初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW i8&新型i8 ロードスター日本発売開始!スペックや価格とi8sについても

2018年4月9日、新型BMW i8クーペおよびi8ロードスターが日本で発売開始となりました。新型i8およびi8ロードスターのデザインや性能、価格、発売日など最新情報を解説します。東京マラソン2018で日本初公開されていた新型i8ロードスターですが、i8クーペも2019年型へマイナーチェンジ。BMWのPHEVスポーツカー新型i8&新型i8 ロードスターが、今後エンジンを搭載しない完全なるEV・i8sとなる可能性についても紹介します。

【最新情報】4月9日 BMW新型i8クーペ& ロードスター 日本発売開始

BMW新型i8 ロードスター

2018年4月9日、BMW新型i8クーペ& ロードスターの日本発売が発表されました。

2014年に発売されたBMW i8は「BMW i」シリーズのプレミアム・スポーツ・カーです。
スポーツカーでありながらPHEV(プラグインハイブリッド)としてコンパクトカー並の低燃費を実現。
環境に配慮しつつ、パワフルな走りを楽しめる次世代スポーツカーとして話題を集めました。

BMW 新型i8クーペ&ロードスターが発表!

BMW 新型i8クーペ&ロードスターが発表されました。
i8(クーペ)が初の大幅改良が施されることに加え、待望のオープンモデル(ロードスター)が登場ということで、多くのファンの注目を集めています。

BMW 新型i8クーペ&ロードスターに関する最新情報をご紹介します。

BMW 新型i8クーペ&ロードスターのエクステリアデザイン(外装)

新型i8クーペのエクステリアデザイン

新型i8クーペのエクステリアデザインは、エアロダイナミクスを意識した、アイコニックなスポーツスタイルになっています。
ボンネットには巨大なエアシェルターが採用され、そして予告されていたとおり、ドアはバタフライドアになりました。
さらに、ロードスター追加にあたり、Cピラーにはクーペの表記がされています。
ライトはLED、オプションで20インチアルミホイールも装着可能です。

新型i8ロードスターのエクステリアデザイン

BMW 新型i8ロードスター

ロードスターモデルも、大まかなデザインはクーペと同じなのですが、Cピラーの他ほかにリアにもロードスターの表記がされています。
また、肝心のルーフはソフトトップで、50km/h未満の走行中であれば15秒でオープン可能、さらにリアウィンドウはルーフの開閉状態問わず、自動でオープンします

BMW 新型i8クーペ&ロードスターのインテリアデザイン(内装)

新型i8のインテリアデザインはクーペ、ロードスターともにスポーティーな印象になっています。
インパネ部分にはタッチスクリーンが採用され、オプションでヘッドアップディスプレイ、カーボン素材、セラミック素材への変更が可能です。

BMW 新型i8&i8ロードスターのパワートレインスペック

i8クーペ、ロードスターともに220bhpの1.5リッター直列3気筒ターボ・エンジン、134bhpのモーターを搭載したPHEVオープンとの発表がされていましたが、若干の数値のずれがあった程度で、ほぼ予告通りのスペックとなりました。
0-100km/h加速は4.4秒で最高速度は250km/hに制御されており、さらに50kmという目標航続距離も達成しています。

さすがのi8といった走行性能ですが、プラグインハイブリッドスポーツカーだけあって36.8km/lの燃費性能を発揮すると予想されています。

新型i8クーペ&ロードスターのパワートレインスペック

エンジン種類直列3気筒
排気量1.5L
最高出力170kW[231hp]/5,800rpm
最大トルク320N・m/3,700rpm
モーター最高出力105kW[143hp]/4,800rpm
最大トルク250N・m
トランスミッション6速AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型i8クーペ&ロードスターのボディサイズ

i8クーペi8ロードスター
全長4,6894,689
全幅1,9421,942
全高1,2931,291
ホイールベース2,8002,800
車両重量1,5901,650
乗車定員42
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

