MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アルピーヌ > A110 > 「アトリエ アルピーヌ」全29色のボディカラー!組み合わせ自由のオーダースタート【取材レポ動画】
A110

更新

「アトリエ アルピーヌ」全29色のボディカラー!組み合わせ自由のオーダースタート【取材レポ動画】

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

フランスのスポーツカーブランド、アルピーヌ。1960−70年代の名車「A110」が2017年に復活して早3年。これまで3色が基本だったボディカラーラインナップを、受注生産方式に切り替えて全29色のボディカラーを主軸に、内装カラー、ブレーキキャリパーなどのカラーバリエーションを豊富に揃え、その組み合わせは4万通りを超えるものとした「アトリエ アルピーヌ」が日本においてもスタートしました。

アルピーヌ・ジャポンはプレス向けの撮影会を開催。筆者が取材してきましたので、そのレポートを動画でお届けします。

取材では、アルピーヌ・ジャポンの広報担当者にあれこれ訊きまくってきました。それでは、下記のYouTube動画をご覧ください。

アトリエ アルピーヌとは?

「アトリエ アルピーヌ」は全29色のボディカラー、3種類のインテリアデザイン、3色のホイール、4色のブレーキキャリパーからそれぞれ一つ選んでオーダーできるプログラム。一部グレードにより選択可否はあるものの、これだけのラインナップがあれば、オーナーの自分好みの1台に仕上がること間違いなし。

デザイン上だけの選択肢が多彩なプログラムだけではなく、通常オプションも拡張。ハンドル位置も左右いずれも選択可能に(これまでは、右ハンドル仕様のみ。一部限定車で左ハンドル車が販売された)なったのも特筆すべき点。

アルピーヌ・ジャポンの広報担当者の話では、先代A110では、ルノーが持っていたボディカラーであれば、なんでもオーナーの好きな色でオーダーができていたそう。このオーダープログラムも現在に復活させたとのことで、アルピーヌにとっては、非常に“攻めた”販売方法に舵を切ったとのことでした。

 アルピーヌ A110 3台

日本導入時期と価格

「アトリエ アルピーヌ」の日本導入は2020年11月5日から。車両本体価格は次のとおり。

グレード税込価格/円
ピュア788万
リネージ835.2万
A110 S850万

アトリエ アルピーヌに設定されたボディカラーは、614,000円となっています。

詳しくは、アルピーヌ・ジャポン公式HPにて。

※MOBYへのご感想、ご意見、ご要望がございましたら、お気軽にこちらのフォームから送信してください。(無記名式、メールアドレス等情報収集なし)

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!