初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

交通違反 点数と罰金・反則金一覧まとめ!違反名の解説付き

7. 基本的な運転ルール、マナーに関する交通違反

道路交通法では、他人や他の車に迷惑がかかるような行為を禁止しています。
また、警察や公安委員会からの指示や免許そのものについても規定しています。

基本的な運転ルール、マナーに関する交通違反点数・反則金一覧表と意味解説

 交通違反名点数反則金
1しゃ断踏切立ち入り違反212,000
2本線車道横断等禁止違反29,000
3路面電車後方不停止違反27,000
4免許条件違反27,000
5交差点右左折方法違反14,000
6泥はね運転違反-6,000
7安全不確認ドア開放等16,000
8騒音運転等違反26,000
9公安委員会遵守事項違反-6,000
10通行許可条件違反14,000
11道路外出右左折方法違反14,000
12制限外許可条件違反14,000
13本線車道出入方法違反14,000
14警音器使用制限違反-3,000
15免許証不携帯-3,000

1. しゃ断踏切立ち入り違反

踏切で遮断器が下りているとき、警報機が鳴っているときに進入する違反となります。
また、遮断器が降り始めた時、警報機が鳴り出したときも進入は禁止となっています。

2. 本線車道横断等禁止違反

高速道路などの本線車道で横断、転回、後退したりすることの違反です。
前項の「法定横断等禁止違反」とよく似ていますが、この違反は、高速道路などの本線車道上となり、反則金が少し高くなっています。

3. 路面電車後方不停止違反

乗客の乗降で停止中の路面電車に追い付いたときは、乗客の乗降、横断が終わるまで路面電車の後方で停車しなければなりません。
これに違反し進行すると違反になります。

4. 免許条件違反

交付された免許証に記載された条件を守らず車を運転すると、この違反になります。
例えば「眼鏡等」と記載されているのに、メガネやコンタクトレンズをしないで運転することとなります。

5. 交差点右左折方法違反

道交法では、交差点の右左折の方法が規定されています。
例えば、右折の際は予め道路ないしは車線の右側に寄って、交差点の中心点のすぐ内側を通らなければならない、とされています。
この規定の右左折方法に従わないときの違反となります。

6. 泥はね運転違反

水たまりやぬかるんだ道路を通る際は、徐行するなどして水や泥をはねあげないようにする定めがあります。
これを守らず人に迷惑をかけると取り締まりの対象となります。
違反時のペナルティは点数はなく反則金のみとなります。

7. 安全不確認ドア開放等

周囲の安全を確認せずドアを開けたり、走行中にドアを開けるなどすると、この違反になります。
これは同乗者が開けた場合でも運転者が違反の対象となります。

8. 騒音運転等違反

正当な理由なく、急発進、急加速、空ぶかしするなどして周囲に騒音を撒き散らす違反となります。

9. 公安委員会遵守事項違反

公安委員会が、道路の危険防止や交通安全のため定めた禁止事項、都道府県の条例(道路交通法施行細則)の禁止事項等を守らない場合の違反となります。
都道府県が個別に定める条例(道路交通法施行細則)となりますので、各都道府県によって禁止事項は異なってきます。
例えば、「雪道でのチェーン等の着用義務」、「スリッパ等を履いての運転禁止」、「イヤホンやヘッドホンの使用禁止」、「和服での運転禁止」等があります。
違反時のペナルティは反則金のみ、点数はありません。

10. 通行許可条件違反

標識や標示で通行禁止の道路に許可を得て通行ができる許可証の交付を受けた車は、常にその許可証を携行し、記載された条件に従って通行しなければならない規則があります。
これに違反すると取締りの対象となります。

11. 道路外出右左折方法違反

道路交通法では、ガソリンスタンドやコンビニなどに入るときなど、道路外に出るために左折する際は道路の左側端に寄って徐行、道路外に出るために右折する場合は、道路中央または右側端に寄って徐行しなければならないと定めています。
これに従わないと違反になります。

12. 制限外許可条件違反

警察署長から制限外許可を得て運転するときは許可証を携帯しなければなりません。
これを怠ると、の違反になります。

13. 本線車道出入方法違反

高速道路などでは、本線車道に進入する場合は加速車線を通行、本線車道から出る場合は減速車線を通行しなければならない規則があります。
これに従わないと取り締まりの対象となります。

