MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > ドライブレコーダー > ドライブレコーダーは見た!ドラレコが捉えた衝撃的な交通事故の瞬間20選
ドライブレコーダー

更新

ドライブレコーダーは見た!ドラレコが捉えた衝撃的な交通事故の瞬間20選

予測不能の交通事故もドライブレコーダーは見逃さない

交通事故

交通事故はいくら自分が気を付けていても起きるときは起きてしまうものです。

そこで、今回は一般にも広く普及しつつあるドライブレコーダーの映像のまとめをご紹介していきます。衝撃的なものや理不尽なものも多いですが、この記事の動画を見ればドライブレコーダーが必要と感じる場面があるかもしれません。

種類別に分けて動画を掲載していますので、どのような事故が起きるのかを考えながら見てみてください。

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダー

走行中の映像や音声を記録する車載カメラです。

トラックやタクシー業界から徐々に普及し始め、現在は一般ドライバーにも広く普及しています。旅の記録としてはもちろんですが、交通事故の際の証拠として絶大な効果を発揮します。

ドライブレコーダーが捉えた車対車の事故

車線をはみ出した対向車と衝突

側溝に脱輪したまま暴走した勢いで車線を逸脱してしまった車が対向車に激突してしまいました。
かなり大幅に車線をはみ出しており、撮影側からすると回避は困難だったでしょう。

出会頭の事故

狭い通りを走る撮影側の車が、死角から出てきた相手の車の横腹に突っ込んでしまいます。
前方確認が足りなかったことが原因で、出会頭での事故となってしまいました。

よそ見をして前の車に追突

https://www.youtube.com/watch?v=kH_l2DYjoyE&feature=emb_title

よそ見運転のお手本のような動画です。
前方を見ていなかったのが明らかで、駐車を諦めて車道に戻ろうとしていた前の車に派手に衝突しています。

内回りによる事故

https://www.youtube.com/watch?v=LQtXgwwnvDA&feature=emb_title

0;05~
カーブの出口での正面衝突です。
対向の軽自動車が内回り寄りにカーブに侵入してきたため、撮影者側からは死角となっています。

しかし、油断していると起こり得る事故とも言えるので日頃から注意したいものですね。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!