初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ランボルギーニ ウルス最新情報】日本正式発表!価格と内外装やスペックも確定

猛牛の名で知られているランボルギーニ。カウンタックなどのスーパーカーでも有名ですが、SUV「ランボルギーニ・ウルス」を発売しました。デザインはまるでスーパ―カー。それでいてSUV。まさにスーパーSUV!ランボルギーニだからこそ実現できたその驚きのデザインとは!?最新画像とともに「ランボルギーニ ウルス」のデザイン・性能・価格・発売日などの最新情報をご紹介していきます。

【最新情報】ランボルギーニ新型ウルスが日本正式発表!納車は9月以降

2018年2月初頭にパリで行われたウルス発表会

2018年2月6日、ランボルギーニ ジャパン社は、都内で新型5シーターSUV「ウルス」の発表会を開催、改めてウルスのコンセプトやスペック、価格、納期などが伝えられました。

すでに国内の正規ディーラーでは受注を受け付けており、納車は2018年9月以降となる見通し。
市販SUV最速・ウルスの姿は秋頃から見ることができそうです。

ランボルギーニ新型ウルスの発売日と販売台数目標

2018年2月6日の新型ウルス発表会は、日本で初めての正式なアナウンスとお披露目、この日が発売日となりましたが、かねてからランボルギーニ公式ホームページでは、日本国内での発売開始時期を2018年春であること、車両価格と予約受注開始の旨が伝えられていました。
このようなアナウンスの方法は、あまり例を見ませんが、超プレミアムなスーパーSUVである所以かも知れません。

ランボルギーニ社は、ウルスを投入する2018年までは、ランボルギーニ全体の年間販売台数を3,500台以下に留め、ウルス発売後は年間販売台数を7,000台に拡大するようです。

2015年のランボルギーニの年間販売台数は約3,200台ですので、現在の生産ペースを維持することでブランド価値を高めつつ、ウルスでユーザーの拡大を図る戦略のようです。

ランボルギーニ新型ウルスの価格

ランボルギーニ新型ウルスの新車車両価格は、2,574万円(税抜)となっています。

ランボルギーニ新型ウルスがワールドカーオブザイヤー2019の候補車に選出!

ランボルギーニ ウルスのエクステリアデザイン(外装)

伝統のオフロード4WD ランボルギーニ LM002からヒントを得た

ランボルギーニ ウルス

新型ウルスはランボルギーニが1986年から1993年にかけて発売していたオフロード4WD「LM002」からヒントを得て作られたモデルです。

LM002はアメリカ軍向けの高機動車の市販版して発売され、サーキットなどのオンロード走行ではなく、砂漠などのオフロードで走行に適するモデルでした。
ランボルギーニのパワフルなエンジンや足回りをオフロード向けに改良しつつ、インテリア(内装)は豪華という、まさに高級SUVの先駆け的な存在でもあったのです。

新型ウルスも、タフでスポーティな走りやエクステリア(外装)でありつつも、居住性や快適さにこだわった豪華なインテリア(内装)を受け継いでいます。

ランボルギーニ LM002

スポーツカーラインナップのスタイルを踏襲したデザイン

フロント部はミウラとアヴェンタドール、そしてカウンタックなどを意識したというダイナミックなフードラインが特徴です。
大型の吸気部分からは、エンジンのハイスペックさをフルに活かそうという意図が見て取れます。

リアデザインは車高の低いスポーツカーラインナップに比べるとおとなしめな印象ですが、ルーフラインはカウンタックとムルシエラゴのスタイルを踏襲しているといいます。
また、リアディフューザーは、ランボルギーニのレースカーにインスパイアされています。

また、ホイールは21インチから23インチまでラインナップしており、これはセグメント内で最大ということです。
SUV作りに関してもランボルギーニのスポーツカーらしさへのこだわりが見えますね。

ランボルギーニ ウルスのインテリアデザイン(内装)

新型ウルスのインテリア(内装)は2種類の画像が公開されています。
1つは茶色のレザーがシックで上品な印象を与えるインテリア、もう1つはコクピット感のあるスタイリッシュなインテリアです。

