初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

シボレー ブレイザーまとめ|中古車価格と燃費や故障等の維持費、カスタムパーツまで

1990年代から2000年代前半まで日本へ正規輸入販売され一定の人気を誇ったシボレー S10ブレイザーを中心にご紹介します!燃費や自動車税、自動車重量税、故障などの維持費や中古車価格をまとめました。フルサイズSUVとなるK5ブレイザーについてもご紹介します!

シボレー ブレイザーとはどんな車?

2代目 シボレー S-10 ブレイザー

ブレイザーとは、アメリカのGM(ゼネラル・モーターズ)のブランドの1つ、シボレーが製造販売していたSUVのシリーズ名です。ブレイザーには、1960年から1994年まで製造販売されたフルサイズSUVの「K5」と、1993年から2005年まで販売された、アメリカ車ではコンパクトな部類に入る「S-10」の2つのモデルがあります。

このうちS-10ブレイザーの2代目は、日本に多く輸入販売された人気車となっていました。

シボレー S-10 ブレイザー

2代目 シボレー S-10 ブレイザー

S-10ブレイザーの初代モデルは1982年にデビューし、1995年にフルモデルチェンジを行い2005年まで発売されました。日本車のSUVに対抗する車として、コンパクトなボディサイズにアメリカ車にしては小排気量のエンジンを搭載して開発、発売された背景があります。

ベースとなったのはピックアップトラックの「S-10」であったことから、「S-10ブレイザー」の車名となっています。同じGMのGMCブランドでは「S-15ジミー」の名称で販売されています。

2ドアと4ドアのボディ形状があり、エンジンはモデルイヤーによって違いがありますが、直列4気筒1.9L・2.2L・2.5L、V型6気筒2.8L・4.3L、トランスミッションは4速AT・5速MTとなっています。

初代 S-10ブレイザー(1982〜1994年)

初代 シボレー S-10 ブレイザー

2代目 S-10ブレイザー(1995〜2005年)

2代目 シボレー S-10ブレイザー

エンジンはV型6気筒4.3L(最高出力:160hp)に4速ATのトランスミッションの組み合わせが最も多いモデルで、日本へ正規輸入されていましたが、本国では直列4気筒2.2Lのエンジンと5速MTの選択肢もありました。

2ドアと4ドアのタイプがありますが、日本へは4ドアが主流で輸入されていました。ボディサイズは、全長:4.503mm(4ドア)、全幅:1.722mm、全高:1.702mmとなっており、3ナンバーの大きさですがアメリカ車にしてはとてもコンパクトです。シートは2列で乗車定員は4人となっています。

日本市場向けに右ハンドル仕様もあります。SUVの本場アメリカの車を日本でも楽しめるボディサイズが人気だったようです。

1999年型 トレイルブレイザー

1999年に内装・外装をアップグレードして限定発売されたのが「トレイルブレイザー」で、後に独立した車種としてラインナップされます。トレイルブレイザーについて詳しくはこちらのまとめ記事をご覧ください。

燃費

街乗りの実燃費で4〜7km/L、高速道路で7〜10km/Lと、数値はアメ車らしいものとなっています。

故障

アメリカ車は故障が多いと言われていますが、S-10ブレイザーも故障が多いようです。故障時の修理費も高くつき、修理部品が国内にないと輸入となるため日数も掛かります。S-10ブレイザーに乗るなら覚悟が必要でしょう。

税金

4.3Lエンジンのブレイザー(車両重量:1,680kg)で試算しますと(エコカー減税は未適用車種)

自動車税:76,500円/年
自動車重量税:24,600円/2年

となりますが、新車登録後13〜17年経過した場合はグリーン化税制により重課税となり、

自動車税:87,900円/年
自動車重量税:45,600円/2年

となります(2016年度の税制による試算)。

維持費は高い!

S-10ブレイザーの維持費は安くありません。燃費は悪く故障も多く、税金も高いと悪い三拍子が揃っていますね……。

S-10ブレイザーの中古車価格

1992年型 北米仕様 シボレー S-10ブレイザー

S-10ブレイザーの正規輸入ディーラーでの新車車両価格は448万円となっていました。

中古車価格は年式が古いことから値がこなれており、走行距離や程度によって、50万円を切る車から100万円までの価格帯が相場となっています。

最新「シボレーブレイザー」中古車情報!

本日の在庫数 8
平均価格 213.6万円
本体価格 18〜79万円
Pick up!
Pick up!

カスタムされた中古車が比較的多い

アメ車と言えばカスタムするのが当たり前、という方が多いでしょう。

新車が販売されていた当時は、豊富なカスタムパーツを販売するショップが無数にありました。今ではパーツの入手は困難になってしまいましたが、中古車市場ではマフラーやホイール、外装のドレスアップなど、カスタマイズされた車が比較的多い状況となっています。

シボレー K5 ブレイザー

K5 ブレイザーは、フォード ブロンコの対抗として発売されたフルサイズSUVです。

フォード・ブロンコはSUV専用設計でしたが、K5 ブレイザーは既存のピックアップトラック「C5」のプラットフォームを流用して設計、販売されました。アメリカではもともとピックアップの需要と人気が高かったため、発売と同時にK5 ブレイザーは人気車種となったそうです。

初代 K5 ブレイザー(1969〜1972年)

初代 シボレー K5ブレイザー 1969年

2代目 K5 ブレイザー(1973〜1991年)

内外装のデザインは変化しながらも長く販売されていた2代目です。

2代目 シボレー K5 ブレイザー

3代目 K5ブレイザー(1992〜1994年)

3代目 シボレー K5ブレイザー

3代目は新しいプラットフォーム「GMT400」をベースに開発され、2ドアでV型8気筒5.7L(最高出力:210hp)のエンジンの1タイプで発売されました。

1995年にロングホイールベース化した4ドアが追加されますが、車名は「タホ」となり、それ以降は「タホ」としてラインナップされ現在に至ります。シボレー・タホについて詳しくはこちらのまとめ記事をご覧ください。

シボレー・ブレイザーまとめ

S‐10ブレイザーのベースとなったピックアップ「S‐10」

シボレー・ブレイザーが、アメリカ車にしてはコンパクトなSUVで、日本でも人気を博した理由がおわかりいただけたのではないでしょうか?日本とは生活環境や道路事情が大幅に異なるアメリカの車は使いづらい部分がありますが、魅力的に見えますね。

MOBYでは、他にも魅力的なシボレーの車をご紹介しています。ぜひ、併せてご覧ください!

シボレーの車種を知りたい方におすすめの記事

アメ車に興味のある方におすすめの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す