初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」の現行モデルを一覧比較│歴史や価格とスペック情報

半世紀以上に渡り「ビートル」の愛称で親しまれてきた「タイプ1」。1999年に「ニュービートル」、2012年には「ザ・ビートル」として現在も世界で愛され続けています。今回は新型「ザ・ビートル」を元にその魅力やモデルバリエーション、性能や実用性を紹介していきます。

ビートルってどんな車?

参考画像:初代ビートル(タイプ1)

「ビートル」はドイツの大手自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が販売している車です。1938年から2003年まで生産され非常に息の長い車として自動車の歴史に名を刻みました。

もともと「ビートル」という名前は正式名称でなく、カブトムシのようなルックスに親しみを込めて付けられた愛称でした。
90年代に「ニュービートル」が発売される際、あまりにもそのネーミングがメジャーだったため、正式名称に採用が決まったのです。

2012年より日本で販売が開始したザ・ビートルは「ビートル」としては2代目となります。

「タイプ1」はリヤエンジン・リアドライブを駆動方式としており、「ニュービートル」以降は現在のコンパクトカーの主流であるフロントエンジン・フロントドライブを採用しています。

駆動方式が全く異なるため、フォルクスワーゲンも「ビートルシリーズ」を直接の後継車種とは位置付けていないようです。

ザ・ビートルと先代ニュービートルを比較

ザ・ビートルのエクステリア

ザ・ビートルの内装・インテリア

比較:ニュービートル

先代のニュービートルは可愛らしいルックスが女性には人気がありましたが、男性からの支持はいまひとつだったとのこと。また、ダッシュボードが異様に広く、後部座席は狭く、トランクも最小限と完全に外観デザイン重視のモデルでした。

新型のザ・ビートルではキープコンセプトでありながら、デザイン、快適性、実用性に大幅な改良を施しました。
デザインは「ポルシェ911」を連想させるワイドなフロントマスクとクーペボディが相まって、男性にも違和感のないスポーティな仕上がりになっています。

後部座席は全長が140mmも延長されたこともあって膝回り、頭上スペースは大人が乗っても窮屈さを感じないレベルまで高められています。

この点に関してはザ・ビートルを愛車にしている所ジョージさんも絶賛しています。全幅も80mm拡大されているので横方向もスペースにも余裕があります。

トランク容量も見直され、先代の214Lから310Lに拡大。他のコンパクトカーに引けを取らない容量を確保しています。

ザ・ビートル モデル一覧

ザ・ビートル ベース

名前の通りザ・ビートルのベースとなるグレードです。より多くの人にザ・ビートルに親しんでもらうため、2015年7月に追加されたグレードです。

エンジンの性能に関しては上位グレードと差はなく、内装は樹脂製パーツが多くなり、装備では「レインセンサー」「フォグラアンプ」「クルーズコントロール」などが省略されています。

【新車販売価格】¥2,340,000

ザ・ビートル デザイン

ザ・ビートルのスタンダードとなるモデルです。特徴は内装のパネルがボディカラーと同色になっているところ。最近では日本車でもこういったデザインの車が増えましたね。これはオリジナルのビートル「タイプ1」をオマージュしたデザインになっています。

プロジェクター式の「バイキセノンヘッドライト」は明るさはもちろんですが、「ビートル」のキャラクターを引き立たせる人気のオプションとなっています。

【新車販売価格】¥2,640,000

ザ・ビートル ターボ

ザ・ビートルのハイパフォーマンスグレードです。
上記の2モデルが快適性重視のコンフォートモデルに仕上がっているのに対して、こちらはスポーツ走行を前面に押し出したモデルとなります。

2.0Lターボエンジンを搭載し、18インチの大径アルミホイールにレッドのブレーキキャリパーなど見た目も性能もスポーティに仕上げられたモデルです。

【新車販売価格】¥3,390,000

ザ・ビートル カブリオレ

ザ・ビートルのオープンモデルになります。
「カブリオレ」のグレードは1.2TSIエンジンを積んだモデルのみです。ボディは補強材が入り100kgほど重くなっていますが、ターボエンジンの恩恵があってか、走行フィーリングにはさほど影響がないようです。

ソフトトップは50km/h以下で開閉が可能で、突然の雨などにも即時対応ができます。開くのにかかる時間は9.5秒、閉める時間は11秒となっております。

【新車販売価格】¥3,958,000

ザ・ビートルのスペック比較!

ザ・ビートル ベース

全長(mm):4,270
全幅(mm):1,815
全高(mm):1,495
ホイールベース(mm):1,580/1,545
最低地上高[空車時](mm):130
車両重量(kg):1,300

エンジン種類:直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(2バルブ)
内径 x 行程(mm):71.0 x 75.6
総排気量(cc):1,197
圧縮比:10.0
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm:77(105)/5,000
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm:175(17.8)/1,500-4,100
燃料タンク容量(L) 55
使用燃料 無鉛プレミアム

ザ・ビートル デザイン

全長(mm):4,270
全幅(mm):1,815
全高(mm):1,495
ホイールベース(mm):1,580/1,545
最低地上高[空車時](mm):130
車両重量(kg):1,300