ラグジュアリー感のあるシックなインテリア(内装)

前席

全席サイドビュー

シートの上質感が伝わってくるようなこちらのデザインは、ランボルギーニブランドにふさわしいラグジュアリーさが前面に出されています。
ランボルギーニ初の採用となるSUVという居住性の高いボディサイズにおいて、ドライバーも同乗者もくつろげる雰囲気です。

全席がアームレストやセンターコンソールによって独立しているため、ラウンジシートのようなくつろぎをもたらしてくれるでしょう。
なお、最大5人乗りということなので、後席のセンターアームレストは収納可能と思われます。

シルバーの効いたスポーティなインテリア(内装)

こちらはブラックを基調とし、シルバーでスタイリッシュに引き締めたスポーティなデザインです。
ランボルギーニの最先端テクノロジーが搭載されたコンソールを際立たせており、運転席もコクピットのような印象が強くなっています。

後席の画像は公開されていませんが、おそらく独立シートになっていると考えられます。
ランボルギーニらしいスポーティさを出しながらも、居住性の高いSUVの特色を十分に活かしています。

最新のコネクティビティとフルデジタルディスプレイを搭載

新型ウルスのダッシュボード中央には、2画面のタッチスクリーンインフォテインメントディスプレイが配置されています。
ディスプレイでは新開発のインフォテインメントシステムが利用でき、2画面の利便性を活かして多機能を使い分けることが可能です。

ディスプレイの上画面には、メディア、ナビゲーション、電話、車両のステータス情報などを表示します。
下画面では、手書き入力などで情報を入力したり、空調やシートヒーターを調整したりできます。

新インフォテインメントシステムでは音声認識や音声コントロールの採用や、ワイヤレス充電、USB接続やBluetoothメディアストリーミングなどが利用できます。
さらに、iOS「CarPlay」やAndroid「Android Auto」搭載のスマホと連動できます。

発売前のインテリアデザイン(内装)情報

こちらが発売前に公開されていたウルスのインテリアデザインです。
スーパーカーのブランドとして恥じない仕上がりを期待できます。
運転席というよりはコクピットという言葉の方がふさわしいかもしれません。

黒と白を基調にし、ボディの猛牛のような猛々しさと比べ、スタイリッシュで個性が溢れています。
独特のシート、後部座席もスーパーカーに乗っていることを十分に感じれます。

デザインはエッジが効いていて、そのエッジも何か完璧な計算でこれしかないと思わせるような幾何学的なものも感じさせます。
今までのランボルギーニのデザインを上手く受け継ぎSUVとしてのデザインを確立させています。

ステアリングもドライバーが握れる喜び、嬉しさがワクワク感が増すようなデザインです。
オフロードでもオンロードでも、外から見れば猛々しい、運転している側は爽快に。

まさにランボルギーニらしい期待のSUV車です。

ランボルギーニ ウルスの性能・スペック

ランボルギーニのCEOが発表!V8で確定

ランボルギーニ ウルスは、最高出力650馬力を発生する、4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載します。
0-100km/hは3.6秒、最高速度305km/hというスペックは、SUV界で最速です。

ランボルギーニのCEOであるステファノ・ドメニカリ氏がランボルギーニ ウルスのスペックの一部を発表しており、V8採用であることはほぼ確実でした。
さらに、ワールドプレミア前に公開されたティザー画像から、V8エンジン搭載であることが確実と判明しました。

ただし、追加されるのではないかと予想されているプラグインハイブリッドモデルに関しては、公式の情報は今のところありません。

ランボルギーニ ウルスのエンジンスペック

エンジン種類V型8気筒ツインターボ
排気量4.0L
最高出力478[650]/6,000
最大トルク850/2,250〜4,500
トランスミッション8AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m/rpm

