MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > カーフィルム・スモークフィルムのDIYでの正しい貼り方や専門店の施工工賃まで解説
アイテム

更新

カーフィルム・スモークフィルムのDIYでの正しい貼り方や専門店の施工工賃まで解説

カーフィルムの貼り方

ウィンドウフィルム
©shutterstock.com / YAKOBCHUK VIACHESLAV

道具が揃ったら、いよいよカーフィルムの貼り付けです。カーフィルムの基本的な貼り方を、5つの項目に分けて解説します。

1から5までを順番に実践していけばカーフィルムはきれいに貼れるので、ぜひこの方法をお試しください。

①窓をきれいに拭く

まずはカーフィルムを貼り付ける窓を、徹底的にきれいに拭きます。パッと見た感じきれいな窓でも、小さな砂埃はついている可能性が非常に高いです。

砂埃やゴミが付着している窓にカーフィルムを貼ってしまうと、気泡の原因になり、きれいにカーフィルムを貼り付けることができません。窓をきれいにする作業は、カーフィルムを貼る直前に行うと良いでしょう。

②ガラスに接着スプレーを吹き付ける

接着スプレーを吹き付けるときは、たっぷりと吹き付けることがきれいに貼れるコツです。液垂れするので、車を養生シートなどでマスキングしてから作業することをおすすめします。

③フィルムのシートを剥がし糊がついている面にスプレーを吹き付ける

カーフィルムに付いている透明のシートを剥がすと糊面が出てくるので、法面に接着スプレーを吹き付けていきます。

透明のシートを剥がすとき、フィルムが折れてしまわないようにゆっくり慎重に作業してください。接着スプレーは、ガラス面への吹き付け同様、たっぷりと吹き付けることをおすすめします。

④フィルムを窓に貼り付ける

いよいよカーフィルムの貼り付けです。カーフィルムが折れたり、窓とフィルムの間にできるだけ気泡が入らないように、慎重にそっと貼り付けます。

このとき、接着スプレーをたっぷり吹き付けていれば位置がズレても修正できるので、バランスを見ながらカーフィルムの位置決めをします。

⑤ヘラを使って水分や空気を少しずつ抜く

カーフィルムをガラスに貼り付けたら、最後はヘラを使って丁寧に空気や水分を抜いていく作業です。

ヘラを使うときは、中央から外側へ向かってガラス面に対して垂直に滑らせましょう。ヘラを持つ手に力を入れすぎると、フィルムが破れたりシワになったりする可能性もあるので優しく滑らせることを心がけてください。

カーフィルムを貼る時の注意点

チェックポイント

カーフィルムを貼るときに、注意してもらいたいことをまとめました。失敗しないために、一通り頭に入れておきましょう。

夏場の施工は危険

暑い時期は、接着スプレーがすぐ乾いてしまい、その結果フィルムの位置決め前に貼り付いてズレてしまったり、気泡が抜けずフィルムと窓の間に残ってしまったりと失敗しやすくなります。

極力、暑い夏場は作業を避けるか、夜間に作業するようにしてください。

風の吹く日は危険

風が吹くと、カーフィルムが風に煽られて折れてしまう恐れがあるほか、せっかくきれいに拭いた窓にもゴミや砂埃が付着してしまいます。

できればガレージなど、壁に囲まれた環境で作業することが望ましいですが、外で作業をする場合は風に注意してください。

作業する服装に注意

ニット素材や毛足の長いコートなどを着て作業するのもおすすめできません。なぜなら、服の繊維がカーフィルムに付着してしまい仕上がりに影響を及ぼすからです。

カーフィルムを貼るときは、Tシャツやナイロン生地のジャージなど、毛羽立たない服を選ぶようにしましょう。

カーフィルムの貼り付けを専門店に頼むと施工工賃はいくらかかる?

整備

専門店など業者に施工してもらう場合、3面1万円前後、全面で2~7万円前後です。軽自動車、外国産車、大型車など種類によって値段が変動します。基本的に大きい車、輸入車などは施工費が高いです。

業者によっては施工後の保証がついてくる場合もありますので、DIYで貼るのは不安な人や時間がない人、DIYの仕上がりが納得できなかったという人は、業者への依頼を検討してみるのもいいかもしれません。

カーフィルムを貼り付けてドライブをもっと快適にしよう!

快適な車内のイメージ画像

カーフィルムには、ドレスアップ効果がありながらも、UVカットやプライバシー保護といった、車内空間を快適に過ごすための実用的な役割もたくさんあります。例えば、赤ちゃんのオムツ替えや授乳、仕事の休憩時間の仮眠など、カーフィルムを貼ることで車内でできることが増えるのです。

とはいっても、フロントガラス・フロントサイドガラスへのフィルム施工は、道路運送車両の保安基準により、可視光線透過率は70%以上が義務付けられています。

カーフィルムを貼る際は、法律を守って安全で快適なドライブをしましょう!

おすすめカー用品・グッズについてはこちら

【必見】カー用品おすすめ ジャンル別49選!全部揃えたら車内が超便利になる車用品全網羅

【初心者向け必需品】車を買ったらすぐに欲しい必須カー用品11選

【車上荒らし対策は犯行手口がヒント】保険金をもらう方法とおすすめ防犯グッズ5点

【裏技】車の静電気の原因と防止対策とは?おすすめ除去グッズついても

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード