイナミックインジケーターを組み合わせている。

改良新型 アウディ Q2
フロントサイド
エアインテークも多角形のモチーフを採用。
「advance」と「S line」には、ラジエーターグリルとボンネットの間に、アウディのアイコン「Audi Sport quattro」をイメージした細長いスリットを設けている。
改良新型 アウディ Q2
リアサイド
フロントとショルダーラインの特徴となっている多角形のモチーフを、リアエンドにも適用。
リアライトは、マトリクスLEDヘッドライトを選択した場合、リアにダイナミックインジケーターも標準装備される。

ボディカラーはアウディ初採用となるアップルグリーンを新色に加え、マンハッタングレー、ナバラブルー、アローグレー、ターボブルーという5色を追加。

また、新色はピラーに設置されたブレードに、装備ラインに応じて、ボディ同色、ブラック、グレー、シルバーのいずれかを塗装、ボディ下部のアタッチメントは、3つのバージョンから選択可能に。そのカラーは、ベーシックバージョンでピテッドブラック、advancedではマンハッタン グレー、S lineではボディ同色を設定している。

改良新型の前のアウディ Q2
改良新型の前のアウディ Q2

「Audi connect」先進のコネクト技術、インフォテインメントを装備

改良新型 アウディ Q2
インパネ
センターコンソールにロータリープッシュボタン(MMIタッチ)を設置。日常会話に対応したボイスコントロールも実装。Bang&Olufsenプレミアムサウンドシステムを装備し、出力705Wの14スピーカーの仕様。
改良新型 アウディ Q2
インフォテインメントシステム
MMIナビゲーションプラスには、搭載する高速データ通信用のLTEモジュールは、スマートフォンを接続することでWi-Fiホットスポットとしても機能するほか、オンライン交通情報を含むAudi connectサービスも受けることができる。また、「Audi connectエマージェンシーコール&サービス」と「Audi connectリモート&コントロール」サービスを新設定。ユーザーは無料の「myAudi」アプリをスマートフォンにインストールし、リモートで車両をロックしたり、燃料の残量や走行可能距離を確認できるようになる。

パワートレイン・足回り

改良新型 アウディ Q2
ボディサイズ
ボディカラーは「アロー グレー」

ガソリンエンジンは最高出力150PS、最大トルク250N・mの1.5L「TFSI」で気筒休止システムを持ち、約18〜20km/Lの低燃費(WLTCモード)の低燃費仕様。改良新型Q2は当初、このガソリンエンジンのみで発売され、別のガソリンエンジン、ディーゼルエンジンは年末までに追加するとのこと。

ステアリング操舵角が増加するにつれて、よりダイレクトなギアレシオに変化する「プログレッシブステアリング」を標準装備、車庫入れやワイディングロードの走行時に、ハンドリングとダイナミクスが向上するとのこと。

また、オプションで、車高を10mm下げることができるスポーツサスペンションを設定。さらに、ダンパーコントロール付きサスペンションのオプションは「アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステムを含めた仕様とした。

新型Q2の地上最低高は約150mmで、ESCスタビリゼーションコントロールにはオフロードモードを追加し悪路走行性を高めたとのこと。

改良新型 アウディ Q2
インテリア

日本での発売時期と価格

2021年前半に日本市場導入予定、国内販売価格は未定との発表。なお、ドイツでの価格は約2万5,000ユーロ(約314万円。本記事公開日時点の為替レート)からと設定されている。

最新「Q2」中古車情報
本日の在庫数 201台
平均価格 292万円
本体価格 170~449万円
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事