初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アイスバーン(路面凍結)の意味や運転のコツとは?スタッドレスで本当に安全なのか?

アイスバーンといっても幾つもの種類があることはご存知ですか?路面凍結状態別の特徴や注意点などを総まとめ!目に見える雪の状態であれば対策はできても、怖いのがアイスバーンです!特に雪が積もらない地域からスキー・スノボに行かれる方は必読!

アイスバーン(路面凍結)とは?

アイスバーンと聞くと、降った雪が溶けて氷状態になることをイメージする方も多いのではないでしょうか。
しかし、アイスバーンは雪が降らなくてもなる可能性があるのです。

アイスバーンは、路面上の水分が気温の低下により氷状態になることで発生します。
アイスバーンには大きく3種類ありますので、以下より解説します。

①圧雪アイスバーン

雪降り後に発生するアイスバーンです。
降り積もった雪が、車両が繰り返し走行することで踏み固められた状態を差します。

昼間に走行車両が多い場所では、踏み固められた雪の表面が溶けて水が溜まり、夜になってその水が凍結することにより発生します。

②ミラーバーン

交差点付近で多いのがこのミラーバーンです。
スパイクタイヤの禁止に伴い、冬用タイヤとしてスタッドレスタイヤが主流となった上で起きるようになったアイスバーンです。

これはタイヤに磨かれた鏡面圧雪により、信号待ちの際に車両下面の熱により道路の雪面がわずかに溶け、そこで発生する水が凍結することが原因で発生します。

③ブラックアイスバーン

路面の水分が凍結し、路面に薄い氷の膜ができた状態を差します。
ブラックアイスバーンは目視しにくいことでも有名です。
厚い場合にはライトの反射で気づくこともありますが、夜間では周囲と比べて認識しにくいです。

事故やスリップの際に「路面が濡れている」と認識して「実際は凍っていた」という場合が多いです。

気がづいたらブラックアイスバーンの上に乗っており、ブレーキをかけたらハンドルを取られることもしばしば起こり、ドライバーに怖い思いをさせてしまいます。

アイスバーン(路面凍結)になりやすい場所・時間帯とは?

冬場は余裕を持って行動することも事故を防ぐことに繋がります。
アイスバーン(路面凍結時)に安全に運転するために、まずはアイスバーンが発生しやすい場所と時間を押さえておきましょう。

橋の上やトンネルの出入り口

追い越しできないトンネル

©Shutterstock.com/Narisara Tawong

橋の上やトンネルの出入り口付近は普通の道よりも気温が低くなる傾向にあります。
蒸発しきらなかった水分が凍り始める時間が他の場所よりも早くなるため、注意が必要です。

陽の当たらない(あたりにくい)場所

日中の気温により溶けた氷が蒸発し切らずに夜を迎える可能性が高いです。

特に山道に多いですが、日ごろの運転時から陽が当たりにくい場所を確認しておきましょう。
また、周囲の人との情報交換も大切です。

交差点付近

スタッドレスタイヤの普及により、交差点付近でもアイスバーンが見られるようになりました。
安全な速度を遵守し、交差点付近では急ブレーキをかけないよう心がけましょう。

朝晩の時間

日中に降った雪や雨が朝晩の冷え込みによって凍結するので、この時間帯には注意が必要です。
「濡れている」と思っても実際は「凍っている」こともあるのです。
気温が氷点下ではないと言っても注意は必要です。

アイスバーン(路面凍結)を防ぐ凍結防止剤についてはこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す