MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アウディ > e-tron > アウディe-tronGTコンセプトは2020年に市販化へ!フルEVスポーツカーでは最強スペックに
e-tron

更新

アウディe-tronGTコンセプトは2020年に市販化へ!フルEVスポーツカーでは最強スペックに

アウディ e-tron GT コンセプト最新情報

【2018年12月】アウディ e-tron GT コンセプトが「アベンジャーズ4」に起用

アウディ e-tron GT コンセプト

アウディはロサンゼルスモーターショー2018にて発表したEVスポーツカーである「e-tron GT コンセプト」が2019年5月に公開予定の映画「アベンジャーズ4」に登場予定であると発表しました。

アベンジャーズシリーズを通して車両提供を行なってきたアウディ。最新作に最新コンセプトカーが起用されるとのことで多くの注目が集まっています。

アウディ新型EVコンセプト「e-tron GT」を発表

アウディ 新型e-tron GT コンセプト

アウディ e-tron GT コンセプト

アウディは2018年11月28日から開催された「ロサンゼルス モーターショー2018」にて、4ドアクーペスタイルのEV電気自動車)「アウディ e-tron GT コンセプト」を発表しました。

この新型e-tron GT コンセプトはポルシェ社との共同にて開発されており、ポルシェ タイカン(ミッションEの市販モデル)と同じテクノロジーを採用しています。

ポルシェ初ピュアEV新型は「タイカン」に!ミッションEの市販型の日本発売日は2020年でスペックと価格は?

アウディのEV「e-tron」シリーズの第3弾モデル

アウディ 新型e-tron GT コンセプト

アウディ e-tron GT コンセプト

新型e-tron GT コンセプトはアウディのEV「e-tronシリーズ」の第3弾となるモデルです。

e-tronには2018年9月に発表され2019年の発売に向けてすでに生産を開始している「アウディ e-tron SUV」、2019年に生産開始を予定している「アウディ e-tron スポーツバック」の2台があり、今回の新型e-tron GT コンセプトは「e-tronシリーズ」3番目のモデルです。

アウディは2025年までに複数のセグメントにて「12モデル」のEVをラインナップし、アウディが販売する車全体の約30%がEV化される計画をかかげています。

アウディ新型e-tron (eトロン)シリーズまとめ|SUV,スポーツバック,EVスポーツのスペックや発売日まで

e-tron GTコンセプトのエクステリアは現行車にない新しいライン

アウディ 新型e-tron GT コンセプト

アウディ e-tron GT コンセプト

アウディ 新型e-tron GT コンセプト

アウディ e-tron GT コンセプト

アウディ 新型e-tron GT コンセプト

アウディ e-tron GT コンセプト
全長全幅全高
4,9601,9601,380
ホイールベース車両重量乗車定員
2,900
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型e-tron GT コンセプトのエクステリアは「フラット」「ワイド」「長いホイールベース」が特徴で、一目でアウディとわかるDNAを受け継いでいるデザインで、現行車にはない新しいラインが新鮮で現行車との違いを漂わせています。

新型e-tron GT コンセプトのフロントからリヤエンドまで流れるような美しいラインとは対照的な、前後フェンダーが張り出した立体的なデザインがアウディの新しいデザイン コンセプトを表しているようです。

e-tron GTコンセプトの近未来的なインテリアデザイン

アウディ 新型e-tron GT コンセプトのインテリア

アウディ e-tron GT コンセプト

新型e-tron GT コンセプトのインテリアは、すぐにでも市販車として通用するレベルのデザインで、コンセプトカーとは思えないほど高い実用性が見てとれ機能的にもまとまっているといえるでしょう。

ドライバーを囲むようにデザインされている「ドアレール」「インストルメントパネル」と、「センターコンソール」は人間工学にもとづいて最適化されており、無理なく自然に操作ができるように配置しています。

最新のフルデジタルコクピットはインストルメントパネルとセンターコンソールのタッチパネルにて構成され、メーターは好みによってアナログ表示に変更したり、航続距離とともにナビゲーション マップを拡大するなど、さまざまなレイアウトに選択することが可能です。

e-tron GTコンセプトはスーパーカー並みのパワーを実現!

アウディ 新型e-tron GT コンセプトのEVパワートレイン

アウディ e-tron GT コンセプト
最高出力434[590]
駆動方式4WD
最高速度240km/h(リミッター作動)
蓄電容量90kWh 以上(リチウムイオンバッテリー)
0-100km/h加速約3.5秒
航続距離400km 以上
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm

新型e-tron GT コンセプトのEVパワートレインは、前後輪用のモーターを合わせて最大出力590PSを発生し、トルクベクタリング付きの電子制御による4WDシステムによって走行状況に応じ、左右の車輪 / 前後アクスルの駆動トルクを調整することができます。

航続距離は蓄電容量が90kWh以上のリチウムイオンバッテリーより、新燃費基準のWLTPモードにて最大400kmを走行することが可能で、回生システムによって最大30%の航続距離を伸ばすことが可能になっています。

新型e-tron GT コンセプトには「800ボルトシステム」が装備されており、約20分でバッテリー容量80%が充電でき320km以上の航続が可能で、充電には「アウディワイヤレスチャージング」による非接触充電を行うことも可能です。

e-tron GT コンセプト市販モデルの価格や発売日は?

アウディ e-tron GT コンセプトのLEDヘッドライト

アウディ e-tron GT コンセプト

e-tron GT コンセプトは2021年はじめに市販化を予定していることが公式発表されています。価格については何も情報がありませんが、コンセプトカーの内外装、スペックから想像するにアウディR8の2400万円~、セダンのテスラ モデルS P100D(最高出力611PS)の1,700万円~を考慮すると、2,000万円前後からとなるでしょう。

現在販売中ないしは発売が公表されたフルEVスポーツカーに限れば、e-tron GTの590PSは最強スペックといえます。

アウディに関する最新情報はこちら

【アウディ】新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018-2019年最新版

アウディ次期型TTは2ドアから4ドアクーペに?エコなスポーツサルーンへ転身か

EV車に関する最新情報はこちら

【BMW 新型 i4 最新情報】新型EVの最大航続距離は700km!

メルセデス・ベンツ新型EQC日本発売へ!7月18日からWeb商談予約開始

アストンマーチン初のEV「ラピードE」開発中!脅威の性能・価格と発売日を予想

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
宮代ツトム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!