車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

アウトビアンキまとめ|A112アバルトは名車!その魅力と中古車価格は?

アウトビアンキが製造した名車の数々

1955年から1992年にかけて、アウトビアンキが製造した名車の数々をご紹介します!製造された車種は多くはありませんが、どの車も個性的なデザインで、不思議な魅力をもったイタリア車です。

ビアンキーナやステリナからY10まで、画像とともに解説します!

アウトビアンキ ビアンキーナ

1957年から1977年の間に、フィアット500(チンクエチェント)をベースに作られた車。
ボディは多彩で4ドアセダン、2ドアコンバーチブル、バン、ワゴンなどがラインナップされています。

アウトビアンキ ステリナ

アウトビアンキ ステリナ(Stellina)は、1965年に発売された2ドア・コンバーチブルです。
本国イタリアでは人気がなく、ずんぐりむっくりとしたスタイルから“珍車”扱いされています。

アウトビアンキ ステリナのスペック

水冷直列4気筒 767cc
32ps/5.5kgm
全長:3,670mm
全幅:1,430mm
全高:1,240mm

アウトビアンキ Y10(ランチア Y10)

アウトビアンキ Y10 はマツダが輸入し「オートザム」ブランドで販売していました。
実際はランチア Y10 ですが、当時人気のあったアウトビアンキの知名度があったこととから、アウトビアンキの名が付いています。

アウトビアンキまとめ

コンパクトハッチのお手本とも言える存在

アウトビアンキのまとめ記事はいかがでしたでしょうか?
アウトビアンキ A112アバルト は今でもホットハッチのお手本となっているようです。
2016年7月に予約販売された、ルノー・トゥインゴ 5S(サンクS)は、A112アバルトとスペックが酷似しているのです!

また、イタリアには独特で個性の強い車があったことにお気づきいただけたかと思います。
ルノー・トゥインゴ サンクSについて詳しくはこちらのまとめ記事をご覧ください。
30代後半以上のクルマ好きの方なら、A112アバルトはご存知だったかたも多いでしょう。

現在でも未だに、車好きを魅了し続ける「アウトビアンキ」はまさしく名車といえる車ですね。

イタリア車・イタリアンコンパクトカーのおすすめ関連記事

世界の名車に関連するおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!