初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

シュコダ・スペルブの魅力│スペック・燃費・輸入価格は?

スペルブという車はチェコの自動車メーカー、シュコダ社が生産する高級車です。チェコ本国はもちろん西ヨーロッパでも人気で、最近は中国市場での販売もスタートしました。今回は、そんなスペルブという高級車の魅力についてまとめました。

シュコダ スペルブ概要

チェコの「シュコダ」という自動車メーカーの高級セダンです。初代モデルが発売されたのは、第二次世界大戦より前の1934年です。その後長い時間を経て、2001年に二代目スペルブが発表されました。

現在販売されているモデルは四代目で、2015年にスイスのジュネーブで行われたモーターショーで発表されました。

1934年に発売された初代スペルブ

シュコダ スペルブのスペック

全長×全幅×全高:4,861mm×1,864mm×1,468mm
ホイールベース:2,841mm
最高速度:206〜250km/h
エンジンはグレードに応じて5種類
■ガソリンエンジン 1.4TSI-4気筒ターボ
  最高出力:150ps(110kW)
■ガソリンエンジン 1.8TSI-4気筒ターボ
  最高出力:180ps(132kW)
■ガソリンエンジン 2.0TSI-4気筒ターボ
  最高出力:220ps(162kW),280ps(206kW)
ディーゼルエンジン 1.6TDI-3気筒
  最高出力:120ps(88kW)
■ディーゼルエンジン 2.0TDI-3気筒
  最高出力:150ps(110kW),190ps(140kW)
変速機はグレードに応じて6速MT/6速DSG/7速DSG
重量:1,425kg〜1,615kg
燃費:27.0〜14.1km/L(欧州総合燃費:3.7〜7.1L/100kmより換算)

シュコダ スペルブのエクステリアとインテリア(内装)

シュコダ スペルブのエクステリア

シュコダ社のフラッグシップモデルにふさわしい堂々としたエクステリアとなっています。シュコダのアイデンティティでもある縦基調のフロントグリルが、高級感をより演出しています。鋭いヘッドライトは、チェコ特産のボヘミアガラスをイメージしてデザインされました。

シュコダ スペルブのインテリア(内装)

高級感があり、かつシンプルでクリーンなインテリアです。品質の高さだけではなく、乗員への配慮を行き届かせた数々の便利機能が搭載されています。ドアに折りたたみ傘を収納出来る機能は、その中の1つです。雨で濡れた傘を車内に入れずに済みます。

【公式】シュコダ スペルブ│アンブレラホルスター動画

シュコダ スペルブは足でバックドアが開く機能を搭載!

乗員の使いやすさが考えられた便利な機能が備えられているのは、室内だけではありません。車体後部に足をかざすだけでバックドアが開くというユニークな機能が搭載されています。これなら、荷物で手がふさがっている時もドアを開けられて便利です。

【公式】シュコダ スペルブ│バーチャルペダル動画

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す