初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした奥山清行氏が自らデザインしたエンツォを購入!

エンツォ・フェラーリをデザインした男として有名な奥山清晃さんが、自身のデザインしたエンツォ・フェラーリを購入したという投稿をフェイスブックに投稿し話題になっています。 そこで今回は、彼とエンツォフェラーリにまつわるエピソードについて紹介します。

創始者の名を冠した記念モデル「エンツォ・フェラーリ」とは?

創業55周年を記念するプレミアフェラーリ

エンツォ・フェラーリは、創業55周年を記念する限定生産車の名前であり、同時にフェラーリの創業者の名前でもあります。

創業者の名前を冠し、記念碑的な意味合いをもつこの「エンツォ・フェラーリ」は、ある意味でフェラーリ全車種の中でもっとも重要な車と言えるかもしれません。

限定生産車ということで、当初349台が生産され、その後追加生産で50台、合計で399台のエンツォ・フェラーリが世に送り出されました。

新車購入価格は、日本円でおよそ8000万円ほどでしたが、当然ながらその希少性は極めて高く、1億円を超える価格で取引されることもあったようです。

400台目となる幻の一台がある

エンツォ・フェラーリには、400台目となる幻の一台があるようです。それは、ローマ教皇がチャリティのためにオークションに出品したもので、結果として1億5000万円という値をつけ、インド洋大津波への義援金として使われたと言われています。

いずれにしても、超希少かつフェラーリにとって超重要な意味をもつ「エンツォ・フェラーリ」ですが、なんと日本人のデザイナーがデザインしたものなのです。

Ken Okuyamaこと、奥山清行とは?

イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした男

奥山清行さんは、カーデザイナー、インダストリアルデザイナーとして世界で活躍する日本人です。日本以外では、Ken okuyama(ケン オクヤマ)という名前を使っています。

主な経歴としては、ポルシェのシニアデザイナーや、ゼネラルモーターズのチーフデザイナー、そしてイタリアのピニンファリーナにデザイナーのデザイナーとして活躍しました。

ピニンファリーナとは、デザインを手がけるイタリアの超老舗名門企業です。そして、フェラーリのデザインを手がける会社でもあります。

これから紹介する、Ken Okuyamaこと、奥山清行さんとエンツォ・フェラーリのエピソードは、このピニンファリーナ時代のできごとです。

奥山清行氏がエンツォ・フェラーリを手がけたエピソード

たったの15分でデザインを描きあげた

「エンツォ・フェラーリ」プロジェクトはフェラーリ社としても、めったにない一大プロジェクトでした。

そして、デザインの企画は超重要項目で、デザインを委託されたピニンファリーナ社も、一流デザイナーを集結させました。

ピニンファリーナ社のエースを集結させたチームの中に、チーフでもなんでもない一人のデザイナーとして奥山さんはいました。

フェラーリの会長にプレゼンをし、「GOサイン」をもらうことがピニンファリーナ社の至上命題でした。

そのための渾身のデザインを、奥山さんを含む、一流デザイナーたちで絞り出しました。

運命のプレゼンの日

運命のプレゼンの日、ピニンファリーナ社は絞り出したデザインをプレゼンしましたが結果は「NO」でした。

がっかりしたフェラーリ会長はそそくさとヘリコプターで立ち去ろうと現場をあとにします。

そして、このとき、奥山さんの運命を左右する瞬間が訪れたのです。

ピニンファリーナ社の社長は奥山さんに次のように命じたのです。

「フェラーリの会長をサンドイッチで15分だけ足止めするから、それまでに新しいデザインを描き上げろ!」

信じられない無茶振りですが、なんと奥山さんは見事に15分で新しいデザインを描きあげ、フェラーリ会長からのデザインの「Goサイン」を勝ち取ったのだそうです。

15分で書き上げたエピソードにはこんな裏話も

以上が、「イタリア人以外で始めたフェラーリのデザインを手がけた男」の有名なエピソードです。

それには、こんな裏話があったとも言われています。

奥山氏は、ピニンファリーナのチームの中で、フェラーリの会長にプレゼンする以前から「このデザインはボツだろう」と考えていたそうです。

しかし、そのころの奥山さんはただの平デザイナーでした。社を代表するデザインに大きな口を叩く訳にもいきません。

そのため、これなら通ると思う自身のデザインを、密かに用意したのです。

エンツォ・フェラーリのデザインとして採用

そして、そのデザインこそ、結果的にエンツォ・フェラーリのデザインとして採用されました。

巡ってくるかもわからないチャンスのために、準備を整えていたようです。

真実のほどはわかりませんが、デザイナーとしてわずかな可能性にかける姿勢が感動的な、美しい裏話です。

デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論によると、プロとはいつ訪れるかわからない15分のために常にデザインを用意している人のことで、アマチュアとは来ないかもしれないと決めつけ用意していない人のことを指すと述べています。

現在の奥山清行氏の会社「Ken Okuyama Design」とは?

退社して独立

その後、「やりたいことはすべてやった」と言い切る奥山さんは、ピニンファリーナを退社し、独立しました。

ワンオフカーの他に家具や室内インテリアを手がけるデザイン会社「Ken Okuyama Design」を立ち上げ、現在でもCEOとして活躍しています。

ついに自身の手がけたエンツォ・フェラーリを購入?

エンツォ・フェラーリのデザインを手がけた伝説の日本人、奥山清行さんです。

2016年に4月27日、自身のフェイスブックに、エンツォフェラーリとともに移った写真を「Yes, I bought....Enzo. What a car!(ついに、エンツォを買ったぜ!なんていい車なんだ!)」というコメントを添えて投稿していて、本当に嬉しそうな顔をしています。

2002年に、発売されて以来、実に15年ほどたって自らデザインしたエンツォ・フェラーリを手に入れたことになります。

以前は、「高すぎて買えない」と周囲に漏らしていたとの噂もあり、まさに念願の愛車と言えるでしょう。

おすすめの関連記事