車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【教えて!自動車保険】日新火災海上保険はどう?補償内容やデメリットと魅力は?

日新火災海上のサポート・サービス

車検 メンテナンス ロードサービス

©shutterstock / 135pixels

日新火災海上は、24時間365日の事故受付、ロードサービスのに対応しています。
ロードサービスは、タイヤのパンク時のタイヤ交換、キー時閉じ込み、バッテリー上がり、ガス欠などといったクイックサービスを無料で受けられます。(回数制限等にご注意ください)
日新火災海上のサービス、サポートは、東京海上グループの傘下であることと、老舗損害保険会社であることから、その信頼性に間違いは無いでしょう。

日新火災海上の保険料は?

日新火災海上は代理店型の保険会社であるため、ダイレクト型(インターネット通販型・直販型)の保険料と比べると高めになってしまいます。
代理店型自動車保険会社の中では、標準的な保険料となるでしょう。
ただ、保険料はそもそも「損害保険料算出機構」(日本のほとんどの損害保険会社が加盟)でベースが決められているため、保険会社間で大差はつきません。
保険会社独自の特約や割引サービスでは当然差が出てきます。

日新火災海上は、古くからある保険会社で非常に高い信頼性を得ている評判がありますから、保険料だけでなく、トータルで検討をされたい方にはとてもおすすめな保険会社となるでしょう。

日新火災海上の自動車保険のメリット・デメリットとは?

日新火災海上の自動車保険は至ってオーソドックスな保険商品構成、補償内容となっています。
この点は、新しい保険会社、外資系保険会社によくある特約がわかりにくい、不安に感じるといった方には大きなメリットとなるでしょう。

デメリットとなるような補償内容、保険料などは見当たらないようです。
代理店型自動車の特色として、必ず対面で契約締結となること(法律で重要事項の説明を口頭ですることが義務付けられています)があり、この部分の経費が保険料に反映されるため、インターネットだけで契約締結が完了する、ダイレクト型自動車保険と比較して保険料が高めになります。

これは、保険料が高いというデメリットには直結させないで、サポート・サービスを総合して判断するようにされるとよろしいかと思います。

日新火災の自動車保険へ問合せをしてみては?

運転 携帯電話 スマホ

©shutterstock / AXL

日新火災海上保険の自動車保険はいかがでしたか?
日新火災海上の商品について、おわかりいただけましたでしょうか。

マイナーな自動車保険ですが、長い実績と信頼性は特筆すべき保険会社です。
保険の切り替え、新規加入をご検討されるなら、ぜひ一度、日新火災海上のホームページから問い合わせをしてみてください。

ご注意

この記事でご紹介している情報は、2016年4月時点のものです。
ご覧になられる時期によっては、補償内容等に変更がある場合があります。
また、保険の内容の詳細は、保険会社のホームページ、パンフレット、保険契約約款をご参照ください。

現在の最安見積もり額はこちらを要チェック

└→【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

自動車保険に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す