車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

販売台数世界No.1の電気自動車!?これを読めば日産EVリーフがまるわかり!

ガソリンに代わって空気を汚さないクリーンな燃料で動く車の開発がすすめられてる昨今、各自動車会社がこぞってエコカーの開発に力を注いでます。そんな時代の流れの中で、日産は電気自動車(EV)の開発に力を注いでいるようです。今回は日産が販売しているEVについて紹介していきます。

リーフってどんな車?

リーフは日産初の商用EVです。2010年12月に、最初のモデルがアメリカと日本で発売されました。車種は、5ドアハッチバックとなっています。

リーフという車名は葉っぱ(Leaf)から由来しているそう。葉っぱが空気を浄化するように、リーフが排ガスを発生しない自然に優しい車である、ということを意味しているようです。

2015年5月現在の電気自動車(EV)、プラグイン自動車(PHEV)の世界累計販売台数は、以下の通り。リーフは第1位で以下の累計販売台数を大きく上回り、世界一を記録している模様です。

2位:シボレーのVolt(ボルト)/約8万8,000台

3位:トヨタのプリウス プラグインハイブリッド(PHV)/約7万1,000台

4位:テスラのモデルS

Voltの発売が2010年でリーフと変わらないこと、プリウスPHVは2012年1月に発売したとはいえ、売り上げに2倍以上の差がついていることを考えると、いかにリーフが電気自動車の中で人気があるかわかります。

日産リーフの静かでフラットな乗り心地

そんなリーフですが何が魅力なのでしょう。

運転の際、車内の揺れがほとんどなく非常に安定している、というのが魅力の1つのようです。

・リーフがEVであるため、エンジンから発生する揺れがない。

・車体が低く、その分重心も低くなっている。

・重いエンジンが無い分、前後の重量バランスがよい。

ということが、車内の揺れを抑えを可能にしています。

非常に静かに運転できるというのも特徴。

・リーフがEVであるため、エンジン音がない。

・流線形でスマートなボディーが風切り音を抑える。

ということによって、達成されているようです。

日産リーフは小型スポーツカー並みの加速度!?

リーフの加速はものすごいです。エンジンと違ってモーターは回転のはじまりから最大トルクを発生するので、このすさまじい加速が可能となっています。

加速はスポーツカーには及ばないまでも、一般自動車は明らかに超えているようです。

日産「リーフ」の市場価格とは

最低グレードのSが2,738,880円。

最高グレードのGが3,545,640円です。

国の制度を使えば、最大27万円の補助金が出ます。エコカー減税対象車で、免税車なので更に安く買うことができるでしょう。

中古価格は81.1万円~368.5万円が相場です。平均価格は168.2万円となっています。

日産「リーフ」を安く買う方法

リーフの値引き相場は5万円ほどです。「リーフ」という車の立ち位置を考えると、値引きができないことも考えられます。賢く立ち回って、値引きを引き出しましょう。

時期を見極める

ボーナス・決算・年末商戦の時期は、ディーラーが最も車を売りたい時期でもあります。これらの時期を狙っていけば、より良い値引きを引き出せるでしょう。エコカー減税も平成29年度までなので、考慮に入れておいてください。

補助金をフル活用

クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の名目で、国から補助金が出ているのでフルに活用しましょう。エコカー減税も合わせるとかなりの値引きができます。

下取り価格と買い取り価格を調べる

ディーラーに下取りに出すより、買い取り業者に買い取ってもらった方が高くなる事が多々あります。場合によっては数十万の差が出ることも。ネット上で複数の買い取り業者に査定を依頼する事ができるので、現在の車の査定を依頼してみましょう。

リーフの充電はどのように行うの?

リーフはEVなので、バッテリーに電気を充電しなくてはいけません。充電は、個人住宅なら専用の工事をすることで自宅でも行うことができるようになります。勿論、賃貸住宅ならば貸主と要相談です。

リーフの気になる充電時間と電気代

充電時間はどのくらい電気が減っているか等によりますが、大体8時間程度。充電にかかる電気料金は、充電を深夜に行うならば、大体1回につき300円の経費がかかります。

電気自動車の充電スポット

電気自動車の充電は、全国の日産約2,100店で行なうことができます。その他にも、全国の充電スポットが約14,014基ほど存在しますので、長旅でも安心して利用できます。

この場合は、急速充電器で充電することになります。その際、充電可能な電力の最大量は80%。充電時間は50kW出力の急速充電器ならば、30分で80%までの充電が可能だそうです。

「Feel Electric」というアプリを使えば、充電器の設置場所を検索できるので、いざというときにも慌てないようにしましょう。また、1回の充電でかかる費用は、場所によってはタダの場所もあったり100円、200円する場所もあるようです。

電気代のその都度払いが面倒なら月払いが便利

日産ディーラーで充電するのならば、月々3,000円でを5年間充電し放題のお得なプランが存在します。全国5,050基以上の急速充電スポットを利用することができます。

日産リーフの走行距離

日産リーフのJC08モード(国土交通省審査値)での航続距離は、228㎞となります。

あまり遠出しない人にとっては、1日走るのには十分な電力を貯め込めるようです。しかし、これはエアコン等を使わない場合の距離で、新品のバッテリーに100パーセント充電できた時の値です。実際には、もっと走行可能距離は短くなると考えてよいでしょう。

日産リーフの今後の課題は

上でみたとおり、リーフはバッテリーの容量が少ないので、あまり遠出での運転には向きません。また、バッテリーの劣化が早いという問題もあるみたいです。充電時間もガソリンに比べれば、かかります。

1回の充電でガソリン車と同等の航続距離を走行が可能で、充電時間も大幅に短くなる技術開発に成功したと、という話もあるので期待できそうです。EVの普及に向けて、日産のさらなる活躍に期待しましょう。

電気自動車の関連記事はこちら!

日産の新型車やモデルチェンジの最新まとめ記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す