14. 警音器使用制限違反

クラクション(警音器)の使用場所は、
・左右の見通しのきかない交差点
・見通しのきかない道路の曲がり角
・見通しのきかない上り坂の頂上付近や山岳地帯できついカーブが多い場所など道路標識等により指定された場所
のほか、危険を防止するためやむを得ないときと限定されています。
この使用制限外でクラクションを鳴らすと違反になります。
例えば、信号待ちをしていて前の車が発進しなかったときにクラクションを鳴らすのは違反となります。
反則金のみのペナルティとなります。

15. 免許証不携帯

文字通り、免許証を持たずに車を運転するとこの違反となります。
点数はなく反則金のみのペナルティとなります。

8. 運転者の義務違反

車の運転者にはさまざまな義務があります。
交通違反名に「義務違反」の言葉がついているものがたくさんあります。

運転者の義務違反関係の点数・反則金一覧表と意味解説

 交通違反名点数反則金
1交差点安全進行義務違反29,000
2安全運転義務違反 29,000
3追いつかれた車両の義務違反16,000
4減光等義務違反16,000
5警音器吹鳴義務違反16,000
6転落等防止措置義務違反16,000
7転落積載物等危険防止措置義務違反16,000
8停止措置義務違反16,000
9初心運転者等保護義務違反16,000
10故障車両表示義務違反16,000
11仮免許練習標識表示義務違反16,000
12初心運転者標識表示義務違反14,000
13聴覚障害者標識表示義務違反14,000
14座席ベルト装着義務違反1
15幼児用補助装置使用義務違反1

1. 交差点安全進行義務違反

交差点を進行するときは歩行者や他の車両に対して注意する義務があります。

2. 安全運転義務違反

交通事故の原因が運転者の比較的少ない過失のときに、この違反となるケースが多くあります。
例えば、
・前方不注意、側方不注意
・漫然運転
・居眠り運転(過労運転を除く)
・ハンドル操作ミス
・安全速度で走行していない
などとなります。

3. 追いつかれた車両の義務違反

自分の車の後ろに他の車が追いつき、追い越そうとしたときは、スピードを上げてはならない、という定めがあります。

4. 減光等義務違反

夜間走行中、対向車がきたときや前方に歩行者や走る車があるとき、ロービームに減光をしなければなりません。
ちなみに、道路交通法では、夜間は基本、ハイビームでヘッドライトを点けなければならず、必要な時のみロービームに減光するという規則になっています。

5. 警音器吹鳴義務違反

警音器(クラクション)を鳴らさなければならないところでは、きちんと鳴らさないと違反になります。
警音器鳴らせの標識がある区間や場所のほか、見通しのきかない交差点、道路の曲がり角も警音器を鳴らさないといけません。

6. 転落等防止措置義務違反

荷室のドアを確実に閉めること、荷台の荷物は荷崩れ、落下などしないよう固定することが義務付けされています。
乗用車でもトランクを半開きで走行しない、窓から物が落ちることがないようにする義務があります。

7. 転落積載物等危険防止措置義務違反

運転中、荷物や車の部品が落下した場合は、速やかに適切な措置をしなければなりません。
何か物が転落、落下したと知りながらそのまま無視して走行をすると、この違反となります。

8. 停止措置義務違反

道路交通法では、車を停止するときは、
・エンジンを停止
パーキングブレーキを作動させる
・キーを抜くなど他人が勝手に運転しないようにする
といった措置が義務付けられています。

9. 初心運転者等保護義務違反

初心運転者の他、仮免許運転者、高齢運転者等のマークを付けた車に危険回避等のためではないときに、幅寄せや車間距離を詰めるなどの行為をする違反です。

10. 故障車両表示義務違反

高速道路などの本線車道上で故障し停車するときは、停止表示装置(三角板)を設置しなければなりません。
また、停止表示装置は夜間用、昼間用があり(市販されているものは兼用が多い)停止する時間帯に合ったものを使用することも義務付けられています。

