MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アルピナ > 新型アルピナ「B8 グランクーペ」市販型プロトタイプをスクープ!
アルピナ

更新

新型アルピナ「B8 グランクーペ」市販型プロトタイプをスクープ!

ドイツの高級車メーカー、BMWをベースにするチューニングメーカー「アルピナ」が、BMW 8シリーズ・グランクーペをベースにした「B8 グランクーペ」がデビューするようです。プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

アルピナ B8グランクーペ新型のスクープは今回が初となります。

市販型ボディの新型 B8グランクーペ プロトタイプをスクープ

新型 アルピナ B8 グランクーペ プロトタイプ スパイショット フロント
新型アルピナ B8 グランクーペの市販型プロトタイプは今回が初目撃とのこと。それまではテストミュール車両だったよう。

捉えられたプロトタイプは、フロントバンパーとリアバンパーが調整されており、ベースモデルの「BMW 8シリーズ グランクーペ M850i」に比べるとアグレッシヴなディフューザーを備えています。

BMW 8シリーズ グランクーペ「M850i」
BMW 8シリーズ グランクーペ「M850i」
(画像:BMWジャパン 広報)
新型 アルピナ B8 グランクーペ プロトタイプ スパイショット フロントサイド

フロントバンパーのコーナーエアインテークにはエアスプリッターが装着されています。

新型 アルピナ B8 グランクーペ プロトタイプ スパイショット リアサイド

アルミホイールは、アルピナを象徴する20本スポークとなっています。また、アルピナ独自のサスペンションシステム、ブレーキシステムが装備され、インテリアではアルピナ専用のトリムなどが装備されることは間違いないとのことです。

新型 アルピナ B8 グランクーペ プロトタイプ スパイショット リア

リアエンドでは、アルピナ専用の4本出しエキゾーストパイプが備えられ、BMWのロゴはフロントともにアルピナのものへ替えられ、「xDrive」、「M850」のバッジは取り外しされることになるとのことです。

パワートレイン

ベースとなる「BMW 8シリーズ グランクーペ M850i」のパワートレインは、最高出力530HP、最大トルク750N・mを発生するV型8気筒4.4Lツインターボエンジンを搭載していますが、アルピナ B8 グランクーペ では、スーパーカー並の最高出力621HP以上、最大トルク800N・mとなる模様です。

発表時期

アルピナ B8 グランクーペの発表時期は、2021年前半と予想されています。

アルピナ B8 とは?

アルピナ B7 現行モデル
アルピナ B7 現行モデル。現在「B8」はラインナップされていない。

「アルピナ B8」は1995年から1998年に、当時BMWでは最もコンパクトなエントリーモデルだった3シリーズをベースに、上位の5シリーズに搭載されていたV8・4.0Lないしは4.6Lをチューニングして搭載したハイパフォーマンスモデルとなります。

現在のアルピナの車名命名規則からすると、現在モデル「B3」「D3」のベースが「BMW 3シリーズ」、「B7」が「7シリーズ」をベースにしていることから、8シリーズベースは「B8」になることは妥当となります。

※2020年に発売が予想される新型車をカレンダー形式でこちらにまとめています。続けてご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!