ランボルギーニ ウルスに砂漠走行モードなど6種のドライブモードを搭載

ランボルギーニが、発売を予定しているウルスに砂漠走行モードを搭載することを発表しました。
ランボルギーニ ウルスには、「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」などの計6種類の走行モードを搭載します。
その内の1つである「SABBIAモード」は、砂漠での走行の走行モードです。
「SABBIA」は、イタリア語で「砂漠」を指します。

ランボルギーニ ウルスにレベル2の先進運転支援システムを搭載

自動運転 コネクテッドカーのイメージ

©Shutterstock.com/ Chesky

新型ウルスには、先進運転支援システム(ADAS)が搭載されています。
ランボルギーニによれば、ウルスの先進運転支援システムはSAE(米国自動車技術者協会)の基準でレベル2に相当するとのことです。

ADASは、ヘッドライトのハイビームを自動で切り替える「ハイビームアシスタント」や、フロントとリアに搭載されている「パーキングセンサー」、「クルーズコントロール」を標準装備。
さらに、衝突を防止すると同時に衝撃を緩和するシステムも搭載されます。

また、トラフィックマネジメントシステム、トップビューカメラ、トレーラカップリングモードはオプションで選択できます。

ランボルギーニ ウルス発売までの経緯

ランボルギーニ ウルスとは?

今、車業界はSUVに目を向け、激しい競争を繰り広げています。
SUVの開発、前モデルをSUVにマイナーチェンジ等、様々な工夫やアイデアで厳しい市場を戦い抜こうとしています。

そしてここ最近、何とそのSUV産業にハイブランド&スポーツカーメーカーが参入してきています。今、一番熱い話題かもしれません。
ベントレー 、マセラティ 、ジャガーなど高級車ブランドが新型SUVを投入しています。

さらに、ロールスロイスが新型SUVを開発中との情報もあり、もはやSUV産業は戦国時代のようになってきているのです。
そんなSUV産業に2018年、ランボルギーニがいよいよ新型SUV「ウルス」を市販化し発売するとの公式発表が2016年にされました。

この発売のために、ランボルギーニ社はイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼ工場を現在の8万平方メートルから15万平方メートルへと大きく拡張し、ウルスの増産体制を万全にしました。
発売されてはいませんが、これだけでもランボルギーニ社の自信が伺えますね。

猛牛の名に恥じないSUV「ウルス」

ランボルギーニ カウンタック ZLP500S

©Shutterstock.com/ Sergey Kohl

さて、そのランボルギーニですが、冒頭でも書きましたがなんと言っても有名なのはスーパーカーでしょう。
皆さんでよくご存じなのはガルウイングで有名な「カウンタックLP500S」ではないでしょうか。

カウンタックLP500Sは誰もが一度は憧れた車だと思います。
そのランボルギーニ社が2012年にSUV「ウルス」をコンセプトカーとしてお披露目し、多くの人を注目させました。
今回はそのコンセプトイメージをほぼ採用させての開発のようです。

基本性能等はまだ不明な点が多いのですが、最高出力600psに達するV8ハイブリッドやアウディから技術協力してもらったフルタイム4WDの搭載などSUVとしての機能はしっかりと搭載して発売する予定です。

走りとしても猛牛の名に恥じないSUVになりそうです。
何より、「won’t be softie(生温いものにはならない)」とまで発言しているように、デザインはかなりエッジが効いています。

コンセプトカーでの時点では全長4,990mm×全幅1,990mm×全高1,660mmでしたが、ここからどのようにリサイズしてくるのかも気になります。

【2012年】北京モーターショーでコンセプトモデルが発表

動画は北京で行われたモーターショーで、「ウルス」がコンセプトカーとして発表したときのものです。

【2017年4月】ランボルギーニ ウルスのスクープ画像が流出

上の画像は、ランボルギーニの新型SUV「ウルス」テスト時の様子がスクープされたものです。
公道でのテスト中の画像は今回が初めてでした。
カモフラージュが施されていましたが、全体的なデザインは北京モーターショー2012年で公開されたコンセプトカーに似ているようです。