エンジン種類:直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(2バルブ)
内径 x 行程(mm):71.0 x 75.6
総排気量(cc):1,197
圧縮比:10.0
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm:77(105)/5,000
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm:175(17.8)/1,500-4,100
燃料タンク容量(L) 55
使用燃料 無鉛プレミアム

ザ・ビートル ターボ

全長(mm):4,270
全幅(mm):1,815
全高(mm):1,495
ホイールベース(mm):1,580/1,545
最低地上高[空車時](mm):130
車両重量(kg):1,380

エンジン種類:直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(2バルブ)
内径 x 行程(mm):82.5 x 92.8
総排気量(cc):1,984
圧縮比:9.6
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm:155(211)/ 5,300-6,200
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm:280(28.6)/1,700-5,200
燃料タンク容量(L) 55
使用燃料 無鉛プレミアム

ザ・ビートル カブリオレ

全長(mm):4,270
全幅(mm):1,815
全高(mm):1,485
ホイールベース(mm):1,580/1,545
最低地上高[空車時](mm):130
車両重量(kg):1,380

エンジン種類:直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(2バルブ)
内径 x 行程(mm):71.0 x 75.6
総排気量(cc):1,197
圧縮比:10.0
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm:77(105)/5,000
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm:175(17.8)/1,500-4,100
燃料タンク容量(L) 55
使用燃料 無鉛プレミアム

動力性能に優れるターボエンジンは1.2LでJC08モード17.6km/L、2Lで13.4km/Lとダウンサイジング化が燃費に大きく貢献しています。車体の大きさやスペックを考えれば充分な数値ですね。

ザ・ビートルの魅力を動画でチェック!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル試乗動画

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ試乗動画

ザ・ビートルはデザインも走りも進化

実用面やターゲットの絞られる先代ニュービートルからデザイン、実用性を大幅にアップしたモデルへと進化を遂げました。

初代ビートル(タイプ1)が万人に愛される車として現在も人気を得ていますが、ザ・ビートルは初代への原点回帰の意味も含めた車に仕上がっています。

乗っているだけで、これだけドライバーをワクワクさせてくれるザ・ビートルは他の車にはない魅力なのではないでしょうか。

新型ザ・ビートルもついに発売!

フォルクスワーゲンは2016年9月21日に実に4年ぶりとなる新型ザ・ビートルを発売しました。
価格は「ザ・ビートル Base」が234万9000円、「ザ・ビートル Design」が269万9000円、「ザ・ビートル 2.0 R-Line」(旧グレード名:Turbo)が345万9000円。

パワートレインの変更点はなく、今回の新型の変更点は内外装や安全性能、コネクティビティの向上がメインとなっています。

新型ザ・ビートルの外装

新型ザ・ビートルの内装

一番大きな変更としてはバンパーのデザインをよりシャープに変え、内装もクールで男性ウケのよいものとなりました。

また新型ザ・ビートルのボディカラーは新色のストーンウォッシュドブルーメタリック、ボトルグリーンメタリックに加え、限定車からとったサンドストームイエローメタリック(ザ・ビートル・デューン)とハバネロオレンジメタリック(ザ・ビートル クラブ)の全8色の展開です。

「Design」グレードでは、この8色のボディカラーと、ブラックとベージュのファブリックシートをオプションのレザーシート組み合わせることによって、最大32通りのカラーコンビネーションを楽しむことができます。

さらに安全面においては、新しくドライバー疲労検知システム「ファティーグ ディテクション システム」を全グレードに標準装備し、「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」と「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」をR-ラインに標準装備することによって、人間の安全をより確実に担保する現代の交通状況に即した車となっています。

新型ザ・ビートルの価格

ザ・ビートル 新価格(2018年1月1日より適応)
Base240万
Design278万
R-Line303万
2.0 R-Line354万
[単位]円(消費税込み)

1950年代テイストのザ・ビートルが東京オートサロン2018に出展決定

1950年代テイストを再現したザ・ビートルが、東京オートサロンに出展されます。

東京オートサロンのためにカスタムされたザ・ビートルは、当時の空冷ビートルの雰囲気たっぷりに、ボディサイドに木目調デカール、クラシックスタイルのシートカバーやホイールを採用。
大人のためのカスタムスタイルを提案しています。

東京オートサロンについてはこちら

もうすぐ発売?ビートル・デューン

フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」の現行モデルについて、いかがでしたでしょうか。

実はフォルクスワーゲンは、現行モデルに新しく「ザ・ビートル」をSUVに仕立てたモデルを発売する予定です。

海外では2016年中には導入されるようですが、日本での発売はまだ未定となっています。

モデルはハードトップとソフトトップの二種類が用意されており、外観はビートル独特のフォルム、SUVを意識させる大胆なフェンダーと足回りが特徴です。
コンパクトクロスオーバーが大流行中の今、「ビートル・デューン」も大きな話題を集めそうですね。

ビートル・デューンのスペック

【ボディサイズ】
全長:--mm
全幅:--mm
全高:--mm
ホイールベース:--mm

【エンジンスペック】
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
最高出力 :211ps (5,300-6,200rpm)
最大トルク:28.6kg・m(1,700-5,200rpm)
総排気量:1984cc

※他のグレードも追加される予定

【新車価格】
未定

ザ・ビートルの様な人気のコンパクトカーはこちら!

ビートルに関する緊急ニュース!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!