初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ケンメリの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

ケンメリは日産を代表する歴史あるスカイラインの4代目モデルであり初代はプリンスの最上級スポーツカーであった経緯もあり現在も元々日産のフェアレディZと並行して販売されるスポーツセダンの過去最大販売台数を記録したモデルです。名前の由来はテレビコマーシャルが大きく影響を与えました。ケンメリの歴史と中古車価格を紹介します。

ケンメリってどんな車?

ケンメリとは、一般的に4代目スカイラインのことを指します。
(画像は上位グレードのケンメリGT−Rです。)

ケンメリという愛称の由来となった「ケンとメリー」のCM

当時、ケンとメリーが新しいスカイラインに乗って旅を楽しむテレビコマーシャルが放送されて、非常に有名になりました。先代の「愛のスカイライン」から「ケンとメリーの愛のスカイライン」として登場したモデルがケンメリにあたります。

先代は別名「箱スカ」とも言われ角ばったボクシ―なスタイルでしたが、ケンメリではサイズアップされてゆったりと北米をも意識したようなスタイルとして登場しました。

ケンとメリーのテレビコマーシャルの印象が強すぎていつの間にか「愛の・・」の部分はは忘れ去られて、ケンとメリーも省略されてケンメリという愛称が広く定着しました。以来、「ケンメリ」と言えばこの4代目スカイラインとして、今でも愛され続けています。

ケンメリは1973年-1977年に販売されてスカイライン至上4代目となりますが、初代、2代目はプリンスから販売されて3代目のハコスカから日産として販売された為に2代目がケンメリと思われる方も多くいると感じます。

またスカイライン至上もっとも売れたスカイラインがケンメリである事もとても人気のあったモデルと言えましょう。総生産台数は実に67万562台だったそうです。

1973年当初のケンメリの主要諸元等は以下の通りです。

【ケンメリGT-R KPGC110】

・乗車定員: 5人

・ボディタイプ: 2ドア ハードトップ

・エンジン:S20型 2.0L 直6 DOHC24バルブ

・最高出力:160PS/7,000rpm

・最大トルク:18.0kg·m/5,600rpm

・変速機:フロア5速MT

・駆動方式:FR

・車両重量:1,145kg 

サスペンション前:マクファーソンストラット

・サスペンション後:セミトレーリングアーム

・全長:4,460mm

・全幅:1,695mm

・全高:1,380mm

ホイールベース:2,610mm

すごく絵になるシルエットを持っています。

大人気だったケンメリ

ケンメリの情緒的なコマーシャルのストーリーやCM曲「ケンとメリー~愛と風のように~」が老若男女に大人気となりました。その人気は社会現象となるほどのもので、ケンメリの累計販売台数は歴代最高の64万台まで達しました。販売台数64万台とは、当時の人気の高さが伺えます。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す