もちろんコンセプト時から変更が加えられた部分もあります。
フロントバンパーのエアインテークとデイタイムランニングライトと呼ばれるヘッドライトのすぐ下のライト等に変更があるようです。
コンセプトモデルのときよりも、より実用性のあるデザインに変わっているようです。

【4月】ランボルギーニ・ウルス プロトタイプから製造が開始

ランボルギーニ社のSEOであるステファノ・ドメニカリ氏が新型SUV ウルスの製造を2017年4月に開始すると発表したそうです。
ですが、今までと違った製造工程を行うため、残念ながら最初の数台はプロトタイプとなるそうです。

【6月】ニュルブルクリンクでの開発者走行映像公開

いよいよ発売日まで1ヶ月を切る11月14日、ランボルギーニはウルスの6種類のドライブモードを紹介する動画を公開しました。

圧倒的な性能を、発売に先駆けて紹介するマーケティング戦略のようです。

【8月】ウルスはニュル最速SUVを目指していない?

ニュルブルクリンクで目撃されたウルス

2017年8月、ランボルギーニ ウルスのテスト車両がドイツニにあるュルブルクリンク北コースで目撃されました。

現在、ニュルブルクリンク最速SUVの称号は、7分59秒のレコードを記録したアルファロメオ ステルヴィオQVが保持しています。
ランボルギーニ ウルスのベースモデルではこの最速タイムの更新に挑戦しないことがアナウンスされており、最速SUVを目指していないことが判明しています。

ウラカンのペルフォルマンテ、アヴェンタドールのSVのようなハイパフォーマンスモデルがウルスにも設定され、その際にニュル最速SUVの座を狙うのでは無いかと予想されます。

【8月】ランボルギーニ ウルス先行予約開始!

新型ランボルギーニ「ウルス」の先行受注予約がついに日本国内でも開始しました。

Lamborghini 新型SUVモデル URUS

先行受注予約受付開始しております!!!!

出典:http://www2.lamborghini-azabu.com/

これは日本国内正規ディーラーである「ランボルギーニ麻布」「ランボルギーニ横浜」のブログに2017年8月27日に掲載されたものです。
ランボルギーニ ウルスの発売が目前に迫ってきています。

【10月】ランボルギーニ本社工場が新型ウルスの生産に向けて拡張

10月、ランボルギーニの本社工場が倍に拡張されたことが公式プレスリリースで発表されました。
拡張が行われたサンタガタ・ボロニューエゼ本社工場は、元々の工場面積である8万平方メートルから、倍の16万平方メートルに拡張。
工場面積の拡張に伴い、生産能力も年間7000台に倍増したとのこと。
ランボルギーニが「スーパーSUV」と呼ぶ新型「ウルス」専用の組立ラインを設置し、最新のデジタル技術が採用された次世代の生産システムが採用されたそうです。

ランボルギーニ イタリア本社工場を拡張

ランボルギーニは新型SUV「ランボルギーニ ウルス」の生産に備え、イタリアの本社工場であるサンタガタ・ボロニューエゼ工場を拡張しました。
新しい工場は「ウルス」の塗装をするための塗装工場だけでなく、組立作業も行われます。
サンタガタ・ボロニューエゼ工場の面積は16万平方メートルとなり、新たに3,600名ほどが採用されました。

【11月】ウルスの走行モードを紹介するティザー映像公開!

ランボルギーニは、来る12月4日の発表に先駆け、新型ウルスが搭載する走行モードを動画で紹介しました。

こちらの動画で紹介されているモードはSABBIAで、砂地での走行に適したモードです。
新型ウルスにはSABBIAのほか、一般道路向けのSTRADA、スポーツ用のSPORT、サーキットに適したCORSA、オフロード用のTERRA、そして雪上向けのNEVEが搭載されています。

【12月】ワールドプレミアに先駆けてティザーイメージ公開!