11. 仮免許練習標識表示義務違反

道交法では、仮免許で運転するときは「仮免許練習中」の標識を指定された方法で付けなければならないことになっています。

12. 初心運転者標識表示義務違反

運転免許を取得してから1年間は、初心者マークを付けて運転しなければならないことが定められています。

13. 聴覚障害者標識表示義務違反

運転免許証に条件が付された聴覚障害者は指定の標識を指定の方法で車に取り付けなければなりません。

14. 座席ベルト装着義務違反

シートベルトを着けない違反です。
シートベルトの装着が医療上等の問題が生じる場合や妊娠中の人、大柄な体型などでできない場合、古い車など販売時からシートベルトがない車での運転は除きます。
反則金はなく点数のみの行政処分となります。

15. 幼児用補助装置使用義務違反

6歳未満の子供を車に乗せるときは、チャイルドシートの使用が義務付けられています。

9. 人や車への妨害行為に関する交通違反

交通違反名に「妨害」の文字が入っているものがたくさんあります。
事故に繋がるような他の人や車への妨害は違反行為となります。

人や車への妨害行為に関する交通違反点数・反則金一覧表と意味解説

 交通違反名点数反則金
1横断歩行者等妨害等違反29,000
2優先道路通行車妨害等違反29,000
3幼児等通行妨害違反17,000
4道路外出右左折合図車妨害違反16,000
5乗合自動車発進妨害違反16,000
6交差点右左折等合図車妨害違反16,000
7交差点優先車妨害違反16,000
8緊急車妨害等違反16,000
9本線車道通行車妨害違反16,000
10本線車道緊急車妨害違反16,000

1. 横断歩行者等妨害等違反

道路交通法では、横断歩道または自転車横断帯で横断する歩行者や自転車がいた場合、その直前で停止できる速度で通行しなければならない、と定められています。(歩行者、自転車がいないと明らかな場合は除く)
また、歩行者や自転車が横断歩道、自転車横断帯を横断し終えるまでは車は停止し、歩行者や自転車の通行を妨げてはいけないと規定されています。

2. 優先道路通行車妨害等違反

道路交通法では、
・信号機のない交差点に進入する時
・交差している道路が優先道路ないしは明らかに幅の広い道路
では徐行運転で安全確認しながら進入しなければならないと定められています。
これを怠り、優先道路を走る車を妨害すると違反となります。

3. 幼児等通行妨害違反

幼児のそばを通行するときは徐行、一時停止するなどしなければなりません。

4. 道路外出右左折合図車妨害違反

道路際のガソリンスタンドや店など、道路外に出るためにウィンカーを出した車の後方に位置したときは、合図を出している車両の進路変更を妨げてはならいという規定があります。

5. 乗合自動車発進妨害違反

路線バスは一般車よりも優先となっています。
停車中の路線バスがウィンカーを出して発進しようとするときに追い越すなどの行為をすると、この違反に該当します。

6. 交差点右左折等合図車妨害違反

ウィンカーを出している車の後ろから追い越しするなどの妨害行為です。

7. 交差点優先車妨害違反

交差点では、直進車→左折車→右折車の順で優先順位が定められています。
信号のない交差点で優先道路の指定の標識がない場合は幅の広い道路を走行する車が優先となります。
これらの優先車の通行を妨害すると、この違反となります。

8. 緊急車妨害等違反

消防車、救急車、パトカーなどの緊急車が後ろから近づいてきた場合は進路を譲る、一時停止(交差点を避けて)するなどしなければなりません。

9. 本線車道通行車妨害違反

高速道路などで本線車道に進入するとき、本線車道を通行する車を妨げてはならないという道交法の規定があります。

10. 本線車道緊急車妨害違反

緊急車が本線車道から出るときや進入しようするとき、それを妨げてはならないと道路交通法で定められています。

交通違反にならない運転で事故防止、安全運転

ビジネスマン 運転

©iStockphoto.com/ Geber86

「交通違反 点数と罰金・反則金一覧まとめ」は、いかがでしたでしょうか。
知らなかった違反や勘違いしていたものがあったのではないでしょうか?
交通違反をしないように運転していれば、必然と安全運転、事故防止に繋がります。

それでは、交通ルールを守って楽しいカーライフをお過ごしください!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す