MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アウディ > A5 > 新型アウディA5/S5スポーツバックがフルモデルチェンジ!FWDモデルも登場で性能・燃費・価格など
A5

更新

新型アウディA5/S5スポーツバックがフルモデルチェンジ!FWDモデルも登場で性能・燃費・価格など

旧型モデルのA5とS5スポーツバックとの違い

新型S5のエクステリア

アウディ S5 スポーツバック 2016年型-

外見的な違い

新型の外見で最も特徴的な部分はボンネットに走る4本のラインです。
また、先代モデルで特徴的だったサイドを走るラインもより陰影を深め、印象を強調しています。

口の大きな逆6角形型のシングルフレームグリルはアウディのアイコンとして今作でも健在。
フロントライトはよりシャープになりました。

優れた空気抵抗値

空気抵抗係数を表すCd値は0.25を達成しており、新型アウディA5・S5の一つの売りとなっています。Cd(Constant Drag)値は空気の抵抗がどれだけ少ないかを示す値で、数値が小さいほど空気抵抗が少ない事を意味しています。

一般的な車は0.3~0.35が平均的な値なので、いかにアウディの空気抵抗が優れているかわかります。
0.25という値は市販車の中でもトップクラスで、トヨタの現行プリウスが0.25を示しています。

空気抵抗の少なさは車の高速での安定性能や、燃費性能に影響します。

エンジン性能の違い

Audi e-gas、天然ガス、ガソリンのいずれを燃料としても走れる「g-tronモデル」を新たに設定しました。
新型A5はガソリンエンジンとディーゼルエンジンがラインナップされる他、Audi e-gas、天然ガス、ガソリンを燃料として使うことができる「g-tronモデル」も発表されるとのことです。

ガソリンエンジンは、
2.0L直列4気筒(TFSI)

ディーゼルエンジンは、
2.0L直列4気筒(TDI)
3.0LV型6気筒(TDI)
が、それぞれ用意されるようです。

現行モデルと比較して、パワートレインの選択の幅が広がっているようです。

新型S5は3.0LのV型6気筒ターボエンジン「TFSI」を搭載し、最高出力354HP(358PS)、最大トルクは51kgm(500Nm)のハイパワーを誇ります。
最高速度は時速250kmで、0から100km/hに到達するまでおよそ4.7秒との事です。
現行モデルよりも速度性能、加速性能、燃費性能ともに向上しています。

新型アウディA5のインテリア

アウディ A5 内装 スポーツバック 2016年型-
アウディ A5 内装 スポーツバック 2016年型-
アウディ S5 スポーツバック 内装 2016年型
アウディ S5 スポーツバック 内装 2016年型

新型アウディS5スポーツバッグのインテリア

アウディ S5 スポーツバック 内装 2017年型
アウディ S5 スポーツバック 内装 2017年型

内装面では、ドライバーが選択した情報を12.3インチの大画面で表示するヴァーチャルコックピットを装備。
最近発売されたA4に搭載されているマトリクスLEDヘッドライトや3Dアドバンストサウンドシステムなども搭載が予想されます。

また、8.3インチ高解像度カラーディスプレイのアウディMMI(マルチメディアインターフェース)も装備されます。
これはアウディのインフォテインメントシステム(娯楽&情報機能)で、ナビゲーション機能、ハンズフリー通話、スマホ連動機能、地デジTV、音楽機能、周辺状況の検索などが集約されています。
また、wi-fi接続によりネットと接続する事も可能になっています。
さらに、アウディA4と同じくappleのcarplayや、googleのandroid autoにも対応が予想されます。

荷室の広さはVDA計測法で480Lとの事。
クーペモデルはおよそ465Lと言われていますので、さすがにスポーツバックモデルは荷室も広めに取られています。

新型アウディのボディサイズ

新型のボディサイズは全長4,733mm、全幅1,843mm、全高1,386mm、ホイールベース2,824mmになります。
初代(全長4,711mm、全幅1,854mm、全高1,391mm、ホイールベース2,810mm)に比べ全長が22mm長く、車幅が11mmスリムで、車高は5mm低くなり、ホイールベースは14mm延ばされています。

新型アウディA5/S5スポーツバックは走りと実用性を融合

フルモデルチェンジして、いよいよ発売が開始されたアウディA5/S5スポーツバック。
2010年初頭から販売が始まった日本では、アウディ A5シリーズの顧客の過半数以上が、このスポーツバッグを選んでいます。
外装や内装の美しさや機能性、そして快適性が評判を呼んでいたので今回のフルモデルチェンジでの発売はとても楽しみですね。

7月に新たに投入された、エコカー減税対象車であるFWDモデルにも注目です。

新型アウディに関連するおすすめ記事!

ドイツ車の新型車が気になる方はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事