BMW 新型i8&i8ロードスターのカタログ燃費・実燃費

新型i8クーペ&ロードスターの燃費は明らかになっていません。
しかし優れた走行性能に対し、プラグインハイブリッドスポーツカーだけあって36.8km/lの燃費性能を発揮すると予想されています。
実燃費についても分かり次第紹介します。

BMW 新型i8&i8ロードスターの新車車両価格

BMW新型i8
i8 クーペ2,093万
i8 ロードスター2,231万
[単位]円(消費税込み)

BMW新型新型i8クーペは、先代モデルより60万円ほぼアップした価格です。
新型i8ロードスターはクーペより140万円ほどアップして2,231万円となっています。

BMW 新型i8クーペ&ロードスターの発売日・納車日

新型i8クーペ、ロードスターともに2018年4月9日から発売されています、
昨年11月の時点ではもうオーダーができる状態だったこともあり、納車日は2018年9月頃からを予定しているということです。

新型BMW「i8 S」が開発中!

(参考)i8ロードスターのスケッチ

2017年にi8の新しいモデル「BMW i8 S」が登場すると言われています。i8 Sの走行テストが行なわれている光景を捉えた画像も海外メディアが報じており、新モデルi8 Sの登場の可能性は高いと言えるでしょう。

新型i8 Sの最高出力は、現行の362psから400psまで向上するとも言われており、リアガラスへベンチレーションの追加、よりスポーティとなったサスペンションやブレーキが採用されるなど、スポーツモデルらしい装備が目立っているようです。

完全EV!新型i8が2023年に登場!?

2016年8月に、自動車メディア「Automobile Magazine」が報じている情報によると、BMWは現在、新型i8を開発しているそうです。2022年〜2023年の発表を予定していると言われています。

新型i8は完全 EVとなり、出力268hpのリアにモーターを2基、フロントに1基搭載されると予想。さらにバッテリー容量の拡充により1回充電で300マイル(約483km)の航続距離を誇ると言われています。

最高出力は750hpほどにまで達するとまで言われ、従来のモデルより格段に性能が向上すると予想されています。

BMW i8のフェイスリフトモデル登場!i8 Sなのか?

BMW i8がフェイスリフトモデルを発表すると専らの噂です。
フェイスリフトの概要は前後バンパーとヘッドライトの変更で、さらにiDriveもアップデートされる見込みです。
また、こちらのモデルの最高出力は420PSと言われており、前述のi8 Sなのではないかと噂されていますが、真相は定かではありません。
続報に期待しましょう。

BMWi8 現行モデルに限定「Protonic Frozen Black」登場

BMW i8 Protonic Frozen Black 2017年

BMW i8に限定モデル「プロトニック フローズン ブラック」が2017年4月に発売、6月から順次納車されていきます。
この限定車は日本国内でも発売されますが、その数は20台のみのレアなものとなります。(右ハンドル・左ハンドル10台ずつ)
その名のとおり、専用のマットブラック塗装が施された精悍な印象を与えるBMW i8となっています。

メーカー希望小売価格は、2,298万円となっています。

【おさらい】BMW i8とは

BMW i8

i8はドイツ大手自動車メーカー御三家の一つと呼ばれるBMWが製造、販売を行っているプラグインハイブリッド式スポーツカーです。
1.5L 直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを車体の後方に装備し、電気モーターをフロントに搭載しています。
電力のみで約35kmまで航続可能で最大362ps、570Nmの出力を誇る性能を発揮するまさに高性能ハイブリッドスポーツカーです。

2000万円を超える車両価格ながらも、2013年に販売が開始されてから人気の車種となっています。
2015年にはドバイ警察のパトカーとしても採用され、海外セレブをはじめ、XJAPANのYOSHIKIさんなど多くの著名人からの人気のスポーツカーです。

i8についての記事はこちら

新型i8クーペ&ロードスターが発表されるまで

【2017年5月】BMWのCEOがi8ロードスターの発売決定を明言!

BMW i8 Concept Spyder(2012年)

2017年5月、BMWはi8ロードスターの発売決定を発表しました。
北京モーターショー12でi8 ロードスターコンセプトが発表されてから5年、多くのi8ファンが待ち望んでいた新モデルの市販化がついに決定した瞬間でした。

i8ロードスターは2018年から「BMW i(BMWの電動車ブランド)」ラインナップに加わると、BMWのCEOであるハラルド・クルーガー氏が発言したことから、i8ロードスターの発売が確定であることが明らかになっています。

またi8ロードスターの発売とともに、i8も改良されパフォーマンスが向上すること、バッテリー容量の拡充により走行距離や走行性能が向上していることや、コンセプトモデルと同様にバタフライドアが採用されることも発表されました。

バタフライドアについてはこちら

【2017年5月】新型BMW i8 ロードスターの公式動画発表

2017年7月には、i8ロードスターの動画を発表しました。
バタフライドアが開く様子はありませんでしたが「究極のスポーツカーの進歩」と謳い、その空気抵抗をPRする内容となっています。

【2017年8月】新型i8ロードスターの走行テストがスクープ

2017年8月は、新型i8 ロードスターの走行テスト動画がスクープされました!
実際に走行するi8 ロードスターらしきモデルの姿を確認することができます。
また、この後にもBMW i8ロードスターがニュルブルクリンクで走行テストを行っているところがスクープされており、その時は最高速度200km/h以上の爆速だったのだとか。

【2017年8月】新型i8ロードスターの開発は最終段階にあると公表

2017年8月は二度、最新情報が発表され、i8ロードスターの開発車両の姿を公開しました。
今回発表された新型i8ロードスターの画像は、アルプスにあるワインディングロードを走行する風景を撮影したものです。

【2017年9月】BMW公式SNSでも新型i8ロードスターを公開

BMW i8 ロードスター(スパイダー)のスパイショット

2017年9月には、BMW公式SNSにてカモフラージュが施された車両が公開されました。

【2017年11月】新型i8ロードスター生産の様子が公開!

新型i8ロードスターが工場にて開発されている様子が動画で公開されました。

BMWはSNSを通してこの動画を公開、開発が順調に進んでおり、ライトウェイトとエアロダイナミクスの追求が新たな次元に到達したことと、もう間もなく私たちの目の前に現れることを発表しました。

【2017年12月】新型i8ロードスターがワールドプレミア

新型i8ロードスターは、2017年12月のロサンゼルスモーターショーにてワールドプレミアが行われました。

【2018年1月】新型i8クーペがワールドプレミア

2019年型としてマイナーチェンジされた新型i8クーペが、2018年1月のデトロイトモーターショーでワールドプレミアが行われました。

【2018年2月】BMW新型i8 ロードスター 東京マラソン2018で日本初公開

BMW新型i8 ロードスターが、2月25日開催の東京マラソン2018にて日本初公開されました。

東京マラソンでは新型i8ロードスターが先導車として登場。
さらにBMWは大会車両として新型i8など28台の車両、ペースメーカーや救命救急士用にバイクを提供するなど、大会をサポートしました。

【2018年3月】新型i8クーペ & i8ロードスターがジュネーブモーターショーに出展

左がi8クーペ 右がi8ロードスター

BMW新型i8クーペ&新型i8 ロードスターがジュネーブモーターショーに登場すしました。

ハードトップのi8クーペは2019年型モデルが出展、オープントップの新型i8 ロードスターは市販モデルが出展されることになります。

すでにロサンゼルスモーターショー(2017年12月)、デトロイトモーターショー(2018年1月)にも登場した2車ですが、ハイパフォーマンスのPHEVスポーツカーの新型とあって、注目が集まりました。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

新型i8&i8 ロードスターの今後に目が離せない!

今後もBMWの最上級スポーツカーi8から目を離せません。
i8の新グレードの登場やロードスターモデルの発売、2023年には完全EVの新型i8も登場するので話題が尽きないでしょう。
i8の動向をチェックして今後もi8に関連する情報を随時更新していきます!

BMWの車種に関連するおすすめの記事

EVスポーツカーに関連するおすすめ記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!