ワールドプレミアを目前に、ランボルギーニ新型ウルスのティザーサイト内で、内外装のティザー画像が公開されました。

ランボルギーニ新型ウルスのワールドプレミアはイタリアにて12月4日(日本時間12月5日未明)に行われます。
ウルスの市販型の内外装が公開されるのは今回が初めてです。
プレミア目前の公開ということで、世界から注目を集めています。

ランボルギーニ新型ウルスのエクステリア(外装)ティザー

ヘッドライト

テールランプ

ダクト部分

リアデザイン

公開された新型ウルスのエクステリア(外装)からは、スポーティさが見て取れます。
個性的な形のテールランプや、フロントのダクト部分と思われる画像などから、SUVでありながらランボルギーニの血筋を継ぐモデルであることが伺えます。

ランボルギーニ新型ウルスのインテリア(内装)ティザー

ステアリング

センターコンソールのモード切替スイッチ

新型ウルスのインテリア(内装)画像も一部公開されました。
多彩な走行モードを切り替えられることができる新型ウルスの、特徴的なセンターコンソールが印象的です。

【12月】ランボルギーニ新型ウルスがついにワールドプレミア!

ランボルギーニ新型SUV「ウルス」が12月4日にサンターガタ・ボロニェーゼにあるランボルギーニ社にて公式発表されるました。
スーパーカーメーカーとして名のしれたランボルギーニが手掛ける初のSUVということで、期待が集まっていたウルス。
ランボルギーニは「Urus」という商標登録も2017年7月に行い、発表に向けて着々と開発が進んでいました。

【噂】ランボルギーニ ウルスのPHEV化はある?

ウルスはランボルギーニ社初の「ターボエンジン」を搭載するモデルになりそうなだけでなく、初の「ハイブリッドシステム」を搭載するモデルにもなるとのことです。
同社の開発研究部門のディレクターであるマウリッツォ・レッジャーニ氏が「ランボルギーニ・ウルスのPHEV化が進んでいる」とメディアに語ったようです。

プラグインハイブリッドモデルは新型ポルシェ「カイエン S ハイブリッド」をも上回る、700ps以上の出力を発揮する可能性があるとのことです。

また、電気自動車型スポーツカーの開発についても、当面の間は無いとしています。

ランボルギーニ・ウルス プラグインハイブリッドは2018年に公式発表?

プラグインハイブリッド車がラインナップに投入される見通しのランボルギーニ・ウルスが2018年に公式発表されると予想されています。
ウルス プラグインハイブリッドの発売は公式発表の1年後の2019年に発売が開始されると思われます。

ランボルギーニ ウルスのライバル車は?

ポルシェ新型カイエン

スポーツカーメーカーとして知られているポルシェのクロスオーバーSUV「カイエン」がランボルギーニ ウルスのライバル車として挙がるでしょう。
カイエンはポルシェ初のクロスオーバーSUVとして2002年より発売されました。
ポルシェ911からなる「ポルシェのDNA」を引き継いだ新しい形のスポーツカーです。

現在2代目カイエンが市場に出回っていますが、フルモデルチェンジを控えているポルシェ新型カイエンは、ワールド・プレミアされたばかりの期待のSUVです。
ポルシェ新型カイエンはより内外装の高級感を高め、走行性においても新開発エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの採用で向上しました。

ベントレー ベンティガ

ランボルギーニ ウルスと同価格帯の高級SUVとして挙げられるのが、ベントレー ベンテイガです。
2695万円の価格に見合った豪華なインテリア(内装)はもちろん、オフロードの走破性も最強クラス。

6.0L W12エンジンのスペックも、最高出力608PS、0-100km/h 4.1秒、最高速度301km/hと、ウルスがデビューするまではSUV最高でした。

最速SUV ウルスの発売に期待!

多くの高級車メーカーがSUV市場に参戦していますが、ランボルギーニ ウルスはそれらのどのSUVにも劣らないスペックと価格です。
ウルスの販売に合わせて、世界のランボルギーニディーラーの拠点数も拡大する意向であり、ランボルギーニのウルスに対する自信がうかがえます。

MOBYではウルスの引き続き最新情報を更新してまいりますのでお楽しみに!

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

新型高級SUVの最新情報についてはこちら

ランボルギーニに関連する記事はこちら

外車ランキングについてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!