初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車のエンジンのオーバーヒートの意味とは?症状から原因、対処法、修理費用まで

車の深刻なトラブルであるオーバーヒート。「名前は聞いたことあるけど、症状はよく知らない」という方は少なくないかと思います。本記事では、オーバーヒートの意味や症状から原因、修理・対処法を紹介します。運転をする方はぜひ一読ください。

車のエンジンのオーバーヒートとは?

オーバーヒートとは、エンジンの温度が熱くなりすぎた状態のことをいいます。正確にいうと、エンジンの冷却水温度が熱くなってしまい、エンジンに障害が生じた状態です。

エンジンの冷却水(別名ラジエーター液)とは、エンジンを冷やしてオーバーヒートを防ぐことと、エンジンが錆びないようにすることの2つの役割を担っているものです。

オーバーヒートになってしまうと、エンジンが故障し、最悪エンジン総取り替えしなければなりません。かなり深刻なトラブルですので、そうならないために、予備知識を持っておきましょう。

車がオーバーヒートになった時の症状

【初期段階】
・水温系がHマークの付近を指す。
・走行時のスピードアップが思うようにできない。
・エンジン回転数が不安定。
・ノッキング音がする。

【中期段階】
・水温計はHマークを越える。
・エンジンから水蒸気があがってくる。
・「キイキイ」のような異音が発生する。

【最終段階】
・水温計はCマーク(冷却水漏れなど)を指す。
・オイルの焼ける臭いがする。
・エンジン内部から異音が発生するようになる。
・エンジンが停止する。

ボンネットから煙が出たら危険な状態!

アクセルを踏むと不自然なカリカリ音がしエンジン回転数が不安定の症状が現れたらまずはオーバーヒートを疑ってください。

「オーバーヒートになったらボンネットから煙が出る」というイメージを思っている方が多いかもしれませんが、煙が出たら最後で、かなり危険な状態です。ボンネットから煙が出る前に対処しましょう。

車のエンジンのオーバーヒートの原因

オーバーヒートの主な原因と挙げられるものは、冷却水の不足です。または、エンジンオイルの不足から摩擦熱が高まってしまったことが原因です。

日頃から冷却水やエンジンオイルのメンテナンスを欠かさず行わなければいけません。

オーバーヒートの修理・対処法は

オーバーヒートの症状が現れたら、まずは安全な場所で停車し、冷却水をチェックします。冷却水が残っている場合は、冷却システムを停止させないためにエンジンはつけたままにしましょう。

なおボンネットは熱くなっていて、触ると火傷する可能性が高いため、ボンネットは開けないでおくか触る際には注意が必要です。

冷却水が漏れている場合もしくは残量が不明な場合は、エンジンを停止し、あとはロードサービスや車の販売店に連絡し、救援を依頼してください。

オーバーヒートの修理費用

ラジエターを含む配管周りの交換だと約10〜15万円。エンジンの交換だと20〜40万円が相場です。

車種や年式によって費用は上下しますので、正確な額を知りたい方はディーラーなど専門家に問い合わせすることをおすすめします。

メンテナンスを忘れなければ、オーバーヒートは怖くない!

オーバーヒートは車にとって非常に危険な状態です。「あれ?これってオーバーヒートの初期症状?」というシーンに直面してしまったら、オーバーヒートの最終段階にならないように適切に対応することが重要です。

もちろん日頃からメンテナンスを行えば、オーバーヒートになる可能性が格段に下がりますので定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

愛車を万全な状態に保ち、安全なカーライフを送ってください!

こちらの記事もおすすめ!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す