初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

キャブ車とは?特徴やインジェクション車との違い

キャブ車の特徴とインジェクション車との違いを解説します。キャブレターは非常に原始的な仕組みながら、いまなお使い続けられる合理性と魅力を備えるエンジン部品です。キャブ車は絶滅しましたが、いまだに多くの愛好者が存在しています。

キャブ車とは?インジェクションとの違い

キャブ車とは、燃料供給装置に「キャブレター」を用いた車のこと。「キャブレター」とは電子制御インジェクションとは異なり、電力を使用せず、自然法則を利用して燃料を供給する燃料供給装置です。

キャブレターの内部は、霧吹きのような構造になっており、スロットルの開閉による吸気量に応じて燃料の供給量を変化させることができる仕組み。キャブレターとインジェクターとで使用する燃料に違いはなく、車種ごとの指定燃料を使います。

構造が単純であるため、インジェクションのように精密な燃料制御はできないものの、内部構造の調整によってトルク特性や吹き上がりを自在にコントロールできるのが特徴。とくに高性能キャブレターのスロットルの開閉に呼応して響く吸気音には、いまでも多くの愛好者がいます。

キャブ車のメリット・デメリット

キャブレターのメリットのひとつは電気を使用しないこと。そのためバッテリーを必要とせず、コンパクトにエンジンが稼働できるため、小型車やバイク、農機具に最適な仕組みでした。また、キャブ車ならバッテリーが上がったとしても押しがけでのエンジン始動が容易です。

ふたつめのメリットは構造が単純な点です。構造が緻密なインジェクションは、故障した場合は交換するしかなく、高価な部品代がかかります。その点、構造が単純なキャブレターならば、調子を崩しても洗浄と安価な保守部品の交換で調子を維持することができます。

しかし、調整には多くの知識と経験が必要なため、完璧に仕上げるには熟練が必要。また、インジェクションに比べて動作が不安定なことから、その役割をインジェクションにとって代わられることになりました。

インジェクション車に完全移行した理由 デメリット

ランオン・オーバーフローなどのトラブル

キャブレターならではの致命的なトラブルがあります。「ランオン」は停止したエンジン内に残った火種により再点火し勝手にエンジンが始動してしまうトラブル。「オーバーフロー」は燃料リターンパイプの詰まりにより、キャブレターから燃料が漏れ出してしまうトラブルです。

密閉され、通電しなければ動作しないインジェクションの場合は、このようなトラブルは起きません。

気温や気圧変化による始動性の悪化

キャブレターは、エンジン内の気圧変化によって燃料を供給しますので、外気圧や温度によってエンジンに供給する燃料の量に変化が生じます。そのため、夏場の平地でセッティングしたキャブレターは、気温が大きく下がる冬場や、標高差によって空気が薄くなる高山などではエンジンの始動・稼働が困難になります。

外気圧や気温を計測することで、その場に適切な燃料量を噴射するインジェクションならば、キャブレターのように外環境に左右されずエンジンの始動・稼働が可能です。

排出ガス規制の強化

ガソリンの燃焼は、空気と燃料の比率が14.7:1のときに、著しく有害物質の発生量を少なくすることが可能です。しかし、キャブレターはどれほど緻密にセッティングを施しても14.7:1の空燃比を維持し続けることはできないため、排出ガスには多量の有害物質が含まれてしまいます。

インジェクションならば、排出ガス内の酸素濃度を測定しながら、適切な燃料噴射量を決定できるため、キャブレターにくらべてクリーンな燃焼をさせることができます。

燃費性能の効率化

現在のエンジンは、エンジン内部に取り込まれる混合気の部分的な濃度の違いまでを計算したうえで、効率のよい燃焼状態をつくり出しています。キャブレターの燃料供給は、量・状態・タイミングともに精度に欠けるため、エンジン効率ではどうしてもインジェクションに劣ってしまいます。

とくに近年主流になりつつある、直噴ターボエンジン用のインジェクションは、適切な噴射量と微細に霧化した高圧燃料を複数回に渡って噴射することが欠かせません。このような動作はキャブレターには不可能です。

直噴ターボエンジンとは?

現行販売中のキャブ車はもうない!

最後のキャブ車 三菱 リベロ・カーゴ 1992年〜2003年

最後のキャブバイク ホンダ モンキー 2005年〜2008年

現在では新車販売されるキャブ車はありません。年々厳しくなる排出ガス規制により、キャブレターでは排出ガス規制値を達成することができなくなりました。インジェクションのメリットが、あらゆる面でキャブレターに勝るため、車・バイクともにキャブレター搭載車が今後登場することはないでしょう。

最後のキャブ車は、三菱 リベロ・カーゴ。平成12年(2000年)排出ガス規制に適合できず、2003年に生産を終了しました。

車より比較的排出ガス規制の緩かった二輪車も、平成19年(2007年)排出ガス規制にむけてFI(フューエルインジェクション)化が進み、2008年にはホンダ モンキーを代表とする最後のキャブレターバイクたちがFI化、あるいは生産を終了しました。

最新「リベロカーゴバン」中古車情報!

本日の在庫数 2
平均価格 17万円
本体価格 16〜18万円
Pick up!
Pick up!

エンジン・キャブレターに関する記事はこちら