MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アルファロメオ > 【アルファロメオの歴史と名車】2020年で創業110周年
アルファロメオ

更新

【アルファロメオの歴史と名車】2020年で創業110周年

2020年に創業110周年。老舗メーカー「アルファロメオ」

ミラノ・アレーゼのアルファロメオ歴史博物館
アルファロメオ 歴史博物館

1910年、イタリア・トリノで誕生したアルファロメオは、2020年に創業110周年を迎える老舗カーメーカー。アニバーサリー・イヤーにあたり、その第一弾として創業年となる1910年製「アルファ24HP」がトリノ開催のアウトモトレトロに展示予定とのこと。様々なサプライズが続くであろう2020年に期待が高まります。

アルファロメオの社名とロゴマークにはどんな意味がある?

アルファロメオ ロゴ 1948年
Curt Smith  CC BY 2.0 https://www.flickr.com/

アルファロメオとは、ミラノがあるイタリア・ロンバルディア州に設立されたロンバルダ自動車製造株式会社「Anonima Lombarda Fabbrica Automobili(A.L.F.A)」が始まり。その後同社は技師でもあった二コラ・ロメオが経営権を取得。ALFAに自身の名を足したブランド「ALFA-ROMEO」モデルがレースに強く、認知されたためそのまま社名となりました。

現在のロゴ
アルファロメオ ロゴ 現在

アルファロメオのロゴマークには創業地であるミラノに由来するデザインで形作られているのが特徴的。左側に位置するのは赤十字で、ミラノの市章「聖ジョルジョの十字」を元とし、右側の人を飲み込む大蛇は、ミラノの由緒ある貴族「ヴィスコンティ家の紋章」を元としてデザインされています。

レースとともに歩んだ。メーカー「アルファロメオ」の特色

2019年 F1 上海グランプリ アルファロメオ レース走行
2019年 F1 上海グランプリ アルファロメオ レース走行

創業当初よりレースに意欲的に取り組むアルファロメオは、その後も製造モデルがレースに参戦・活躍することで名声を得、スポーツカー・メーカーとしての地位を確立してきました。そんな企業風土からは、のちにフェラーリを創設した「エンツォ・フェラーリ」も輩出。一時戦禍や経営難からレースを撤退することもありましたが、今でも上質なスポーティ・モデルを生産するメーカーであることに変わりはありません。

アルファロメオ 110年の歴史を振り返る

2020年に創業110周年を迎えるアルファロメオの歴史を振り返れば、数々のドラマを垣間見ることができます。

【1910年】A.L.F.A(アルファ)創業

A.L.F.A.社の24HP
A.L.F.A.社製 24HP

イタリア・ミラノのロンバルディア州にロンバルダ自動車製造株式会社(略称:A.L.F.A.)が設立され、設立当初から高性能モデル「24HP」で、レース参戦を果たします。

【1920年】二コラ・ロメオが経営権取得。アルファロメオ誕生

RL タルガ・フローリオ
1923年製 RL タルガ・フローリオ

技師兼実業家である二コラ・ロメオがA.L.F.A.の経営権を取得し、新ブランド「アルファロメオ」が誕生。1923年には深紅の「RL」がレースで断トツの強さを誇り、RLが初めて付けた四つ葉の「クアドリフォリオ」は、今でも同社のシンボルとなっています。

【1948年】戦禍・経営難から量産メーカーに。ジュリエッタが登場

1950年にデビューした「1900」

世界恐慌や大戦の戦禍に陥ったアルファロメオは、経営方針を転換。高級スポーツカー・メーカーから量産化メーカーへと変貌を遂げます。1950年にデビューしたのがミドルサイズのセダン「1900」で量産メーカーであることを確固としました。その後の1954年、ライトウェイトの名車「ジュリエッタ」が登場。1962年には満を持して「ジュリア」が登場しました。

【1986年】フィアットそしてFCAへ。アルファロメオ新時代への挑戦

156

1986年、アルファロメオは紆余曲折を経ながらフィアット傘下となり、1997年にはヒットモデル「156」が誕生。現在はスポーティモデルの枠を広げ、SUV「ステルヴィオ」など新時代へ挑戦を続けています

アルファロメオの歴史を彩った名車たち

RL

1923年製 RL タルガ・フローリオ フロント
1923年製 RL タルガ・フローリオ

アルファロメオ創設期の名車「RL」。数々のレースを歴戦し、タルガ・フローリオでの優勝は特に有名。レースマシンには四つ葉「クアドリフォリオ」が初採用されました。

ジュリエッタ

ジュリエッタ・スパイダー(1955年)

1954年に誕生した第一世代のジュリエッタはライトウェイトの傑作。今でも第三世代がアルファロメオを代表するモデルとして、そのDNAをいかんなく発揮しています。

ジュリア

ジュリア TZ

ジュリエッタの後継車として誕生したジュリアは、スタイリングの妙と当時の先端技術を併せ持つ名車。バリエーションも豊富でTZやGTAはレースでも活躍。現行モデルが2代目にあたり、正統派スポーツセダンとして活躍中です。

最新「ジュリア」中古車情報
本日の在庫数 100台
平均価格 467万円
本体価格 184~1,120万円
ジュリアの中古車一覧へ

SZ/RZ

「コンコルソ・デレガンツァ2019」に出展されたSZ

SZ/RZは、架装の魔術師「ザガート」がデザインに携わり、その強烈な個性から「イル・モストロ(怪物)」の異名を持つ名車です。SZがクーペ、RZはオープンモデルとなり、90年代最後のFRとなりました。

【アルファロメオ SZ ザガート】怪物と呼ばれた稀少モデル

156

156

「唄うエンジン」と称されたアルファのツインスパークを搭載した156は、1997年のデビュー。なめらかなスタイリングと抜群のパフォーマンスで、今でも根強い人気を誇ります。

最新「アルファ156」中古車情報
本日の在庫数 60台
平均価格 81万円
本体価格 15~229万円
アルファ156の中古車一覧へ

4C/4C スパイダー

4C 4Cスパイダー フロント サイド
4C 4Cスパイダー

アルファロメオ初の量産MRとなった4Cは、1967年に誕生したティーポ 33/2 ストラダーレへのリスペクトを込めて、2013年に誕生したピュア・スポーツ。オープンとなる4C スパイダーとともに特別な存在です。

最新「4C」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 758万円
本体価格 648~865万円
4Cの中古車一覧へ
最新「4Cスパイダー」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 779万円
本体価格 718~880万円
4Cスパイダーの中古車一覧へ

ミト

ミト フロント サイド
ミト

ミラノとトリノから命名されたBセグメントのハッチバック「MiTo(ミト)」。俊敏な走りと見た目の可愛さから女性にも人気となりました。

最新「ミト」中古車情報
本日の在庫数 114台
平均価格 99万円
本体価格 29~258万円
ミトの中古車一覧へ

ステルヴィオ

アルファロメオ初のSUVとして誕生したステルヴィオは、世界最速を記録したジュリアのメカニズムを継承したハイパフォーマンスSUV。ステルヴィオ・クアドリフォリオもデビュー当時はドイツのニュルブルクリンクで世界最速記録を樹立。優れたデザイン性・豪華なインテリアと、どこにも死角がありません。

最新「ステルヴィオ」中古車情報
本日の在庫数 56台
平均価格 523万円
本体価格 400~756万円
ステルヴィオの中古車一覧へ

画像提供(特に明示がないもの):FCAジャパン

おすすめ関連記事

すべての画像を見る (16枚)

関連する記事

この記事の執筆者
石黒 真理

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード