MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アバルト > 124スパイダー > アバルト新型124スパイダー マイナーチェンジ発表!改良型のスペックや日本発売日は?
新型車・モデルチェンジ

更新

アバルト新型124スパイダー マイナーチェンジ発表!改良型のスペックや日本発売日は?

アバルト新型124スパイダーがマイナーチェンジへ!ティザーが公開

2018年8月31日、FCAはアバルト新型124スパイダーのティザーイメージを公開しました。動画では迫力あるサソリのエンジンサウンドを聴くことができます。

アバルト 124スパイダーは、フィアット 124スパイダーをアバルトが改良した高性能モデル。両124スパイダーはマツダ ロードスターをベース車両としたライトウエイトスポーツカーです。同車に改良が加えられたことで、アバルト124スパイダーにも2016年春のデビュー以来初の本格改良が施されることになります。

アバルト新型124スパイダーのマイナーチェンジによるデザインやスペック、日本発売日などについて解説します。

フィアット新型124スパイダーも改良型へ

フィアット新型124スパイダークラシカ

フィアット 124スパイダー 2019年

今回はフィアット/アバルト両ブランドの124スパイダーに改良が加えられます。

改良にあたり、フィアットからは「124スパイダークラシカ」「124スパイダールッソ」という2グレードが発表されました。公開された「クラシカ」は、レトロなレーシングストライプが入ったデザインとなっています。

アバルト新型124スパイダーはこれらのモデルよりもさらにパフォーマンス性を追求した、本格スポーツモデルです。

フィアット 124クーペ/スパイダー(前モデル)についてはこちら

新型フィアット124クーペも2017年に発売へ!もちろんマツダロードスターベース!

非公開: フィアット124スパイダー!マツダロードスターと性能比較&価格と発売日は?

赤をアクセントにした刺激的なデザイン

アバルト新型124スパイダー(フロント)

アバルト 124スパイダー 2019年

アバルト新型124スパイダー(リア)

アバルト 124スパイダー 2019年

アバルト新型124スパイダーの外装デザインは、随所に赤のカラーリングを取り入れた刺激的な仕様となっています。ミラーカバー、フロントリップ、フロントグリルのワンポイントに配された赤がアクセントになっていておしゃれです。

さらに、前後バンパーやリアスポイラーは専用デザインとなっており、エアロダイナミクス性能も高められています。

2018年6月に行われたマツダ ロードスター 改良の詳細はこちら

マツダ ロードスター/ロードスター RFマイナーチェンジ発表!変更点やエンジンスペックなど

アバルトが手がけた1,4Lターボエンジンと足回り

アバルト新型124スパイダーには、1,4L直列4気筒ガソリンターボ マルチエアエンジンが搭載されます。エンジンはアバルトのチューニングにより、フィアット新型124スパイダーよりも最大出力170HP(+30HP)、最大トルク25.5kgm(+1kgm)にまでパワーアップ。トランスミッションは、6速MTまたはATを採用し、0-100km/h加速6.8秒、最高速230km/hのパフォーマンスを実現します。

アバルトこだわりの足回りは、ビルシュタイン製ダンパーやブレンボ製ブレーキ、専用スタビライザーなどで強化。さらに「Record Monza」と呼ばれるエグゾーストシステムにより、痛快なサウンドを楽しむことが可能です。

フィアットとアバルトの関係についてはこちら

【自動車の歴史】フィアットの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

アバルト・フィアットの現行車種一覧|歴史・関係もご紹介!

アバルト新型124スパイダーの日本発売日は?

アバルト新型124スパイダー

アバルト 124スパイダー 2019年

アバルト新型124スパイダーの発売日はまだ不明です。日本発売日についても同様ですが、前モデルの日本導入時期から判断すると、海外から大きく遅れることはないと予想します。同時発売か、海外に1~6ヶ月遅れるかたちで発売される可能性が高いでしょう。

MOBYではアバルト新型124スパイダーの続報が入り次第、この記事でご紹介します。

おすすめのオープンカーについてはこちら

国産・外車オープンカーの安い中古車おすすめ人気ランキング【価格帯別/2018年最新版】

【軽自動車オープンカー一覧比較】おすすめ軽自動車オープンカー7選|4人乗りも

2018年の新型車情報はこちら

国産&外車全メーカー 新型車/新車情報!最新モデルチェンジカレンダー2018〜2019年

この記事の執筆者
MOBY編集部